ネット販売 定期購読・最新号・バックナンバー

ネット販売の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ネット販売雑誌の詳細です。


ネット販売の公式サイトへ
本・雑誌 ネット販売
本・雑誌内容 インターネットの登場が通販を変える。「可能性」は「現実」へと変わり、通販業界は今、大きな転換期を迎えています。既存通販事業者以外にも、ネットベンチャーやメーカー、非通販の小売業者の多くも通販に参入。通販市場は急速な変化と膨張を遂げています。月刊「ネット販売:はこの“新市場”の健全な発展を支えるため、他誌(紙)では収集しにくい情報を毎月1回、“先取り”あるいは“深堀り”してお届けします。
本・雑誌内容詳細 特集  話題の売り方、どうやればいい? 効果はあるの?
 中国のEC ではもはや定着した機能の1つで、日本でも徐々にネット販売事業者の間で
広がり始めている生配信動画で商品を説明・販売するいわゆる「ライブコマース」。仮想
モールがライブコマース機能を実装し始めたこともあり、その話題の「売り方」に挑む事
業者も増え始めているようだ。しかしながら、言ってみれば生放送のテレビショッピング
に近い、同手法を活用するのは一般的な事業者にとってはハードルが高そう。また、実際
の効果なども見えにくいといった側面がありそうだ。ヤフーやBASE、Canbee、メルカリと
いったライブコマース機能を提供するプラットフォーマーごとに実情について見ていく。

・ライブコマースのすゝめ 事例① ヤフー
  開始10日間で100の動画配信、顧客との接点作りに効果
・ライブコマースのすゝめ 事例② BASE
  「商品の良さ」伝えるツールとしてユーザーの購入意欲喚起
・ライブコマースのすゝめ 事例③ Candee
  「双方向」と「企画力」武器に視聴者の共感生み出す工夫
・ライブコマースのすゝめ 事例④ メルカリ
  「気に入った“人”から買う」、新しい購買に流通額拡大の余地あり

・集中連載
  押さえておきたい「LINE」のEC活用法
  第5回(最終回) 【LINEショッピング】

・集中連載2 
  「楽天市場」を100%活用する6つの方法
   case #1 ECコンサルタント編  

・新潮流(ロングインタビュー)
  両チャネル購入者が伸びている
  ベイクルーズ 上席取締役 村田 昭彦 氏

Webトピックス(今月のNews&Trends)
・三井不動産、ファッションECモール開設  
  リアル店舗との共生型で差別化図る
・消費者庁、機能性表示食品16社一斉処分
・ディノス・セシールがECデータ活用し紙DM発送
・今月のEC業界の主な動き【業界レーダー】

・月刊「モバイル通販」(最新ケータイNews&分析) 
  アマゾン、日本でもAIスピーカーを発売
  購入履歴から音声で商品購入可能に
・ECを“超える”ケータイビジネス最前線 第154回
  スマートウォッチがヘルスケア産業と結びつくとき、
  通販に巨大なチャンスが訪れる(後編)
・放送業界の現状と今後 第139回
  大ヒット番組生んだ「AbemaTV」
  されど現状は既存テレビの影響下にある

連載・コラム
・ECコンサルが語る最新トレンド(第56回)
  改めてレビューの大事さについて考える
・真相/深層Search(第154回)
  ポストiPhone時代を占う、iPhone Xの行方
・海外ネットニュース(第165回)
  コンバージョン率の改善では「行動喚起」を最優先
・今月のWeb人
  【ガッシュクラウドジャパン】上野 和孝 氏
  インフルエンサーマーケで日本と世界をつなぐ
・オモシロサイト拝見
  【農業女子PJ×フリル ファーマーズマーケット】
  「農業女子」特集でCtoCを活性化
・「ポンパレモール」勝利の方程式に迫る!(最終回)
  「季節商材」や「越境EC」が生み出す商機を上手に掴み取る
・SEO入門(第54回)
  PCとスマホの閲覧割合と検索エンジン対策について
・顧客をつかむサイト運営のノウハウ(第96回)
  オリジナルデザイン商品の「Panic Junkie」
・業界人のためのブックレビュー(第107回)
  「奇跡の澤井珈琲」
  「営業生産性を高める! 「データ分析」の技術」
・編集後記/次号予告
プロダクトNo 1281680855
出版社 宏文出版
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。