Garden Center(ガーデンセンター) 定期購読・最新号・バックナンバー

Garden Center(ガーデンセンター)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Garden Center(ガーデンセンター)雑誌の詳細です。


Garden Center(ガーデンセンター)の公式サイトへ
本・雑誌 Garden Center(ガーデンセンター)
本・雑誌内容 花と緑への注目が高まっています。都市化とハイテク化の進む社会で、一般生活者は身近に花や緑を置くことによって心の安らぎや癒しを求めています。
本・雑誌内容詳細 ■特集
9 ニッポンの園芸刃物
〔刃物産地・三条〕
10 江戸から続く鍛造技術で鍛える剪定鋏 使い手を想うモノづくりで本質をつなぐ
外山刃物
14 鍬にこだわり87年―。地域で異なる土質や作業方法をリサーチして職人が丁寧に手作りでオーダーメイド
相田合同工場
〔刃物産地・播州〕
18 刈込鋏は切れ味と持った時のバランスが肝 使い手との対話から最良の形を模索する 
吉岡刃物製作所
20 1/100㎜の刃加工で切れ味の世界を変える〝替え刃ノコギリ”の草分け「レザーソー」
販売元:玉鳥産業/製造元:レザーソー工業
22 移植コテや芝生鋏のパイオニア。生産農家の意見を真摯に受け止めて商品開発に生かす
  サボテン
24 「知られていなければ、作っていないのと同じ」播州のこだわり金物を全国へ発信!
みきかじや村


■ピックアップ
27 有名フラワーショップに聞く秋冬の展開
・日比谷花壇「Hibiya-Kadan Style」の
「ホームユース需要の掘り起こしをテーマに秋冬販売計画を聞く」
・青山フラワーマーケット
 「デイリーに楽しめる花を大切にテーマフラワーを決めて魅力を深掘り
マイナーな物日にも目を向けて差別化を図る」

40 フラワートライアルジャパン2017 全会場レポート


■アラカルト
36 リング上で生産・流通・小売がガチバトル!決戦の地・岐阜で「第28回全国園芸鉢物研究岐阜大会」開催
38 不定期シリーズ「市場の機械セリを考える」 
  Vol.1 岐阜花き流通センター組合長 加藤孝義さん
『セリで半額は生産者を、そして業界全体を殺す!』
52 異業種×グリーンによる合同展示会「MONTAGE」に潜入!
54 フラワーサミット2017『新しいパイを作る!』 オープニングセッションではゲストに小泉進次郎氏
56 日本ハンギングバスケット協会マスター会開催   都市空間、屋内空間の花飾りに新たな可能性
58 全国新品種育成者の会30周年記念式典盛大に
  金澤会長「国策とも一致した新品種の世界輸出」
60 「マイナビ農業」総合農業サイトで農業をもっと身近にする

■連載
62 私の考えるガーデンセラピー
   第4回 吹田明日香さん「庭はもう一つのリビングルーム」
64 ヒーリング時代の緑の使い方 岩崎 寛
65 植物の効用を生かそう 
「緑は正義だ!」植物の持つさまざまな効用について(4) 佐分利応貴
67 緑匠・又右衛門の見た世界の植物ビジネス〔オーストラリア サイカス(ソテツ)編〕
68 ガーデンセンターの集客実例〔マルシェ開催&出店編〕 
70 すぐにできちゃうペイントDIY〔ミルクペイントを使った簡単アイデア〕
72 LOVEGREEN~植物で暮らしを豊かに。 石塚秀彦
74  WEB連動企画 ネットで商談会×GardenCenter
81 TA-RA-YOU匠の言葉・園芸人の教え 丹羽理恵
97 東京オリンピック 花と緑のおもてなし(23)
  暑さ対策に向けた緑化技術の公開テストを日比谷公園にて実施しました!
公益財団法人都市緑化機構 今井一隆
98 オランダ便り〔最終回〕 対馬淳一
100 ガーデネクス便り

■シリーズ
2 ルポルタージュ店舗 エクステリア・ガーデニングショップ フローラ       (三重県松阪市)
5 元気印 (株)LIFULL LIFULL FLOWER事業責任者 須貝文音さん
34 生産地を行く たけいち農園(長野県御代田町)
76 『5つ星』園芸店を訪ねて(14) ガーデナーズ・ジャパン<和歌山県海南市>
78 メーカーを訪ねて  (株)エムシー緑化

■インフォメーション
82 ニュース/ 86 イベント情報/91 2017年間総目次 / 94 家計調査、植物輸入量の推移、主要花き市場の卸売数量・価格 / 95 今月の市況
プロダクトNo 1281680590
出版社 グリーン情報
発売日 毎奇月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。