オプトロニクス (OPTRONICS) 定期購読・最新号・バックナンバー

オプトロニクス (OPTRONICS)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

オプトロニクス (OPTRONICS)雑誌の詳細です。


オプトロニクス (OPTRONICS)の公式サイトへ
本・雑誌 オプトロニクス (OPTRONICS)
本・雑誌内容 月刊オプトロニクスは、光技術の研究から事業までを体系的にとらえるテクノコーディネート・ジャーナルとして、わが国最高のスタッフが責任を持って編集にあたり、光技術に関するホットな情報を、的確に、敏速に、しかも平易に提供、多くの読者から絶大なる信頼を得ている。 光技術は様々な分野へ応用・活用されており、光に携わる企業・大学・研究者の方はもちろん、そうでない方にもおすすめできる雑誌。関連分野は、■光情報通信、■光学部品・結晶・光学ユニット・光学センサー・光学設計、■レーザー加工・放射線・プラズマ、■光情報メディア、■半導体製造・検査計測、■薄膜・コーティング、■バイオ解析、■光電子、■光実装技術、■計測技術(マクロ~マイクロ)、■フラットパネルディスプレイ・有機EL・プラズマ・液晶などその他にも多数ある。各分野毎に特集を企画し、読者に光の技術、光の応用技術およびマーケティング情報を提供していく。
本・雑誌内容詳細 特集 ウェアラブルとVR/ARの光学系


視覚を自在に操る日常にむけて
 奈良先端科学技術大学院大学 清川 清

網膜投影型レーザアイウェアの実用化
 (株)QDレーザ 菅原 充

超小型光学エンジンとメガネ型ディスプレイへの適用
 福井大学 勝山 俊夫,山田 祥治,奥野 信男

光学遮蔽による自然なAR提示を目指して
 東京工業大学 伊藤 勇太

オプティカルラーニングによる無収差復元技術
 リアロップ(株) 奥村 明弘
 (有)フィット 長岡 暢


Interview
分光で食肉の素性を探れ!食肉・食品業界で期待される光分析技術
 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 本山 三知代


Photo-Tech News & Report
 ・レーザーによる鋼材の超平滑化加工技術を開発─積層造形品の仕上げに期待
 ・フォトニック結晶光ファイバーによる加工用kW級レーザー光の長距離伝送に成功
 ・表面増強ラマンイメージングによる非標識・無染色でがんの所在の自動可視化に成功


リーダーズインタビュー
光の応用産業を広げるための先取りニーズを掴むにはベンチャー起業精神が必要
 浜松ホトニクス(株) 代表取締役社長 晝馬 明 氏


FOCUS
精密電子回路をガラスコップなどの曲面にも形成可能,
かつ超高速/高性能な光造形も可能な1台2役3Dプリンターの実用化に向けて
 カンタツ(株) 大嶋 英司

連載・シリーズ
光エレクトロニクスのシミュレーション技術
 第3回 光の伝搬(3)
  波多腰 玄一

学びなおしのアナログ電気電子回路
 第6回 ラプラス変換を用いた電気回路の表記と時間応答 - その2 -
  東京工業大学 松澤 昭

ひかり探検
 第16回 光学迷彩 I
  (株)オプト・イーカレッジ 河合 滋

若手研究者の挑戦
 第30回 光コムを用いた精密計測と顕微イメージングへの応用
  徳島大学 南川 丈夫


光業界トピックス
 ・産業革新機構,東工大発ベンチャーの光コムに出資
 ・エドモンド・オプティクス,ドイツITOS社を買収
 ・ドレスト光子研究起点,平成30年度共同研究補助金を募集
 ・コヒレント・ジャパン,本社を移転


マーケットレビュー
 ・量子ドットディスプレイ市場,2018年は350万枚の見込み


トピックス:展示会レポート
 ・OPIE’18 盛況のうち閉幕


コラム
 論調 -海外技術誌を読み解く Vol.9 LED研究・開発の新潮流
  井筒 雅之

 発明・特許のこぼれ話 第126回 食品用ラップフィルム
  熟成考房舎 鴫原 正義

 ひかりがたり 第63話 レーザーポインター光線
  月谷 昌之介
プロダクトNo 1281680926
出版社 オプトロニクス社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。