ネット販売 定期購読・最新号・バックナンバー

ネット販売の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ネット販売雑誌の詳細です。


ネット販売の公式サイトへ
本・雑誌 ネット販売
本・雑誌内容 インターネットの登場が通販を変える。「可能性」は「現実」へと変わり、通販業界は今、大きな転換期を迎えています。既存通販事業者以外にも、ネットベンチャーやメーカー、非通販の小売業者の多くも通販に参入。通販市場は急速な変化と膨張を遂げています。月刊「ネット販売:はこの“新市場”の健全な発展を支えるため、他誌(紙)では収集しにくい情報を毎月1回、“先取り”あるいは“深堀り”してお届けします。
本・雑誌内容詳細 特集  話題沸騰の「人工知能」を使いこなせ!
 EC各社の“AI活用”最前線
 世間ではAI(人工知能)についての話題が絶えない。将棋やチェスで機械が人間に勝ったり、人形なのに人さながらの感情表現をしてみたり、スピーカーが人間の声に反応して作動したり…。では、この注目のAIがEC業界ではどのような役割を担うのか。コストなどの面から利用に二の足を踏んでいる企業がある一方、大規模の投資をせずに使い方やアイデアでうまく実運-サイトの集客やリテンションに活かす企業、商品の仮想利用につなげるケース、あるいは類似アイテムの紹介など、そのバリエーションは様々だ。注目各社の最新活用事例を見ていく。

・各社の“AI活用”最前線 事例① ナック
  好みに合わせたワインを紹介、前月比30%増で伸長も
・各社の“AI活用”最前線 事例② 資生堂
  メーク商品の仕上がり、アプリでバーチャル体験
・各社の“AI活用”最前線 事例③ 日本ランズエンド
  利用者の好み反映して「並び替え」、商品一覧や検索結果に即時に表示
・各社の“AI活用”最前線 事例④ 夢展望
  購買機会の最大化を目指す、技術開発2社と連携し研究
・各社の“AI活用”最前線 事例⑤ アイエント
  SNSで気になった商品と似たアイテムが探せるアプリ

集中連載  押さえておきたい「LINE」のEC活用法
      第2回  【ビジネスコネクト】

新潮流(ロングインタビュー)
  “番頭”として成長企業を切り盛り
  スタートトゥデイ 取締役副社長兼CFO 栁澤 孝旨 氏

Webトピックス(今月のNews&Trends)
・楽天市場で「優良店制度」を開始
  上位1%店舗の商品は検索画面にアイコン
・アリババ、日本の美容機器5社と提携
・「ネット広告監視」の運用を強化へ
・佐川急便が大型サイズを値上げ
・アマゾン、電子書籍の最安値保証を撤廃
・今月のEC業界の主な動き【業界レーダー】

月刊「モバイル通販」(最新ケータイNews&分析)
・LINE、デリバリーサービスを開始
  「出前館」と連携、1万4000店に対応
・ECを“超える”ケータイビジネス最前線 第151回
  いち通販マニアの立場から…レコメンドメールは
  諸刃の剣? その有効性、ちゃんと検証していますか?
・放送業界の現状と今後 第136回
  「Jリーグ中継難民」を救う一手が登場か
  いまだ続く「DAZN」の余波とは

連載・コラム
・動き出した大本命
  【コーエン】着こなし画像が購入を後押し
・今月のWeb人
  【dazzy】下井 大学 氏
  長く利用されるサイトを目指す
・オモシロサイト拝見
  【umamiのくにから】
  女性が運営する「うま味」情報サイト
・ECコンサルが語る最新トレンド(第53回)
  アメリカのアマゾンドットコムを活用してみる
・真相/深層Search(第151回)
  仮想通貨を揺るがすビットコインの「お家騒動」
・海外ネットニュース(第162回)
  購買率上げる4つのパーソナライゼーション
・仕掛け人に聞く
  【オープンロジ】伊藤 秀嗣 氏
  面倒な物流業務を手軽に外注
・「ポンパレモール」勝利の方程式に迫る!(第2回)
  独自の「広告」と「メルマガ」に注目
・ECエバンジェリスト川添隆の“日々のアレコレ”(第1回)
  ECのチームや人材について思索を巡らす
・SEO入門(第51回)
  文章が多いと検索順位に良い影響を与える理由
・顧客をつかむサイト運営のノウハウ(第93回)
  テディベアの製作・販売を行う「KUMA工房」
・業界人のためのブックレビュー(第104回)
  「真説・企業論」「ゼロからの奇跡」
・今月の調査/編集後記/次号予告
プロダクトNo 1281680855
出版社 宏文出版
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。