大前研一通信 定期購読・最新号・バックナンバー

大前研一通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

大前研一通信雑誌の詳細です。


大前研一通信の公式サイトへ
本・雑誌 大前研一通信
本・雑誌内容 「大前研一通信」は様々な社会問題に対し、グローバルに活躍する経営コンサルタントの大前研一の発言や論文を、まるごと読むことができる唯一の月刊情報誌です。 マスコミ上に発信された大前研一の発言や、雑誌媒体へ連載している記事等が読め、新聞やテレビでは分からない多面的・国際的視野があなたの前に広がるでしょう。これからの激変する時代の指針として、21世紀のサバイバルツールとして、「大前研一通信」を是非、お役立てください。法人でのグループ購読もあります。
本・雑誌内容詳細 今回は、前号に続き「激動の世界と日本」part.2特集と題し、北朝鮮の核開発を巡る韓国、
中国、米国の危機対応に関して大前研一が考察した記事に加え、中ロが圧力強化に与せず、
米韓が軍事オプションに踏み切れない中で日本が打てるシナリオを示唆・忠告している関
連記事を巻頭に、続けてスペイン第2の都市バルセロナを中心とする北東部のカタルーニ
ャ自治州での分離独立運動、ドイツ連邦議会の選挙結果や、イラクでのクルド人独立国家
樹立に向けた動きに関する記事に、メルケル独首相を育て今年6月に死去したコール元独首
相の功績に触れた記事を前半に、中盤には、背後に巨額の分担金問題がある米国のユネス
コ脱退や、「国家の成立条件」を全て満たしていると大前研一が言い続けてきた台湾は
「中華民国」という名の独立国家であるという「正論」を台湾の行政院長が語って中国が
反応した関連記事に加え、ミャンマーのイスラム系の先住・少数民族ロヒンギャ難民に関
する問題での同国の実質的トップであるアウン・サン・スー・チー氏の対応や、今回の安
倍首相の解散総選挙と民進党、小池都知事の動きに関して喝破している記事をご紹介します。

 後半には、いかにして企業や個人の「稼ぐ力」を高めるかに言及した大前研一ジャーナル
や、「人づくり革命」に関する記事に、仏、英、独など欧州勢をはじめ、世界的にEV
(電気自動車)化の動きが加速している中、日本勢が取るべき対応と戦略を語った記事と
【TOPICS】としては、BBTが日本ラグビーフットボール協会とオフィシャルパートナー協定
を締結したプレスリリースもご紹介します。


=====【大前研一通信 11月号(VOL.278)インデックス 紹介】=======

【特集】 「激動する世界と日本 Part.2」


・朝鮮半島情勢/米トランプ大統領/北朝鮮核開発問題
 ~国連の場では隠していた中国の本音とは? (ニュースの視点 693 2017/9/29)

【大前関連発言】・北朝鮮の末路          (VERDAD 2017/10月号)

・民族紛争を招きかねない各国独立運動 抑圧の動き
 (グローバル・マネー・ジャーナル 511 2017/10/4)

・コール元独首相死去、メルケルを育てた偉大なリーダー(プレジデント 2017/10/16号)

・米国のユネスコ脱退 背景に巨額分担金        (夕刊フジ 2017/10/21号)

・ 台湾は「中華民国」という名の独立国家       (夕刊フジ 2017/10/8号)

・ [ロヒンギャ迫害問題]スー・チー氏は退くべきだ (夕刊フジ 2017/9/30号)

・小池劇場第三幕、安倍自民が恐れる「悪夢」の再来 (プレジデント 2017/10/30号)

・いかにして企業の「稼ぐ力」を高めるか?
(大前研一ビジネスジャーナル No.14より/masterpeace) 

・“上から”の「働き方改革」は経営に対する冒瀆である   (週刊ポスト2017/10/6号)

・『人づくり革命』 大学は「稼ぐ力」を養うところに    (夕刊フジ 2017/9/23号) 

・「中国自動車市場/三菱自動車/欧州自動車市場/ソーラーカー
 ~急速なEV化は日本の自動車産業の裾野を破壊する」 (ニュースの視点 692 2017/9/23)

・エンジンにこだわるな トヨタもEVシフトを      (週刊東洋経済 2017/10/21号)

・カーシェア、EV、自動運転…日本車メーカーに“未来”はあるか(週刊ポスト2017/9/22号)

【TOPICS】・BBT、日本ラグビーフットボール協会とオフィシャルパートナー協定を締結
                             (BBT NEWS RELEASE)  

・BBT関連情報 他 

=================================
プロダクトNo 1281680382
出版社 ビジネス・ブレークスルー
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。