大前研一通信 定期購読・最新号・バックナンバー

大前研一通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

大前研一通信雑誌の詳細です。


大前研一通信の公式サイトへ
本・雑誌 大前研一通信
本・雑誌内容 「大前研一通信」は様々な社会問題に対し、グローバルに活躍する経営コンサルタントの大前研一の発言や論文を、まるごと読むことができる唯一の月刊情報誌です。 マスコミ上に発信された大前研一の発言や、雑誌媒体へ連載している記事等が読め、新聞やテレビでは分からない多面的・国際的視野があなたの前に広がるでしょう。これからの激変する時代の指針として、21世紀のサバイバルツールとして、「大前研一通信」を是非、お役立てください。法人でのグループ購読もあります。
本・雑誌内容詳細


【内容紹介】
 
 今回は、2018年の日本の政治を展望するために昨年10月の総選挙を総括した上
で、9月にある自民党総裁選での「「ポスト安倍」の動向を考察した記事を巻頭に、続
けて、総選挙など国政の争点が、待機児童解消や教育の無償化などの草の根レベ
ルでは、日本が抱える深刻な構造問題は、何も解決せず、生産性でG7やOECDで
最下位に甘んじ、IOTでは、独・米に、AIでは、米・中に大きく遅れをとる日本は、未
知のサイバー大陸に踏み込んでいく開拓者こそが21世紀の覇者だという認識をもつ
べきだと喝破している記事を前半に、中盤には、企業の競争力のために必要なこと
とは何かに言及した記事や、年収850万円超の所得増税などの税制改正大綱を決
定した与党に対し、所得や消費を課税対象とするフロー課税でなく、本当の金持ちが
持つ不動産や金融資産を対象にするストック課税にし、消費に対し課税する税でな
く、発生する付加価値に課税する「付加価値税」と「資産課税」の2つで年間20兆円位
の借金返済も可能と喝破した記事など、今後の日本の論点として考えるべき日本の
諸問題に関する関連記事を中心に構成した「日本の論点2018~19」Part.3と題する
特集号です。「思い出の論文」には、エスタブリッシュメントを壊し、新しいものをつくる
のが私のやるべき仕事だ、とリーダーシップと構想力に大前研一が言及している記事
を、続けてグローバルに活躍するためにリーダーとして身につけておくべきこととし
て、哲学や教養、異文化コミュニケーションの重要性を解説した記事もご紹介します。
後半には、国際情勢を分析する調査会社が発表した「2018年の世界の10大リスク」1
位の「中国」では、民主化運動は完全に下火になり、独裁の基盤を確立した習近平体
制の今後を洞察している記事を、核ミサイルによる攻撃能力だけでなく、昨年、世界
で被害をもたらしたランサムウエア(身代金要求型ウイルス)を使ったサイバー攻撃な
どにも関与したことを米政府が断定し、ソフト面での攻撃力も備えてきている2位の
「北朝鮮」や、反米・新北の態度を示す文在寅大統領がいる限り、良好な関係になる
のは難しいと解説した「韓国」関連の記事に加え、エルサレムをイスラエルの首都に
認定した米国の決定撤回を求める国連総会の緊急特別会合での決議案に賛成を示
した日本の決断は正しかったものの、年頭から安倍首相が訪問したバルト3国と、東
欧3カ国の各国首脳に北朝鮮への圧力強化での連携を求めたことに関し、「eガバメ
ント(電子政府)」で世界で最も進んだ国民データベースを構築しているエストニアに
対しての関係強化をもっと図るべきだったっと苦言を呈した記事などを【国際】として、
また【TOPICS】として、BBT大学経営学部の履修証明プログラムが文科省の「職業
実践力育成プログラム」(BP)に認定されたニュースと、アオバジャパン・バイリンガル
プリスクール三鷹キャンパス新設のプレスリリースもご紹介します。





======【大前研一通信 2月号(VOL.281)インデックス 紹介】========



【特集】 「日本の論点 2018~19」Part.3



・2018年総裁選、「ポスト安倍」に最も近い男は誰か   (プレジデント 2018/1/29号)



【大前関連発言】・草の根民主主義             (VERDAD 2018/1月号)



・人工知能AIの発達で役人も国会議員もいらなくなる     (SAPIO 2018/1/2月号)



・社員50人分の間接業務は「たった一人」でサポートできる (週刊ポスト2017/11/3号) 



・40歳を過ぎたら“仕事ダイエット”と“脳の筋トレ”に励め (週刊ポスト2017/12/1号) 



・日本は「資産課税」が正しい道               (夕刊フジ 2017/12/23号)



・日本企業の競争力のために必要なこととは何か(グローバル・マネー・ジャーナル 521 2017/12/13)



【思い出の論文】・新しい時代は「構想力」で乗り切れ!

(SAFETY JAPAN 2005第10回 9/30掲載 日経BP社)



・グローバルに活躍するために何を学んでおくべきか

~グローバルリーダーとして身につけておくべきこと

<実践ビジネス英語講座(PEGL)上級コース Global Leadership第4回より
 BBT大学学長 大前研一>



【国際】・米税制改正の影響は極めて大。2.5兆ドルが米国に戻る可能性

                      (ニュースの視点 705 2017/12/22より)



・北朝鮮情勢/サイバー攻撃/米韓関係

 /イスラエル情勢 ~エルサレム問題で米国に反対の立場を貫いたのは正解

                     (ニュースの視点 706 2017/12/29より)



・首相のバルト・東欧訪問は外務省の「浅知恵」       (夕刊フジ 2018/1/20号)



・「今年の10大リスク」1位は中国             (夕刊フジ 2018/1/13号)



・独裁の基盤確立、習近平体制の末路           (プレジデント 2018/1/15号)



【TOPICS】BBT大学の履修証明プログラムが 文科省「職業実践力育成プログラム」(BP)に認定

アオバジャパン・バイリンガルプリスクール 三鷹キャンパス新設のお知らせ


                              (BBT NEWS RELEASE)  

・BBT関連情報 他 



=======================================
プロダクトNo 1281680382
出版社 ビジネス・ブレークスルー
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。