M&A 専門誌 MARR(マール) 定期購読・最新号・バックナンバー

M&A 専門誌 MARR(マール) の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

M&A 専門誌 MARR(マール) 雑誌の詳細です。


M&A 専門誌 MARR(マール) の公式サイトへ
本・雑誌 M&A 専門誌 MARR(マール)
本・雑誌内容 「マール」は、M&Aを実践する経営者へのインタビューやM&Aに関連した論文、解説記事などを掲載した記事編と、前月に行なわれたM&A全データや1985年以降の件数の推移などをグラフや表にした統計とデータ編から構成されています。企業でM&Aの実務に従事する方々や、大学や調査機関でM&Aを研究する方々にかかせない専門誌です。
本・雑誌内容詳細 ━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【マーケットを読む ~今月のM&A状況~】
 JT、2284億円を投じて東南アジア強化

【データを読む】
 「地域ファンドのM&A動向」新事業育成へ、ベンチャー投資活発化

【GLOBAL M&A】

━━━ 統計(表とグラフ)、公表アドバイザー情報 ━━━━━━━━━━━━━━
※Aコース・EXコース会員限定記事です。

■統計(表とグラフ)

・M&A件数とM&A金額の推移
・2003年以降のマーケット別M&A件数の推移など
・2003年以降の形態別M&A件数の推移など
・M&A金額の推移など
・2017年1-8月M&A金額トップ15など
・2012年以降の地域別M&A件数の推移(IN-OUT)など
・北米地域のクロスボーダーM&A件数の推移など
・M&A地域・国別件数
・業種(大分類)別M&A件数シェアの推移(当事者1)など
・2003年以降のグループ内M&A件数の推移(形態別)など
・M&A、グループ内M&Aと子会社株式取得の件数合計など
・日本企業に対する投資会社のM&A件数の推移など
・投資会社の売却件数の推移など
・日本で届け出をしたTOB件数と買付金額の推移(自己株式を除く)など
・MBO件数と金額の推移など
・M&A目的別分類の推移など
・2017年1-8月 全国6ブロック別のM&A分布状況など
・防衛策の分類
・事前警告型の分析など

M&Aデータ
グループ内M&Aデータ
関連データ
防衛策データ
ファンドデータ

■公表アドバイザー情報(MARR Online限定記事)

※以下の記事を「MARR Online」(https://www.marr.jp/)にてご覧になれます。(全コース対象)

━━━ 【特集】日本にドローン革命を起こす ━━━━━━━━━━━

【特集インタビュー】
 ドローン特化型ファンド設立を機に「後進国日本」に革命を起こす
 千葉 功太郎(Drone Fund / General Partner 兼 Chief Dronist)

【寄稿】
 日本におけるドローン・ビジネスの進展と将来課題
 波多江 崇(TMI総合法律事務所 弁護士)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【視点】
 情報技術とファイナンス:企業組織・経営者・資産価格
 高橋 大志(慶應義塾大学大学院経営管理研究科 教授)

【ポストM&A戦略】 第106回
 グローバル組織運営(序論・続)
 竹田 年朗(マーサー ジャパン グローバルM&Aコンサルティング パートナー)

【M&A戦略と法務】
 敵対的株主提案と議案の両立性判断-取締役選任議案を題材に
 小川 周哉(TMI総合法律事務所 弁護士)

【M&A戦略と会計・税務・財務】 第124回
 タックスヘイブン税制の改正と企業活動及びM&Aへの影響
 荒井 優美子(PwC税理士法人 タックス・ディレクター)

【業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」】 第151回
 スポーツ関連業界 ― 多様なプレーヤーの参入
 マール企業価値研究グループ

【M&Aストーリー】
 「新興市場M&Aの現実と成功戦略」
 第30回 『適材適所の人材登用の考え方』
 神山 友佑(デロイト トーマツ コンサルティング パートナー)

【M&Aの現場から】
 【あおぞら銀行】「ABNアドバイザーズ」の設立で、地域金融機関と連携したM&A関連サービスのワンストップ提供体制を強化
 伊東 武(あおぞら銀行 執行役員企業情報部長)
 川畠 慎也(ABNアドバイザーズ 代表取締役社長)

【地方のM&A~中小企業の事業承継・事業再生と地域金融機関の対応~】
 2017年8月の全国・地域別M&A状況

【編集部から】
プロダクトNo 1281681024
出版社 レコフデータ
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。