イー・コンテクチャー 定期購読・最新号・バックナンバー

イー・コンテクチャーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

イー・コンテクチャー雑誌の詳細です。


イー・コンテクチャーの公式サイトへ
本・雑誌 イー・コンテクチャー
本・雑誌内容 資源の有効活用や環境に配慮した施工が求められる中、これからの建設業は建て替えが主流になります。弊誌では、屋上緑化や自然再生工法、工作物への環境装置の設置、環境プラント施工、分別解体、建設廃棄物対策、グリーン購入、など環境をキーワードに建設産業を取り巻く様々な情報・取り組みを追いかけていきます
本・雑誌内容詳細 特集1 急増する空き家対策解体含むトータルコーディネート
―2023年以降に世帯数も減少へ 防犯・防災・資産保護等の観点―

●利活用? 滅失? 対策の第一歩は相談から/(一社)全国空き家相談士協会 ●産官学が連携し、空き家をトータルコーディネート/宇都宮空き家会議、㈱ピースノート ●空き家相談件数が全体の6割まで増加/(一社)あんしん解体業者認定協会 ●空き家対策の検討会の委員に工業会が選定/(一社)奈良県解体工事業協会 会長 竹島常裕氏 ●空き家対策に助成・補助の拡充を/(株)三和興業 専務取締役 大山勝寿氏

特集2 ガラスくず陶磁器くずの処理危機とその対応
―中・東日本を中心に処理原価高騰? リサイクル方策の新展開は?―

●茶畑用地への土地改良で、ガラ陶の安定型処分/(株)静岡西部建設、㈱セブ産業 ●ガラ陶等の様々な再生原料から資材開発/(株)ソーセキ ●焼成炉備えた石膏ボードリサイクル施設を開設へ/ 公清企業 ●新リサイクル技術の開発で北海道理化学研究所(仮称)設立へ/リサイクルファクトリー㈱ ●ビル解体からの廃ガラス集荷にも注力/マグ・イゾベール(株) ●瓦チップ受注や用途増で利用拡大/(一社)瓦チップ研究会 ●三州瓦の規格外を年6万tリサイクル/愛知県陶器瓦工業組合 ●再資源化技術を向上させ、最終処分量を減少/トーエイ㈱ ●解体需要の高まりで求められる利活用ルート/編集部

特集3 アスベスト除去の新方策(上)
―適正な分析・施工・処理とコストアップへの課題に挑む―

●(緊急寄稿)除去の許可・資格から完了前検査まで制度的枠組みの創設を/ユーロフィン日本総研(株) 前代表取締役社長大石一成氏 ●昨年9月から除去案件が急増、人員体制も強化/(株)ThreePeace ●外壁アスベストは自社工法に合った案件を積極選定/渡邊清掃(株) ●針状結晶を変化させ、無害化処理を実現/(株)JPカンファレンス ●溶融炉を生かし、復旧工事に尽力/(株)前田産業 ●下地処理技術を生かし、アスベスト除去事業に/(株)マルホウ

33 E-Conインタビュー

災害廃の撤去が間もなく完了
今後は企業戦略の舵取りがキーワード

((一社)熊本県解体工事業協会 理事長 小原英二氏)
プロダクトNo 1281680753
出版社 日報ビジネス
発売日 毎奇月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。