ネット販売 定期購読・最新号・バックナンバー

ネット販売の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ネット販売雑誌の詳細です。


ネット販売の公式サイトへ
本・雑誌 ネット販売
本・雑誌内容 インターネットの登場が通販を変える。「可能性」は「現実」へと変わり、通販業界は今、大きな転換期を迎えています。既存通販事業者以外にも、ネットベンチャーやメーカー、非通販の小売業者の多くも通販に参入。通販市場は急速な変化と膨張を遂げています。月刊「ネット販売:はこの“新市場”の健全な発展を支えるため、他誌(紙)では収集しにくい情報を毎月1回、“先取り”あるいは“深堀り”してお届けします。
本・雑誌内容詳細 特集  人工知能はネット販売に貢献するのか?
    EC運営の“AI活用”最前線
 AI(人工知能)を巡る話題が尽きない。我々の生活や労働環境を大きく変える可能性を持つだけに、企業の関心も高まっているようだ。そんなAIだが、果たしてネット販売の世界において役に立つ存在となるのだろうか。調べてみるとEC業界でも様々なトライアルや実運用が進んでいる。例えばフルフィルメント業務の作業現場での効率化であったり、通販サイトの商品訴求に新たな切り口を提供したり、あるいは顧客対応の場でも日夜、試行錯誤が続いている。一部では具体的な成果も出始めているという。まだまだ黎明期とも言えるAI活用。ネット販売での最新動向を探った。

・EC運営の“AI活用”最前線 事例① 音声認識
  “声”による採寸で作業時間を短縮へ
・EC運営の“AI活用”最前線 事例② レコメンデーション
  デザインが似ている商品をお奨め
・EC運営の“AI活用”最前線 事例③ チャットボット
  新規入会と既存会員で自動応答を使い分け

・集中連載 
  「楽天市場」を100%活用する6つの方法
   CASE#4 楽天大学編
・集中連載②
徹底解説!! Qoo10必勝メソッド
  第2回  新規ファッションブランドの開拓強化、領域拡大へ

・新潮流(ロングインタビュー)
  商品ストーリーを発信する「人」と「場所」作る
  バルーン代表取締役CEO 志水祐介 氏

Webトピックス(今月のNews&Trends)
・楽天が出店者向けに配送網構築へ
  宅配会社より安い運賃で商品配送
・スタートトゥデイ、初のPBが始動
・ストライプインター、ECモールを開始
・楽天、ウォルマートと提携
・オイシックスドット大地、らでぃっしゅを買収
・適格団体が集団訴訟視野か
・適格団体がメディアハーツ提訴
・今月のEC業界の主な動き【業界レーダー】

月刊「モバイル通販」(最新ケータイNews&分析)
・ネットTV局で通販番組がスタート
  うどんマニアやキャンプ好き芸人らが“一押し”紹介
・ECを“超える”ケータイビジネス最前線 第157回
  私が経験したAmazonアカウントの
  ハッキングと商品詐取未遂(前編)
・放送業界の現状と今後 第142回
  テレビ視聴率に新指標導入
  この事実が示す「放送サービスの未来」とは

連載・コラム
・ECコンサルが語る最新トレンド(第59回)
  ECにおけるAIの可能性を考える
・真相/深層Search(第157回)
  停滞するiPhoneと中華スマホの攻勢
・海外ネットニュース(第168回)
  SEOのためにソーシャルメディアマーケティングを最優先
・仕掛け人に聞く
 【ACD】堤 哲寿 氏
 「安心・安全」の中国越境EC始動
・ECエバンジェリスト川添隆の“日々のアレコレ”(第4回)
  モノ売りの戦いじゃなくて、ファンを作らなければ
・SEO入門(第57回)
  Googleも言及!ページの表示スピードと順位の関係性
・顧客をつかむサイト運営のノウハウ(第99回)
  オリジナル陶器を製造・販売する「on the table」
・業界人のためのブックレビュー(第110回)
  「ランディングページ」「闇(ダーク)ウェブ」
・今月のWeb人
 【日本生活協同組合連合会】本田 英一 氏
  スピード配達脅威も、生協は生き残る
・オモシロサイト拝見
  【WAYO】人間国宝による伝統工芸品を販売
・今月の調査/編集後記/次号予告
プロダクトNo 1281680855
出版社 宏文出版
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。