The SAX (ザサックス) 定期購読・最新号・バックナンバー

The SAX (ザサックス)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

The SAX (ザサックス)雑誌の詳細です。


The SAX (ザサックス)の公式サイトへ
本・雑誌 The SAX (ザサックス)
本・雑誌内容 国内外のジャズ&クラシックプレイヤーから若手プレイヤーへ多くインタビューを行い、一流プレイヤーのテクニックやサックスの魅力を紹介する。うまくなるための情報が満載。クラシックとジャズ、ポップスまで幅広く愛好者に喜ばれ、サックスライフを盛り上げる。
本・雑誌内容詳細 今号の表紙を飾ったのは、今なお多くのプレイヤーに影響を与え続けているビバップ&モダン・ジャズの創始者、チャーリー・パーカー。 特集では、鮮やかに駆け抜けた氏の短い生涯や、「パーカーに学ぶBE BOP奏法研究」と題して池田篤氏の解説による定番フレーズの分析、竹内郁人氏のアレンジによるパーカーの人気レパートリー4選のスコアを演奏解説付きで掲載しました。
前号に引き続き、特集内のスコアの実演と練習用マイナスワンを収録したCDを、定期購読会員の皆様にもれなくプレゼントいたします。今号より入会の方も対象となります。
インタビューには、今年結成30周年を迎えたトルヴェール・クヮルテットのほか、同じく結成25周年を迎えたDIMENSIONの勝田一樹氏、才色兼備の女流サックスプレイヤー纐纈歩美さん、才恵加さんなどが登場。その他、新製品情報、誌上レッスンなど、今回も盛りだくさんの内容でお届けします。


[Cover & Special Contents]
チャーリー・パーカーのすべて
・バードの生涯 / まずは聴いておきたいパーカー名盤5選(解説:原田和典)
・国内トッププレイヤーが語る「私が受けたパーカーの洗礼」
・トップ奏者が語るコルトレーン遍歴
・楽器の変遷
チャーリー・パーカーに学ぶ ビバップ奏法研究
・パーカー発!定番フレーズ / モチーフの発展 (解説:池田 篤)
・人気レパートリー4選(解説:竹内郁人)
Score
『コンファメーション』(for As)
『ドナ・リー』(for As)
『セグメント』(for As)
『ラバー・マン』(for As)

[Gear Report]
・Cannonball SAX 新ラインナップ&限定モデル公開>
・リーフレック × 小林香織|噂のアイテム徹底検証|第4回|
・Wood Stone ”New Vintage”E♭ Alto Saxophone
×小池 修×寺地美穂
・MAKER & DEALER TOPICS 新製品&注目の製品

[INTERVIEW]
・勝田一樹
・才恵加
・トルヴェール・クヮルテット
・ザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテット
・纐纈歩美
・Selim Slive Elementz

[誌上レッスン]
・名曲アドリブ塾|第11回|大森 明
Score『チュニジアの夜』
・松井宏幸の部活放浪記|第5回
・人気ナンバー完全攻略レッスン PART4|最終回|吉田隆広
Score『宝島』(for As)
・目指せセッション! 第3回|元晴
Score『カンタロープ・アイランド』(for As, Ts)
・SAXで吹く! 煌めきの洋楽ヒット|第6回|山口宗真
Score『ニューヨーク・ステイト・オブ・マインド』(for As)

[Topicis]
・かわさきジャズ2017
・矢野沙織 × Xperia

[Event Report]
・Z Express Big Band
・第23回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバル

[好評連載]
・タワーレコード&HMV レコメンドディスク3本勝負!|第8回
はじめてのパーカー 名盤BEST3
・Jazz Scene in Europe|第7回|岡部源蔵
・Diggin’ in New York|第38回|鄭優樹
・リレーエッセイ“日々徒然”|第75回|石井裕太

[etc...]
・THE SAX Club 読者プレゼント
・Various News
・ディスクレビュー〜注目のリリース
・SAX MUSIC SCHOOL GUIDE





プロダクトNo 1281681033
出版社 アルソ出版
発売日 1,3,5,7,9,11月の25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。