エルネオス (ELNEOS) 定期購読・最新号・バックナンバー

エルネオス (ELNEOS)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

エルネオス (ELNEOS)雑誌の詳細です。


エルネオス (ELNEOS)の公式サイトへ
本・雑誌 エルネオス (ELNEOS)
本・雑誌内容 自己責任の重要性が一層求められる時代です。あなたは自分の判断力に自信がありますか?あなたの的確な判断力、決断力をさらに強固なものにするのは、あなたが手に入れる情報の質と量です。あなたは、あなたの評価を高める大事な情報収集に自信がありますか?エルネオスは、より早く高度で的確な情報を発掘し、整理・分析して提供します。新聞の行間やテレビ報道の裏側にも照射します。エルネオスはあなたのアンテナ役・水先案内役を務めたいと考えています。ビジネス社会の一級情報に触れ、一緒に考えることであなたの情報感度はより鋭く研ぎ澄まされていくはずです。
本・雑誌内容詳細 [感度を磨くビジネス情報]
■巻頭リポート
アベノミクスへの「対案」も示せない
民進党「新執行部」は“新味なし”

■特別寄稿――東郷和彦(京都産業大学教授・世界問題研究所長)
安倍政権の内政対応で懸念する
取り返しのつかない外交遅延

■企業コンプライアンス
63億円支払った地面師事件
積水ハウスはなぜ騙されたのか

■神宮外苑再開発利権
神宮外苑の摩天楼化が推進され
知事も風致地区骨抜き派か

■新金融サービス
業務停止命令の業者も出た
ソーシャルレンディングの裏面

■ビジネス解説「eスポーツ」第1回 筧 誠一郎(一般社団法人 日本eスポーツ協会 事務局長)
FIFAとNBAも乗り出した
eスポーツは無視できない存在

■「巨艦」の苦悩
本社主導と「選択と集中」の加速で三菱重工「宮永改革」の正念場

■自動車業界主導権争い
世界各国で進む「EVドミノ」 ドイツ、中国に見るしたたかさ

■薬剤師サポート
ドラッグストア協会が構想する「第2薬剤師会」設立の思惑

■金融庁監督指針改正
金利リスク規制の高度化は各金融機関に合わせた対話型で

■経済最優先の実像
日本経済に潜む〝危うさ〟 見えない近未来の国際競争力

■《シリーズ》中国の実相(5)――初田宗久(香港在住・中国企業アシスタント)
VPN完全封鎖で在中日本人が大パニック!
習近平政権が進めるインターネット言論封鎖

■〈シリーズ〉メディア激動時代(102)──神余心
激化する「マスメディア」vs.「マイメディア」
根が深い「偽ニュース」蔓延の土壌

■〈シリーズ・世界は今〉(29)スウェーデン──宮崎正弘(国際エコノミスト)
高度福祉国家でノーベル賞の国でもあるが
スウェーデンが「自殺者世界一」の理由とは?

[連載企画]
■佐藤優の情報照射「一片一条」第131回
地球規模への拡散懸念がある
米国における人種主義の台頭

■キーパースン──ダイハツ工業/奥平総一郎新社長
トヨタグループで良品廉価の軽自動車を武器に世界市場拡大を担うキーマン

■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(77)
東芝の上場廃止を決断できない理由は、東証「上場廃止基準」の“忖度余地”

■早川和宏のベンチャー発掘(217)──新潟市中央区/コード・フォー新潟[前編]
地元を楽しく住みやすい街にするソーシャル・イノベーションの取り組み

■元木昌彦のメディアを考える旅(236)──山尾志桜里氏(衆議院議員)
自分の土俵で発信できる民進党へ
純化路線は卒業して幅広い協調を

[世界を俯瞰する情報群]
■国際トピックス
◇中国/権力掌握した習近平氏が狙う毛沢東をも超える「絶対支配」
◇中国企業/世界三位、躍進ファーウェイが日本の携帯電話技術者を募集
◇欧州企業/排ガス不正事件で苦しむVWが今度はカルテル疑惑で窮地に

■来日ビジネスマンの主張(215)──レノク・ディレル氏(カナダ・経済アナリスト)
年末から動くメキシコ大統領選のNAFTA交渉への悪影響を懸念

[連載コラム]
■巻頭言「枝廣淳子の賢者に備えあり」
望ましいエネルギーの未来創りを考える時

■時代をつかむニュースコラム
「情報スクランブル」
・政界を吹き荒れる根拠なき早期解散説
・石破外しがじわじわ効果、菅官房長官に「黒幕説」
・事故多発のオスプレイ容認、対米追従ここに極まれり
・北方領土で風力発電計画、三井物産の本当の目的
・働き方改革で格差縮小へ、企業は経営改革の中心に
・審議委員はリフレ派一色、日銀の資産膨張どこまで
・ETF買い増す日銀に出始めた「苦情」
・危機感の薄い地銀に一喝、金融庁長官の懸念が顕在
・ベストセラーになっても憂鬱な村上氏の胸の内
・ノンバンクに与信を頼る銀行カードローンを問題視
・海外基準キャッシュレス、ペイウェーブは根付くか
・底入れ感の製鉄大手だが先行きは米中の動向次第
・先端デジタル機器分野は落日の日本、独走の韓国
・大手旅行代理店が後手、インバウンドへの対応
・またぞろ始まった小池知事の人材使い捨て
・詐取で逮捕されたイチローの先輩経営者
・フェイスブックに若者離れ、日本の特異性浮き彫りに
・ブルーライトが主原因、若者を襲うスマホ健康障害
・日本郵船の独禁法違反に豪当局が初の刑事罰適用
・ティラーソン国務長官も? トランプ政権は離脱続出
・ロシアと北朝鮮のハッカー集団の実態
・ベトナム実業家の拉致疑惑、当事国・ドイツが制裁検討
・フジモリ元大統領の長女と次男が主導権争い
・ベネズエラがデフォルト? 最大債権国・中国の危機

■ニュース鑑定人(239)──樹 静馬
兵器買わされるだけの日米同盟/ほか

■ほまれもなくそしりもなく(63)──田部康喜(63)
「伽藍型組織」の悪弊

■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(91)
ワイドショーの話題から目を転ずれば、
日本に厳しい現実世界がある

■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(158)
「言葉を大切にする」とは
どういうことなのだろうか

[連載コラム]
■アメリカ流・日本流(197)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)
白鵬に対する品格の強要は公平と言えるか

■ドイツから遠眼鏡(86)──川口マーン惠美(作家)
世界の今を考えた33年ぶりのプラハ

■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(158)
全自動洗濯物たたみ機/AI総理大臣が登場?

[information]
■イオン株式会社
fururi寄付金贈呈式

[好評連載]
■取材記者vs.広報マン(190)──大手町九郎
広報大賞はオムロン

■やまとうた(87)──山内丈(冷泉家門人)
【月見時】月みては 果ての桂の男とて 恋には袖を 濡らすならむや

■もっともっと映画を!(184)──古閑万希子
「サーミの血」「笑う故郷」

■私の読書スタイル(239)──佐田展隆氏(株式会社佐田 代表取締役社長)
事業を継承する理念と経営の極意を探る
プロダクトNo 1281680836
出版社 エルネオス出版社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。