叢(そう) 定期購読・最新号・バックナンバー

叢(そう)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

叢(そう)雑誌の詳細です。


叢(そう)の公式サイトへ
本・雑誌 叢(そう)
本・雑誌内容 東三河を中心とした三遠南信(愛知県東三河・静岡県遠州・長野県南信州地域)に関するの地域発の文化情報を収集し発行。毎号選ばれたキーワード(「松」「月」「草」など、)にまつわる郷土の話題を紹介。「月」の号では、「月下美人」「月の字の付く地名」「海月(くらげ)」「民話:月と兎」「重要文化財 建造物:望月家」などなど…。毎号3ヶ月分の東三河を中心とした三遠南信地方の、祭り・花便り・イベント・展覧会情報を満載した「春夏秋冬暦」は、情報が充実で好評。
本・雑誌内容詳細 キーワードの漢字「無」
無を詠む 今宵は無月ぬかみそに茄子埋めて寝る

●特集 無人好哉
無人販売:ご利用には小銭をお忘れなく
無人駅[飯田線]:途中下車して気づく都会の寂しさ
無人駅[蒲郡線]:野を越え山越え海辺を越えて観光地へ
無人駅[遠鉄]:今は芝本 今は八幡 今は高架を渡ること
無人駅[渥美線]:学生降ろした後の駅は田畑の間をガタゴト行くよ
無人駅[天浜線]:個性豊かな駅を巡り遠州を横断
無人島:船乗り同士の信頼と知恵で生き抜いた21年間(湖西市)

●キーワード「無」
無明長夜:異郷としての浜松を一人の女が迷い生きる(浜松市)
植物図鑑「根無草」:土から離れて生きる異端の植物たち
無形民俗文化財:地域社会の存続と祭りの伝承が同時に問われている
無を食べる「無花果」:人知れず咲き誇る秘密の花園
南無巡行:すべてを委ねて こんにちは、ありがとう
地名探訪「無之地」:そこに何も無くても地名は付けられる
地名探訪「無縁堂」:その小字には墓しかない
地名探訪「無地押」:安産祈願の仏様を訪ねて
無の10句:星野昌彦 第19句集「般若心経」より
爺と婆の話「虚無僧渕」:哀れ落人は渕に沈んだ(東栄町)

●連載
三遠南信産茨城育:神谷傳兵衛(西尾市)
形の旅:美を失うことで我々は祭りを失う(東栄町)
野草料理「枸杞」:枸杞の胡麻和え・枸杞の葉巻
美術の綾:中澤希水さん 筆と墨とをたずさえて 歩み続ける書の道の旅
漫遊路線バス36:西部コミュニティバス (阿智高校前~根羽)
編集長の周辺:飯田線の駅案内標に残るノスタルジー
春夏秋冬叢書暦 他
プロダクトNo 1281680904
出版社 春夏秋冬叢書(はるなつあきふゆそうしょ)
発売日 3,6,9,12月の10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。