週刊包装タイムス 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊包装タイムスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊包装タイムス雑誌の詳細です。


週刊包装タイムスの公式サイトへ
本・雑誌 週刊包装タイムス
本・雑誌内容 「包装タイムス」は1966年の創刊以来、一貫して包装をトータルで捉え、各種資材・機器はもちろん、需要家動向から包装に関わる各分野のタイムリーな報道、話題の分野・商品の特集、さらには地方動向や各種データの紹介など多彩な情報で業界の羅針盤の役割を果たし、今後も鮮度の高いニュースを毎週伝えていきます。
本・雑誌内容詳細 <トップニュース>
◇1枚約5円のICタグ
商品トレサビ管理用に提供開始
- 凸版印刷 -

◇日本初の段ボール給紙ロボ
一般発売を視野に試運転開始
- FUJIDAN -

◇ユニットベース式包装ライン
簡単組み立て、作業時間短縮
- 大森機械工業 -

◇「伊達茶」を販売開始
新ブランド、包装もこだわる
- 矢部園茶舗 -

◇世代を超えるウルトラマン 前編
ファン層拡大で展開に工夫
- 円谷プロ -

◇日報ビジネスからのお知らせ
“実機”としてのインクジェットデジタルプレス
業界最大級の課題に対応する話題の“実機”と販売各社の展望

<容器・シート関連>
◇NEXT東京会場を開催
新製品も含めて400種披露
- リスパック -

◇早生木材容器に脚光
海外への環境配慮訴求に貢献
- シンギ -

◇ふぐの名産品化関心集める
パッケージフェア盛況を博す
- かねひろ -

<外装関連>
◇組立式プラパレ、販売増加
多種多様な規格へ組立可能
- 日本ストレッチシステム -

◇ワンタッチ販促什器で受賞
日食優秀食品 機械・資材・素材賞
- レンゴー -

◇関西最大級の物流施設
年間1000億円の出荷能力実現
- アスクル -

◇独自のAGV引き合い増加
搬入搬出の利便性が向上
- マキテック -

<軟包装関連>
◇「八尾工場」が本格稼働
銅・クロームメッキ対応迅速に
- コイケ -

◇内需ともに前年割れ
CPP「食品」5カ月ぶりに減
- POフィルム7月実績 -

◇3年連続の採用
DJSI APの構成銘柄
- DIC -

<包装機関連>
◇低スタック容器も安定供給
コスト削減や省力化をPR
- アンドウケミカル -

◇発泡スチ向けのIJP
固形インク採用、利便性UP
- イーデーエム -

◇袋詰め装置が事業の柱に
ケーブル、医療品など幅広く
- APSジャパン -

◇産業用コードリーダー企業を買収
製造現場のIoT化提案を加速
- オムロン -

<ラベル・紙器・段ボール印刷加工>
◇ラベル分野で協業合意
アジア地域の市場開拓目指す
- SCREEN GA/コニカミノルタ -

◇大阪でもイベント開催
「9月印刷の月」盛大に
- 日印産連 -

◇偽造防止用印刷ソフト
国内市場での拡大目指す
- エスコグラフィックス -

<週報>
◇新工場内覧会を開催
生産能力強化で売上増目指す
- キンレイ -

◇ハロウィン限定デザイン発売
お猪口一体型容器で手軽に
- 月桂冠 -

◇「地域おこしめっせ」
9月27~30日、大阪で展示会開催
- 日印産連 -

<北陸地区包装産業特集>
◇独自の技術とサービスで新市場開拓を加速
世界が注視する北陸発の技術
ジャパンパック/ヘビアフィル・ジャパン/澁谷工業/金沢市役所/イトウ紙工/中山商事/ケービーエフ/酒井化学工業/賀谷セロファン/パナケイア製薬/ハナガタ/水口化成/栄/アスパック

<総合ニュース>
◇本日、世界同時発表
新規開発品4アイテムを
- リンテック -

◇潜在的ニーズに積極提案
溶断袋の4角をR状にカット
- キョウエイ -

◇窒素ガス精製ユニット
圧縮空気から手軽に精製
- CKD -

◇段ボール開梱用ハサミ好評
個人の通販需要高まり受け発表
- コクヨ -

◇黒鉛シートの拡販図る
包装市場へ積極的に展開
- 東洋炭素 -

◇いよいよ来週3日から開催-トピックス-
初の就活支援コーナーも
- JAPAN PACK2017-

◇包装産業・経営の論点
「RIS」論の登場(上)
北海道情報大学准教授 福沢康弘
プロダクトNo 1281680585
出版社 日報ビジネス
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。