週刊包装タイムス 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊包装タイムスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊包装タイムス雑誌の詳細です。


週刊包装タイムスの公式サイトへ
本・雑誌 週刊包装タイムス
本・雑誌内容 「包装タイムス」は1966年の創刊以来、一貫して包装をトータルで捉え、各種資材・機器はもちろん、需要家動向から包装に関わる各分野のタイムリーな報道、話題の分野・商品の特集、さらには地方動向や各種データの紹介など多彩な情報で業界の羅針盤の役割を果たし、今後も鮮度の高いニュースを毎週伝えていきます。
本・雑誌内容詳細 <トップニュース>
◇パレット伝票電子化を開始
複写式伝票を電子データへ
- JPR -

◇IML「ユポ」販促強化
PET化・異型容器で市場拡大
- ユポ・コーポレーション -

◇自社通販サイトをリニューアル
6次化などの資材調達をケア
- 日硝実業 -

◇FAロボのマーケットを調査
製造業向けロボ市場、25年に3兆円超
- 富士経済 -

◇クローズアップ 凍らせて揉んで飲む
ブランド史上初のスパウトパウチ採用
- コカ・コーラシステム -

◇日報ビジネスからのお知らせ
“思わず食べたくなる”シズル写真の作り方/伝わる写真の撮り方の基礎と最新の食品写真トレンドを学ぶ

<容器・シート関連>
◇発熱材を利用し食材を加熱
容器やパウチなどを組み合わせ実現
- バロクックジャパン -

◇インターフェックス大阪出展
エアリークテスター反響拡大
- フクダ -

◇シンガポールに統括会社設置
機能性樹脂の規模拡大
- 三菱ケミカル -

<外装関連>
◇吊り下げ搬送機で空間活用
安全性と省力化にも貢献
- 中洲電機 -

◇最新ロボットの体験会開催
持ち運び可能ロボで作業効率化
- デンソーウェーブ -

◇談話室 深刻な人手不足は継続
総合物流施策大綱の推進に協力
- 日本物流団体連合会 会長 田村修二氏 -

<軟包装関連>
◇ルポin上海 安定品質、技術で成長続ける
毎月100t日本に製品出荷の実績
- 福融輝実業(江蘇)有限公司 -

<週報>
◇業界誌の裏側を紹介
食品包装、編集デスクが登壇
- JPI関西支部 -

◇平成30年度知財功労賞を受賞
特許活用優良企業として
- ダイセル -

◇ネットショップでキャンペーン
会員登録で利用ポイント進呈
- ベルグリーンワイズ -

◇合弁会社を設立
4月13日には竣工式
- 日本製紙 -

◇収縮フィルム価格改定
5月1日出荷分より
- グンゼ -

<IGAS2018>
◇印刷業界の“特需”を期待
メディアカンファレンスを開催
小森コーポレーション/ホリゾンインターナショナル/リョービMHIグラフィックテクノロジー/FFGS/HP/SCREENグラフィックソリューションズ/リコー/コニカミノルタジャパン/キヤノン/ミヤコシ

<印字・マーキング特集>
◇需要堅調、活発なソリューション提案
イーデーエム/日立産機システム/紀州技研工業/アルマーク/エムエスティ/コーンズテクノロジー/キーエンス/菊池製作所/オプテックス・エフエー/モリコー/マーケム・イマージュ/新盛インダストリーズ/山崎産業

<シール・ラベル特集>
三條機械製作所/ミヤコシ/タカラ/ソルテック工業/旭加工紙/ウシオ電機/丸紀印刷/リンテック/王子タック/ユポ・コーポレーション/シバタセスコ/エイブリィ・デニソン・ジャパン・マテリアルズ/セイホウ/オム印刷/ショット/黒龍酒造/精英堂印刷

<総合ニュース>
◇産学連携でアイデア創出
防災用紙袋など展示会で反響
- マツシロ -

◇独製フィルム切断用刃物
両刃など500種超の形状
- マックスリー・エンタプライズ -

◇世界の食品包装市場予測
H&Iグローバルリサーチが販売/23年まで年平均6.92%で成長

◇冷凍兼用ボトルで茶を発売
ボトル変形せず、携帯性に優れる
- 伊藤園 -

◇創業50周年に想う 薄物シート成形の可能性追求
洗練された感性を磨き商品提案
- 柏木モールド 代表取締役社長 柏木大資氏 -

◇包装産業・経営の論点
サービスイノベーション(中)
- 北海道情報大学准教授 福沢康弘氏 -
プロダクトNo 1281680585
出版社 日報ビジネス
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。