Garden Center(ガーデンセンター) 定期購読・最新号・バックナンバー

Garden Center(ガーデンセンター)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Garden Center(ガーデンセンター)雑誌の詳細です。


Garden Center(ガーデンセンター)の公式サイトへ
本・雑誌 Garden Center(ガーデンセンター)
本・雑誌内容 花と緑への注目が高まっています。都市化とハイテク化の進む社会で、一般生活者は身近に花や緑を置くことによって心の安らぎや癒しを求めています。
本・雑誌内容詳細 ■特集
009  まだまだ伸ばせる 野菜苗&果樹苗!
010  家庭菜園&果樹向けの資材トレンド  ガーデンスタイル研究所 矢野信行
013  ジョイフル本田が取り組む 野菜苗の販売手法
  〔供給側から見た 野菜苗販売〕
016 〝食べてみたい、を育てよう〟は、 売り場全体に通じるコンセプト
   サントリーフラワーズ「本気野菜」
018  ビギナー向けの品種を開発 適期出荷の徹底で栽培失敗を防ぐ  カネコ種苗
020  ピーク時期を外した商品を投入! 今後の課題は輸送トラブルの防止  タキイ種苗
021  『楽々すずなりシリーズ』を本格販売  エムソン企画
022  PB商品のミドルプライスで大手種苗会社とは異なる路線を歩む  ベルグアース
  〔野菜タネの変化〕
024  「料理レシピ」から「栽培」に誘導  〝サカタキッチン〟
025  NEW絵袋「ベイファームシリーズ」  横浜植木
  〔果樹苗販売を考える〕
026  〝収穫〟をテーマに果樹苗と野菜苗のリレー販売は可能か?
   ~果樹苗卸のアンドーさんと考えてみた~
027   9㎝ポットの「私の果樹苗」シリーズ  プランツパートナーズ
028  時代のニーズに合った商品づくりに挑戦する生産者  茨城農園
030  ジョイフル本田に聞く 果樹苗販売の成功事例
031  トレンドを押さえたおすすめ資材

■ピックアップ
040  専門店に聞く 母の日売り場アンケート

■アラカルト
036  プロ生産者の〝絶対支持〟を花と一緒に店頭訴求しよう! 50 周年を迎えた「マグァンプK」
038  玄関先を自慢したくなる「手間要らず」なバラ True Bloom―ROSES―《 トゥルーブルーム》
048  オリジナル器材を開発! 傾斜コンテナ〝ジョイ〟の普及に力を入れる間室伸子さん
050  新春商談会レポート
060  科学でオフィスを緑化する『COMORE BIZ』

■トピックス
074  PWの日本公式ウェブサイトが 2月にオープン!
077  国産の固定種を残す「SAVE THE SEED プロジェクト」新たに2品種を追加
079 「第10回若手会」規格外の花で〝リアル変態カップ〟開催
081  アスカ商会 東京ショールームを品川に拡大移転

■連載
047  5 つ星園芸店を訪ねて the Farm UNIVERSAL<大阪府茨木市>
058  市場の機械セリを考える 小売りの立場から~園芸屋たなか&田中園芸 田中正之さん
062  ヒーリング時代の緑の使い方 岩崎 寛
064  植物の効用を生かそう 
  「緑は正義だ!」植物の持つさまざまな効用について 佐分利応貴
065  緑匠・又右衛門の見た世界の植物ビジネス ~マダガスカル編~
066  すぐにできちゃうペイントDIY〔ミルクペイントを使った簡単アイデア〕
068  日常的な花贈り・花飾りのきっかけ作り〔最終回〕 小川典子
084  TA-RA-YOU 匠の言葉・園芸人の教え 丹羽理恵
097  東京オリンピック 花と緑のおもてなし
   フラワーメリーゴーランドでおもてなし 葛飾区環境部環境課緑化推進係 池上文朗
098  日本の植物を世界に売る! 豊明花き 佐々木北斗
100  ガーデネクス便り

■シリーズ
002  ルポルタージュ店舗 
  ロイヤルホームセンター 西宮中央店(兵庫県西宮市)
005  元気印 あとりえ亜樹㈲代表取締役 古屋悟司さん
034  生産地を行く 松原園芸(群馬県伊勢崎市)
072  メーカーを訪ねて ㈱グリーンズグリーン

■インフォメション
86 ニュース / 90 イベント情報 
94 家計調査、植物輸入量の推移、主要花き市場の卸売数量・価格 / 95 今月の市況
プロダクトNo 1281680590
出版社 グリーン情報
発売日 毎奇月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。