戦略経営者 定期購読・最新号・バックナンバー

戦略経営者の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

戦略経営者雑誌の詳細です。


戦略経営者の公式サイトへ
本・雑誌 戦略経営者
本・雑誌内容 『戦略経営者』は中小企業経営に特化した月刊マネジメント誌です。「TKC全国会」に加盟する税理士・公認会計士の関与先企業(約75万社)の経営者を主な読者対象に、1986年9月に創刊されました。1万人超のTKC会員が現場で行う経営助言のノウハウをベースに、独自の切り口と徹底した取材で、他誌の「後追い」ではない真に有用な情報だけを厳選して提供しています。コラム執筆陣も多彩。いまや数少なくなった「中小企業経営者のための」雑誌であるとともに、幅広い旬の話題にも切り込み、ビジネスマンなど一般読者からの支持も急増中です。
本・雑誌内容詳細 『戦略経営者』2018年 6月号(通巻380号)目次
CONTENTS No.380 2018

特集
ユニバーサルデザイン導入法
●オープニングインタビュー ミライロ社長 垣内俊哉
「三つの壁」を乗り越えイノベーションにつなげよう
●CASE1【静岡新聞社╱静岡放送】
あらゆる人の視覚に優しいメディアへと邁進中
●CASE2【オプトニカ工房】
「ユニバーサル・ゲーム」で新規販路を開拓
●CASE3【川崎タクシー】
みんなのタクシーで工場夜景観光ツアーを提供
●TOPICS
従来商品との違いを積極的にアピールしよう 武者廣平

特集2
企業コンテストで勝つ

●CASE1【アクロクエストテクノロジー】
「MA」で自主的に考える社員を養成
●CASE2【中央歯科補綴研究所】
“日本一”に挑む歯のスペシャリスト集団
●解説 プレゼン・コンシェルジュ 天野暢子
通るプレゼンには聴衆への「気配り」が不可欠
●イベントレポート
新規性・独創性を武器に10社が競い合う
第5回MUFGビジネスサポート・プログラム「Rise Up Festa」


◎ 『TKCモニタリング情報サービス』活用事例
【株式会社吉田/株式会社オフィスコンフォートM/荘内銀行】
地域金融機関の担当者を味方にして融資獲得

◎BANKER’SEYE
広島銀行 
取締役専務執行役員三吉吉三氏×TKC中国会会長寺越愼一税理士
税理士との連携で中小企業経営をサポート

◎中小企業支援制度 中小企業景況調査 
中小企業基盤整備機構 企画部調査課 山崎文義課長
小規模事業者を多く含んだ業況判断DIに注目

●先駆者たち 
亀井隆平 シリウス代表取締役
未充足のニーズを満たす“お掃除ガジェット”

●跡継ぎ社長の挑戦
永井俊輔 クレスト社長
厳しい父に鍛えられた若き後継者がITの力でレガシーマーケットに革新

●ホットインタビュー
中小企業庁事業環境部 石ヶ休剛志
『2018年版中小企業白書・小規模企業白書』の特色
生産性向上に取り組む企業事例を豊富に掲載

●戦経レポート
三橋克仁 マナボ社長
「教育格差の解消」を志しスマホ家庭教師サービスを展開

◎会計で会社を強くする
●FX4クラウド【カスタムグラビア】
理想の経理体制を築いた国内屈指のグラビア製版業者
●FX4クラウド社福【北中城村社会福祉協議会】
連携機能をフル活用し「残業ゼロ」を成し遂げる
●レポート【株式会社建築屋瀬戸内】
会計に基づく管理体制構築で飛躍を目指す若き建築会社
BAST 黒字企業の最新業績順位表

経営スクランブル
●Q&A経営相談 
電子データで会計帳簿を保存するなら 多勢陽一
●ニュービジネス【レキオ・パワー・テクノロジー】
“ジェネリックエコー”で医療格差解消に邁進
●WEB戦略【有限会社松井工作所】
次世代を担う人材確保へ自社ホームページの活用を開始

好評連載
リーダーの決断 山岡淳一郎
接客戦略が会社を変える 藤村純子
読書SENSOR 堀内勉
今月の一冊 新刊本
エコノミストの視点 門倉貴史
守って伸ばすCSR 泉貴嗣
ビジュアルマーチャンダイジング基礎講座 田尻尚美
明日のヒーローたち 柳田 博
セキュリティー対策の落とし穴 奥田英太郎
ご当地グルメコレクション 澁谷耕一 
News&Information
プロダクトNo 1281680339
出版社 株式会社TKC
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。