月刊HACCP 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊HACCPの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊HACCP雑誌の詳細です。


月刊HACCPの公式サイトへ
本・雑誌 月刊HACCP
本・雑誌内容 月刊HACCPは「食の安全性と健全性」をテーマに、原材料の生産現場から食品製造、流通、消費まで(farm to table)の一貫した食品衛生対策を柱とし、新時代に対応するための情報誌です
本・雑誌内容詳細 GRAVURE 和食のグローバル化に伴う食品安全対策の取り組みについて ㈱ラスカム
GRAVURE 農研機構・食品研究部門が恒例「自主衛生管理のための細菌検査入門」開催~細菌検査の基礎を座学と実習で習得、衛生管理やHACCP制度化に関する講演会も併催~ 農林水産省農林水産技術会議事務局 農研機構・食品研究部門
巻頭言
「JFS-C」「FSSC 22000」「HACCP」の比較と、食品安全マネジメントシステム構築のポイント 日本検査キューエイ㈱ 審査本部審査第1部 理事審査員 川村 淳
FSSC 22000 ver.4.1改訂のポイントと対応について (一財)日本品質保証機構(JQA) マネジメントシステム部門 特別参与 森廣義和
第16回GFSI世界食品安全会議2017ヒューストン(参加記その2)テーマ:成長するためのリーダーシップをとる 2017年2月27日~3月2日 シーバイエス㈱ HACCPフードセーフティ研究所 フェロー 片桐史人
FSMA 307条「認定第三者認証プログラム」の認定機関申請受付開始
GFSI日本食品安全会議(GFSIフォーカスデー・ジャパン)開催
社員教育の徹底、検査結果に基づく検証活動、全社体制のシステム運用 FSSC認証取得から1年、カット野菜で日本初のJFS認証取得も実現 ㈱南日本フーズ(鹿児島県)
セミナー 食肉処理工場の品質管理におけるATPふき取り検査の活用~ATP検査と微生物検査から基準値設定、海外工場の監査でも効果を発揮~日本ハム㈱食肉事業本部 管理統括部 環境品質保証室 課長 加藤道信氏
トピックス 「大量調理施設衛生管理マニュアル」を改正~ノロ対策として調理従事者の健康状態の確認など盛り込む~
連載 利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
企画特集 HACCP制度化に向けた現場対応:FSJ・F-SYSなど4展示会同時開催! HACCPの導入支援ツールが大集結!
消費者の声
連載 微生物学演習
連載 サニテーションプラクティスⅡ
特別解説 アニサキスによる健康危害:食中毒(アニサキス症)とアレルギー 東京海洋大学名誉教授 塩見一雄
Food Distribution海外視察レポート~カナダ・アメリカの食品物流における食品安全マネジメント実態調査②~ (一社)ロジスティクスHACCP研究所 Global Institute of Logistics HACCP(GILHa) 代表理事 岸 健司
ノロウイルス食中毒の予防対策の状況を調査 厚生労働省医薬・生活衛生局食品安全監視課 編集部
分析法の国際標準化と設立20周年に向け規定見直しなど進める AOAC INTERNATIONAL JAPAN SECTION 年次大会開く
ニュース
私の視点
食中毒発生情報
リコール情報
食中毒統計
書籍案内
バックナンバー
編集後記
プロダクトNo 1281680387
出版社 鶏卵肉情報センター
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。