最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) 定期購読・最新号・バックナンバー

最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) 雑誌の詳細です。


最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー) の公式サイトへ
本・雑誌 最新医療経営PHASE3(フェイズ・スリー)
本・雑誌内容 1984年8月、“経営不在”と揶喩されていた医療界に一石を投ずるべく創刊された、わが国初の医療経営専門誌。激動の医療界における病医院経営の羅針盤として、常に一歩先を行く情報提供を行う姿勢には定評がある。 2002年8月号より誌面を全面リニューアル。医療関連サービス企業の動向など、現場の視点に立ったタイムリーな情報をキメの細かい視点で提供する日本で最初の“病医院経営情報誌”として、今、最も注目されている最新医療経営戦略マガジン。
本・雑誌内容詳細 -------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2018年5月号 Vol.405(2018年4月10日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
4月スタート!
「介護医療院」に未来はあるか?

介護報酬改定の詳細も明らかになり、いよいよ4月から介護医療院が創設し、開設が可能となった。
介護療養型医療施設や25対1医療療養病床からの転換が優先されるが、いずれは新設や一般病棟からの
転換もできるようになる。地域包括ケアシステム構築の「切り札」との期待もあるなか、本特集では
介護医療院とは何かを明らかにし、その可能性について探っていきたい。

概論●
 施設基準等は介護療養や
 転換老健に準じた扱いに

オピニオン●
「住まいと生活を医療が支える新施設」は
 運営側の意識次第
 江澤和彦 日本介護医療院協会会長

シンポジウム●
 個々のニーズに合わせた
 サービス提供、自立を支援
 日本介護医療院協会

現場の視点●
 介護療養、医療療養では
 転換に向けた課題に差
 医療法人永寿会陵北病院 東京都八王子市

◆まとめ◆
 介護医療院の円滑運営に
 不可欠な自治体・患者への説明と納得

-------------------------------------------------------------
その他の記事
-------------------------------------------------------------
【病院トップの経営者魂】
 院長としての役割は
 職員にやりがいを感じさせ
 モチベーションを上げること
 藤澤隆夫 独立行政法人国立病院機構三重病院院長


【病院新時代】
 小児医療センターと協働で
 地域の周産期医療を支える
 日本赤十字社 さいたま赤十字病院

【医療×企業×地域でつくる「わがまちの医療」】
 再構築で
 地域医療を支える
 長野県佐久市

【新しい地域と病院の関係】
 病院解体新書
 社会医療法人社団慈生会等潤病院
 東京都足立区

【経営トップと仲間たち】
 三角隆彦 社会福祉法人恩賜財団済生会支部神奈川県済生会横浜市東部病院院長

-------------------------------------------------------------
  2018年6月号 Vol.406(2018年5月10日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
6月から広告規制が厳格化
今こそウェブ戦略を見直せ!(仮題)

医療機関のウェブサイトが、6月から広告規制の対象となる。とはいえ、一定の条件をクリアすれば
規制の枠から外れるのだが、これを機に、SNSの活用など病院のウェブ戦略を見直してみては
どうだろうか。今や患者の受療行動はウェブに大きく左右されているのだから……。
プロダクトNo 1281681149
出版社 日本医療企画
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。