東亜 定期購読・最新号・バックナンバー

東亜の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

東亜雑誌の詳細です。


東亜の公式サイトへ
本・雑誌 東亜
本・雑誌内容 ▼中国・アジアの動向に関心のある一般社会人から、ジャーナリスト、中国関係ビジネスマン、中国・アジア研究家まで幅広いニーズにお応えする雑誌です。▼学部を問わず、中国・アジアの現代を学ぶ大学の副教材としても最適です。▼グローバルかつ客観的な視座、事実に基づく精緻な実証分析、フィールドワークの重視、机上の空論ではない活きた情報の提供が『東亜』の主眼です。 ▼政治・経済・国際関係・安全保障、人事動向などを広くカバー、『東亜』一冊で中国・アジアの動向が分かります。 ▼第一線で活躍中の中国・アジア研究家、ジャーナリスト、企業家、作家など一流の執筆者を動員、多角的な視点と切り口で最新情報をお届けします。▼次代を担う新進気鋭の研究者による新鮮かつ柔軟な視点も積極的に掲載しています。※≪霞山会会友特典について≫◆【特典1】午餐講演会(アジア・中国専門家を迎えての講演会、年間11回)および日中シンポジウム(東京開催時)のご案内状をお届けします。◆【特典2】本会出版物(書籍)を特別割引価格(来会2割引、郵送1割引)で購入できます。◆【特典3】東亜学院(中国語各講座)の入学金が無料になります。
本・雑誌内容詳細 ■COMPASS
*朝鮮半島と日本の外交構想-30年前の外交文書から見えるもの 宮城大蔵
*「精日」 問題の根底にあるものは何か 城山英巳
*海外進出とイノベーションのベース 木村公一朗
*台湾海峡で高まる静かな緊張 福田 円
■特集 台湾は現状維持の立場を守れるか
*航空路M503に翻弄される台湾-空をめぐる中台のせめぎあい 安田 淳
*中国シャープパワーと揺れる台湾アイデンティティ 渡辺 剛
■ON THE RECORD
*アジアの地域統合と『一帯一路』
-世界経済からみた中国と周辺経済- 平川 均
■ASIA STREAM
*[中国の動向](2018年4月-5月)
米国を視野に近隣外交強化を図る習政権 濱本良一
*[台湾の動向](2018年4月-5月)
ドミニカと断交、 台湾の友好国は19に減少 門間理良
*[朝鮮半島の動向](2018年4月-5月)
南北首脳会談の「成功」と米朝首脳会談への「不安」 塚本 壮一
■フォルモサ通信〔7〕
*日本語が今も共通語-宜蘭のタイヤル族の村 塩沢英一
■Briefing Room
*マレーシアで独立後初の政権交代
-92歳マハティール氏が首相再登板 伊藤 努
■CHINA SCOPE 
*現代中国語を創った若き天才 池田 巧
■チャイナ・ラビリンス〔170〕
*19期3中全会、「党ファースト」路線を推進 高橋 博
■連載 日本の現代中国観を再構築する-「中華」の現在とは?〔3〕
*普遍への挑戦-中国近代法の形成-久保茉莉子
■New Publications on Asia
プロダクトNo 1281680376
出版社 一般財団法人 霞山会
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。