スポーツメディスン 定期購読・最新号・バックナンバー

スポーツメディスンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

スポーツメディスン雑誌の詳細です。


スポーツメディスンの公式サイトへ
本・雑誌 スポーツメディスン
本・雑誌内容 1989年10月、月刊トレーニング・ジャーナル創刊10周年に当たり、スポーツ医学実践者のためのスポーツ医学専門誌として創刊。従来のスポーツ医学誌は、ドクターのみを対象とし、アカデミックな内容であったが、本誌はあくまで現場でスポーツ医学を実践する人を対象とするため、広い意味でのメディカル・スタッフとし、プラクティカルな内容を提供しています。従って、現場でできるスポーツ医学に焦点を当て、取材を重要視しています。知識としてのスポーツ医学より、「使えるスポーツ医学」。また、第14号より1つのテーマを徹底的に追求する特集主義をとり、スポーツ医学の世界で話題になっていることを60~90頁のボリュームで編集しています。スポーツ医学関連ニュースや話題の出来事、療法、施設、人物、製品なども紹介。 61号特集:呼吸
本・雑誌内容詳細 特集
肩関節──その動きの本質を捉える

今月は肩関節に焦点を当て、3つの論考でまとめさせていただいた。そもそもは、はちすばクリニックと群馬大学大学院保健学研究科 坂本雅昭教授の研究室との先生たちによる合同研究会での成果をもとにしたものである。
上肢、とくに肩関節の動きをどう捉えるか、それは肩の障害への対応に大きな影響を与える。ことにリハビリテーションにおいては重要であろう。
ここでは、まず川野哲英先生に上肢(とくに肩関節)の使い方について、動作から見た提言を詳細に述べていただき、続いてソフトボールのウインドミル投法について運動学・動作学・筋電図学的考察を阿部洋太先生に執筆していただき、最後に菅谷知明先生と吉田奈美先生に、push upエクササイズをキーに上腕二頭筋長頭腱に着目して述べていただく。いずれも充実した内容で、大いに参考にしていただけるであろう。

1. 動作から見た上肢の使い方への提言
川野哲英・医療法人社団 昇英会 はちすばクリニック FTEX インスティテュート代表

2. ウインドミル投法における動作学的特徴と上腕二頭筋長頭腱に加わる負担
阿部洋太・医療法人社団 昇英会 はちすばクリニック リハビリテーション科、理学療法士

3. Push upエクササイズおよびレバーアームの変化が肩関節屈曲運動に及ぼす影響 
──解剖学・運動学・筋電図学的考察
菅谷知明・群馬大学医学部附属病院リハビリテーション科、理学療法士、保健学博士
吉田奈美・医療法人社団 昇英会 はちすばクリニック リハビリテーション科、理学療法士、保健学
修士、日体協公認アスレティックトレーナー



Anti Doping
連載 アンチ・ドーピングの理解と実践 11 最終回
水泳連盟での活動を通じて
~今後アンチ・ドーピング活動に必要なこと~
長谷川真帆 HASEGAWA Maho・日本水泳連盟アンチ・ドーピング委員会委員

Sports VisionColumn
スポーツビジョンコラム 11
「時差ボケ」と「目」/名打者は名指導者になれるか?/サングラスの実際/魚(さかな)の「目」(その1、その2)

真下一策 MASHIMO Issaku・スポーツビジョン研究会代表

Sportsmedicine Dialogue
連載 Dr. 大関の複眼インタビュー―― スポーツメディスン・プロフェッショナルとの対談 12
[対談]
中山晴雄・東邦大学医療センター大橋病院 脳神経外科 講師
「スポーツにおける脳振盪の最前線」  

インタビュアー:大関信武・一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事、東京医科歯科大学再生医療研究センター
(企画:日本スポーツ医学検定機構)

Editorial Report
話題の最前線
第17回関西理学療法学会症例研究学術大会開催

Holland: Dutch Manual Therapy
連載 オランダ徒手療法―― 臨床で使える、多角的な視点で仮説を立てられる体系的考え方 9

リハビリ・トレーニングをすすめる際に必要なモノ①
――ゴールから逆算するリハビリ・トレーニング設計?!
土屋潤二 TSUCHIYA Junji
一般社団法人日本オランダ徒手療法協会代表理事

Conditioning Theory Focused on Muscles
連載 21世紀のコンディショニング理論 ~筋肉から身体を紐解く~ 4
第4回:スポーツ選手の肩背上肢痛と筋肉の痛み
    ――首や肩の痛みを知る
伊藤和憲・明治国際医療大学 鍼灸学部はりきゅう学講座 教授、同大学大学院鍼灸学研究科 研究科長

Sports & Law
連載 基礎から学ぶ「スポーツと法」 87
トレーニング機器の欠陥とインストラクター等の責任
西脇威夫・スポーツ法政策研究会、西脇法律事務所、弁護士   

Report
NPO法人コンディショニング科学研究所主催サミットレポート 4
第2回スポーツ救急サミット報告(4)
最新情報アップロード:「脳振盪」(ビデオ講義)
山田睦雄先生・流通経済大学、ワールドラグビー Pitch Side Medical グループ

Thoughts on Sports
連載 門外漢スポーツ雑談(ぞうたん) 37
宗教とスポーツ/ナイトゲームとサンデーベースボール
今泉隆裕 IMAIZUMI Takahiro

Event

MSM 掲示板
こぼれ話
編集をおえて
プロダクトNo 1281680338
出版社 ブックハウス・エイチディ
発売日 2,3,4,5,6,7,9,10,11,12月の27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。