月刊ぎふと 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ぎふとの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ぎふと雑誌の詳細です。


月刊ぎふとの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ぎふと
本・雑誌内容 「月刊ぎふと」は、プレミアム、インセンティブ、ビジネスギフトの法人ギフト、そして中元・歳暮のシーズナルギフトとブライダルギフトなど冠婚葬祭ギフトをターゲットする、「法人ギフト」と「フォーマルギフト」の専門誌。日本唯一の商品情報を満載していることは国内外から注目されている。また、関連業界に密着して取材、とくにその報道内容は業界の流れを大きくリードしている。
本・雑誌内容詳細 第85回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018 日本最大から世界最大へ!

「ギフト・ショー」からはじまる海外進出 “To Global Market via Gift Show”

“ビューティ”を徹底追求!「ギフト・ショー」で繰り広げられる“美の祭典”

第23回グルメ&ダイニングスタイルショー春2018 人が集う、心がハッピーになるPREMIUM DINING STYLEとは

第57回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー春2018特別企画
第27回日本プロモーション企画コンテスト



カンパニー

PIショーに出展して ~出展企業が語る専門展示会の魅力、ウラばなし~
初回出展は緊張で眠れなかった。売り上げアップだけでなく出展社同士の絆も魅力 松川産業株式会社

循環型リサイクルシステムによって生まれた再生紙「エコデュオ」 シモジマ 

売れる仕組みの「先」を提案!?情報収集と弛まぬ技術革新 ㈱プラタ

シリーズ ギフト・ショーとともに Vol.6
30年前独り、20年前3人、現在52人。来場者との出会いから学びもチャンスもいただいた。
㈱ヘッズ 代表取締役社長 暮松邦一氏

「特殊印刷加工」でHappyを実現!仕事が更に好きになる企業を全員で創造する ㈱アマサキ



ソーシャルギフト・SP

販促ギフトの企画販売で走り続ける40年 働き方環境の全面的改革で効率アップ サンエース株式会社

お年賀ギフトの実態を2000名に調査

歳暮を贈る「相手」と「価格」の調査

主要ギフト問屋の総合カタログ2018年版
日本、職人、優秀、良質、美味、健康、社会貢献。ギフト専業社の良心とプライドを込めた特集企画

年頭所感 
2018年を迎えて、業界人の年頭所感
一般社団法人 日本ホビー協会 会長 瀨戸 信昭氏
一般社団法人 日本玩具協会 会長 富山 幹太郎氏
一般財団法人 対日貿易投資交流促進協会(ミプロ) 理事長 樋口 勉氏
日本百貨店協会 会長 赤松 憲氏
岐阜県関刃物産業連合会 会長 鈴木 良春氏



海外展示会

Hong Kong Gifts&Premium Fair 香港ギフト&プレミアム・フェア
4月27日から4日間、世界中のサプライヤーとバイヤーが香港に集結

最新の台湾デザインが集結!! G I F TI O N ERY TAI PEI 2018
2018年4月19日(木)~2 2日(日)開催!お見逃しなく!


商品特集

アウトドア関連商品に注目! ~スポーツ、レジャー&プレイング、タウンユースでも使えるアイテム!!~

ショップ・商業施設

「丹波屋栃木銘店」で、栃木の更なる魅力、再発見!

こだわりのShopをセレクト T × meme meal



イベント

「クラフトNEXT」をテーマに、「第57回日本クラフト展」が開催される

マークスが「MARK’S EXHIBITION in JANUARY 2018」を開催

「2017年度 東京ビジネスデザインアワード」発表会開催へ


連載

シェリーの中国レポート Vol.39

アメリカ小売業最新事情 第13回 「米国における品揃えのキーワード〈LATTES〉」(PartⅡ)
Excell-K 国際流通コンサルタント ㈱ドムス・インターナショナル代表 松村 清氏

集中連載 ロボットが創出するギフト新世紀
コミュニケーションロボットが持つ、コミュニケーション以外の実用性や可能性も提案していきたい
株式会社スマートロボティクス

ギフトECサイトの処方箋 第58回「デジタル疲れの私たちが次に使うSNS」
㈱エンファクトリー 執行役員 副社長 清水 正樹氏
プロダクトNo 1281680457
出版社 ビジネスガイド社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。