救急集中治療 定期購読・最新号・バックナンバー

救急集中治療の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

救急集中治療雑誌の詳細です。


救急集中治療の公式サイトへ
本・雑誌 救急集中治療
本・雑誌内容 日常の臨床に必要な知識・情報を徹底解説! 最先端のテクノロジーをわかりやすく解説!グローバルな視点を重視した編集!
本・雑誌内容詳細 ●Introduction
 ショックの歴史的概観

ベーシック編
●Q&A
 I.知っておきたいショックの病態生理と臓器障害
  1.血管内皮と微小循環障害
  2.組織低酸素・組織酸素代謝障害
  3.血管透過性と内皮グリコカリックス
 II.ショックの定義,病態と分類

アドバンス編―重症患者のショック管理をワンランクアップさせるために―
 I.各種ショックの病態生理と臓器障害
  1.循環血液量減少性ショック
   a)出血性(外傷性)ショックの診断と治療
   b)非出血性循環血液量減少性ショック
  2.心原性ショック
  3.心外閉塞性ショック
  4.血液分布異常性ショック
   a)敗血症性ショック
   b)アナフィラキシーショック
   c)神経原性ショック
 II.ショック・臓器障害治療の実際
  1.ショックに伴うARDSと呼吸管理
  2.ショックに伴うAKIと血液浄化療法
  3.ショックに伴うDICと治療戦略
  4.ショックにおける薬物治療
   a)心原性ショックの薬物療法
   b)敗血症性ショックの薬物療法
  5.ショックにおける栄養管理

トピックス編―その常識は正しいか?―
  1.ショックとβレセプター ―β₃受容体と敗血症についての考察―
  2.ショックと水素ガス吸入療法
プロダクトNo 1281680575
出版社 総合医学社
発売日 毎奇月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。