Angling Fan(アングリングファン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Angling Fan(アングリングファン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Angling Fan(アングリングファン)雑誌の詳細です。


Angling Fan(アングリングファン)の公式サイトへ
本・雑誌 Angling Fan(アングリングファン)
本・雑誌内容 エリアフィッシングの基本から最先端のテクニック、最新アイテム、季節やフィールドごとの攻略法など“旬”の情報をいち早く紹介。最新ルアー・タックルの徹底ガイドやエキスパートによる全国の釣り場での実釣取材によるテクニックの解説に定評があります。初心者から上級者まで、読んだその日から上達が実感できる“読めば差が付く”エリアフィッシングマガジンです。
本・雑誌内容詳細 ■巻頭特集
GO! West
西エリアの注目テクを見逃すな!

キャッチ)
西日本のエリアは、東日本のエリアと異なる
別次元の「夢」と「希望」に満ちている!

概要)
 養魚場の違いなのか? それとも水質の違いなのか? もしくは気候の違いなのか? 明確な要因は定かではないが、東日本系の管理釣り場と、西日本系の管理釣り場で「個性が異なる」と感じているアングラーは多い。
 長年、北関東を中心とした東日本エリアで腕に磨きをかけてきたアングラーが、西日本系のエリアに遠征すると、常識の違いに驚かされることがある。もちろんその逆もしかり。重要なのは、東と西、どちらが良くて、どちらが悪いという問題ではない。東西どちらの地域もエリアフィッシングは間違いなく面白い。そして、日本という限られた国土の中で、東と西でタイプの異なるエリアゲームが楽しめるという現実が、さらにエリアを楽しくさせている。
 今月は普段北関東を中心とした東日本エリアの常識にどっぷりと浸かっているアングラーの方々のために、西日本系エリアの現実をお届けさせて頂きます。西日本系エリアゲーム、今、かなり熱いです。

出演アングラー)
福田和範(ロデオクラフト) 佐野亘彬(ロデオクラフト)


■第2特集
冬の釣りを楽しく熱く過ごす! 
3時間釣行のタクティクス!! 
2名のエキスパートがその戦略を伝授

概要)
 寒さは本番を迎える2~3月。朝夕の冷え込みはグッと厳しくなるもののエリアの釣りは、まだまだ楽しい。ただし、この時期、一日中釣りを続けるのはさすがに厳しい面も……。そこで活用したいのが各エリアの時間券。たとえば3時間券を利用した釣りならば、寒さ厳しい真冬でも楽しく釣りができるのでは? そこで、3時間という限られた時間をどう使い、どういう組み立てで釣るべきか?をエキスパートアングラーの2名が紹介する

出演アングラー)
荒川通(ヴァルケイン)、山村昌輝(アイビーライン)

■新春恒例! 
お年玉特大プレゼント! 
読者大感謝祭!
2018年のビッグプレゼント

■NEW EXIST DEBUT!!
2018年はこのリールが飛躍する
DVD連動企画

■ロブルアー
はじめてのアングラーが体験する爆釣という快感をサポート!
アナタに絶対、釣らせ鱒♥

■ステラを超えるのは……、
『STELLA』のみ

■天龍
Rayz Alterで楽しむ
大人の休日

■バスデイ
切り札はパームボール!?
『頂鱒』をいただきます!

■アンデッドファクトリー
厳冬期のエリアはボトムを攻めろ!

★人気連載
■HAJIME MURATA PRESENTS
AREA FISHING TREASURE TOUR 4th Stage 64
大物にこだわった管理釣り場
栃木県◎那須高原ルアーフィールド

■Simulation&Answer
シミュレーション&アンサー
今回のテーマ
『釣る前のイメージと実際の『差』を読み解く!』

■ノリーズ井上太一のもっと尖って行こう! SeasonⅢ
苦戦する要因を探り
新発見に繋げよ!

■~杉山代悟流~
Area Trout Spirit
エリアトラウト スピリット

■MAGNUM TAKADA
エリアフィッシング VISION

■脱ビギナー!
エリア戦力UP委員会
山村昌輝
×
シンクロナイザー物語

■TWO TACTICS
2人のエキスパートが組み立てるふたつの戦略
ハイプレッシャーを克服するための戦術
後藤幸樹&池谷哲哉

■Neiちゃんプレゼンツ!
エリカレ

■プロフェッサー永井の楽しい実験

■それいけ! マックス
エリア行脚
第8回エリア 
川場フィッシングプラザ
プロダクトNo 1281680380
出版社 コスミック出版
発売日 毎奇月21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。