COOKIE SCENE (クッキーシーン) 定期購読・最新号・バックナンバー

COOKIE SCENE (クッキーシーン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

COOKIE SCENE (クッキーシーン)雑誌の詳細です。


COOKIE SCENE (クッキーシーン)の公式サイトへ
本・雑誌 COOKIE SCENE (クッキーシーン)
本・雑誌内容 1997年に創刊され、オルタナティヴなロックの潮流を常に先導。日本の雑誌としては初めてペイヴメント、フレーミング・リップス、タヒチ80、モグワイ、ホワイト・ストライプス、フランツ・フェルディナンド、アークティック・モンキーズらを表紙にフィーチャーしてきた先進性を最大限に発揮すべく、月刊誌に生まれ変わり邁進中!
本・雑誌内容詳細 音楽好奇心を呼び起こせ!

世界最速のオルタナティヴ・ロック・マガジン

2009年3月28日 ネクスト・フェイズが始まる!

side-A表紙:コーネリアス+高橋幸宏
side-AA表紙:ギレルモ・スコット・ヘレン(プレフューズ73、サヴァス&サヴァラス、ダイアモンド・ウォッチ・リスツ)


■特集:They Ain't Heavy, They're Our Coolest Brothers~コーネリアス+高橋幸宏 
リミックス・アルバムとライヴDVDを同時リリースするコーネリアスと、久しぶりのオリジナル・アルバムをリリースする高橋幸宏。ワールドワイドに活躍し、徹底した「こだわり」をもったクーレスト・ブラザーズそれぞれにロング・インタヴューを敢行!しかも表紙&特集扉写真は貴重なツー・ショットを撮り下ろし。飄々としながらも、その発言の裏にある熱いハートを感じてください! 

■特集:Fuck You Very Much!~時代はファック!
リリー・アレン、グラスヴェガス等々、最近本誌で紹介するアーティストがリリースする曲のタイトルに「Fuck」という言葉を使うケースが増えている。そしてこの度、ヨ・ラ・テンゴの別ユニットCONDO FUCKSがアルバムをリリース。時代はファック! な状況を本気で考える。 

■特集:Writings On The Wall Of Sound!
グラスヴェガスやピーター・ビヨーン・アンド・ジョンなどのアルバムで聴こえる50年代風エコー・サウンドは時代の必然なのか。ハイ・ファイ時代は過去のことなのか? とさえ思わせる2009年のウォール・オブ・サウンドとは?ピーター・ビヨーン・アンド・ジョンのロング・インタヴュー、そしてトクマルシューゴのインタヴューをフィーチャーしつつ、この傾向を探っていきます。

■特集:Record Store Day Japan
昔から音楽ファンに愛されてきたレコード店や、そこをベースにはぐくまれてきた文化の危機?そんな状況を受けて2007年から始まった「レコード・ストア・デイ」。昨年のアメリカでの盛り上がりを受けて、今年ついに日本にも上陸! 4月に開催されるイベントを前に、本誌でも緊急対談をおこないました。

<ロング・インタヴュー>
□ギレルモ・スコット・ヘレン(プレフューズ73、サヴァス&サヴァラス、ダイアモンド・ウォッチ・リスツ):またまたやってくれた! みっつのユニットで日本では「1ヶ月毎週リリース」を決行する彼に聞く。
□ザ・レイクス:フランツ・フェルディナンド、ブロック・パーティー、フューチャーヘッズのみならず、彼らのサード・アルバムも素晴らしい!
□サクソン・ショア:いわゆるポスト・ロック・ファン大注目、スケール・アップしたニュー・アルバムは聴きのがせません!
□江森丈晃(YOGA'N'ANTS, CITRUS):シトラスのベスト・アルバム、そして(彼の多彩な仕事のひとつの形である「編集者」として)注目すべき書籍を監修した彼の、実に刺激的なインタヴューをご覧ください!

<インタヴュー>
ザ・サーマルズ、1990S、ブラック・ダイス、ザ・ライオンハート・ブラザーズ、スーパードラッグ、オードリー、ユース・ムーヴィーズ etc.

<レギュラー・コラム>
ECD、カジヒデキ、レイキン(Kiiiiiii)、増井修×伊藤英嗣らによる人気コラムを掲載! 気鋭のフォトグラファー鈴木親による写真連載「およばれ」、今回はハン・ベニンクをフィーチャー!

その他、最新情報やレヴューなど、今月号も盛りだくさんの内容で迫ります!
プロダクトNo 1281681022
出版社 スペースシャワーネットワーク
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。