鶏卵肉情報 定期購読・最新号・バックナンバー

鶏卵肉情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

鶏卵肉情報雑誌の詳細です。


鶏卵肉情報の公式サイトへ
本・雑誌 鶏卵肉情報
本・雑誌内容 隔週刊「鶏卵肉情報」は、変化の厳しい鶏卵、鶏肉産業の生産から流通までの幅広い情報を隔週で速報性をもたせるとともに、常に業界の進む方向をいろいろな角度から深く分析しています。 インテグレーター、指導機関、養鶏場、流通業者、加工分野まで、今や業界になくてはならない情報誌として最大の購読者数を誇っています。
本・雑誌内容詳細 セミナー
2018鶏卵を取り巻く情勢について~局面が変わる鶏卵市場~
JA全農たまご(株)東日本営業本部 第1営業部部長 佐藤大二朗氏

業界の動き
◎国際養鶏養豚総合展IPPS2018閉幕 208社出展、延べ2万8000人が来場

ニュース
●たまニコチャリリレーが雨中のゴール/全国6エリアで毎日たまご2個をPR
●ブロイラー6億8510万羽、1.1%増/平成29年「食鳥流通統計」調査結果を公表
●EUがブラジル20工場からの輸入禁止へ/不十分なサルモネラ汚染対策、不正発覚で
●日本卵業協会が平成30年度定時総会/一丸となって消費拡大の取り組みを
●全国たまご商業協同組合が第33回総会開く/理事長に倉持氏、副理事長に大石氏を選任
●全卵会が平成29年度総会―役員・監事再任/鶏卵情勢報告、小売・中食の最新事例など
●たいめいけんでオムレツの日を祝う会/和気あいあいと認知度の向上を目指す
●アジアの食料消費と農政動向を紹介/農林水産政策研究所がセミナー開く
●飼料化、堆肥化システムなどを紹介/2018NEW環境展、15万人超が来場
●福島県産農産物の流通実態調査説明会/震災前の価格水準に戻らず、販路も縮小
●第698回食品安全委員会 サリノマイシンのADI設定
●肉用鶏など8農場公表 農場HACCP認証農場
●日鶏協の経営安定対策事業 4月の補填価格19.800円
●仏ランド県の輸入停止解除
●スウェーデンを輸入停止に
●ヤマエ久野飼料畜産部、飼料畜産福岡支店を移転
●ゼノアック新社長に福井氏 高野前社長は取締役相談役
●さびに強く高圧洗浄が可能な断熱材「トリトンレボ―P(壁用)」が発売 アキレス(株)
●伊藤忠飼料、スマート養鶏サービス提供へ PSソリューションズ、CKDと共同開発
●重労働の積み上げ作業を無人化ケースパレタイザー「SMART Cube PL」発売 (株)ナベル
●中島君忠氏旭日雙光章受章祝賀会 養鶏・養豚関係者約300名参加

連載
最近話題のニワトリの病気140
竹原一明

ワクモコントロールの一方策⑥
ウノポートリーアシスト 宇野夏雄

仕事の法律相談室40
社会保険労務士 門馬照久

海外鶏情報ア・ラ・カルト73
(株)エコアニマルヘルスジャパン 岡野圭介

農林統計
初生雛輸入検疫羽根数(4月分)
配合・混合飼料の生産・出荷・在庫状況(3月分)
相場 鶏卵規格別相場
食鳥相場

マーケット情報
鶏卵相場予想[東京・大阪]/食鳥相場予想
  論壇
イベント情報(6/12~7/19)
広告索引・編集後記
プロダクトNo 1281680389
出版社 鶏卵肉情報センター
発売日 毎月10,25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。