オプトロニクス (OPTRONICS) 定期購読・最新号・バックナンバー

オプトロニクス (OPTRONICS)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

オプトロニクス (OPTRONICS)雑誌の詳細です。


オプトロニクス (OPTRONICS)の公式サイトへ
本・雑誌 オプトロニクス (OPTRONICS)
本・雑誌内容 月刊オプトロニクスは、光技術の研究から事業までを体系的にとらえるテクノコーディネート・ジャーナルとして、わが国最高のスタッフが責任を持って編集にあたり、光技術に関するホットな情報を、的確に、敏速に、しかも平易に提供、多くの読者から絶大なる信頼を得ている。 光技術は様々な分野へ応用・活用されており、光に携わる企業・大学・研究者の方はもちろん、そうでない方にもおすすめできる雑誌。関連分野は、■光情報通信、■光学部品・結晶・光学ユニット・光学センサー・光学設計、■レーザー加工・放射線・プラズマ、■光情報メディア、■半導体製造・検査計測、■薄膜・コーティング、■バイオ解析、■光電子、■光実装技術、■計測技術(マクロ~マイクロ)、■フラットパネルディスプレイ・有機EL・プラズマ・液晶などその他にも多数ある。各分野毎に特集を企画し、読者に光の技術、光の応用技術およびマーケティング情報を提供していく。
本・雑誌内容詳細 特集 ImPACTにおけるパワーレーザー開発


ユビキタス・パワーレーザーによる産業と科学技術の振興
 国立研究開発法人 科学技術振興機構 佐野 雄二

オープンリサーチを目指したレーザープラズマ電子加速器開発拠点の構築
 大阪大学 兒玉 了祐

レーザー航跡場による安定な電子加速とその応用
 大阪大学1,国立研究開発法人 理化学研究所2,国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構3
 細貝 知直1, 2,神門 正城3

1 J,300 Hzを達成したコンパクトなテーブルトップレーザーの開発
 浜松ホトニクス(株) 川嶋 利幸,加藤 義則,栗田 隆史

100 MWに迫る手のひらサイズのマイクロチップレーザーの開発
 自然科学研究機構 分子科学研究所 平等 拓範

マイクロチップレーザーの製品化開発と応用展開
 国立研究開発法人 科学技術振興機構 中山 通雄,三浦 崇広,北村 一夫,佐野 雄二


OPIE’18開催記念特別企画
 出展各社の見どころ・併設イベント案内
 レーザーEXPO/レンズ設計・製造展/赤外・紫外応用技術展/
 産業用カメラ展/メディカル&イメージングEXPO/
 宇宙・天文光学EXPO/ポジショニングEXPO


Interview
レーザー加工がもたらす未来のものづくりシステムとは? ─AIを駆使した加工レシピの最適化へ
 東京大学 小林 洋平


Photo-Tech News & Report
 ・非球面オプティクスでフレキシブルかつ頑強なビーム成形


連載
 光エレクトロニクスのシミュレーション技術
  第1回 光の伝搬(1)
  波多腰 玄一


 学びなおしのアナログ電気電子回路
  第4回 ラプラス変換
  東京工業大学 松澤 昭

 ひかり探検 第14回 レーザーV
  (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋


シリーズ
 若手研究者の挑戦
 第28回 自己光混合法を用いたナノ物性測定装置
  東京都市大学 須藤 誠一
  元東海大学 大塚 建樹


リーダーズインタビュー
 市場の見極めが必要となるレーザー輸入業界にあって,構造変化に対応する若い世代の試行錯誤が重要
  (株)日本レーザー 代表取締役会長CEO 近藤 宣之 氏


光業界トピックス
 ・光技術で水中産業化の実現を目指す「アクアフォーラム」が開催
 ・第33回櫻井健二郎氏記念賞受賞者が決定
 ・JIAL会長に,オーシャンフォトニクス社長の船木眞悟氏が就任
 ・「光の日」公開シンポジウム2018が開催


トピックス:海外展示会レポート
 Photonics West 2018レポート
  オプティワ(株) 岩越 尚樹

 OPIC2018ご案内
 「時代と共に」
  OPIC2018組織委員会 委員長 加藤 義章


コラム
 ひかりがたり 第61話 立ち食い蕎麦にも森羅万象
  月谷 昌之介

 発明・特許のこぼれ話 第124回 電子式卓上計算機
  熟成考房舎 鴫原 正義

 論調 -海外技術誌を読み解く Vol.7 クローズアップされるTHz波技術
  井筒 雅之
プロダクトNo 1281680926
出版社 オプトロニクス社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。