建築ジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

建築ジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

建築ジャーナル雑誌の詳細です。


建築ジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 建築ジャーナル
本・雑誌内容 <建築ジャーナルの編集方針>1.市民、利用者にとっての建築・都市への問いかけと批評。2.中央集権主義から地域主義へ。地方自治、市民自治による「まちづくり」をめざす。3.人間環境を大切にし、地球環境に負荷をかけない建築づくりをめざす。4.市民=公共のための設計業務・建築プロフェッションの確立をめざす。
本・雑誌内容詳細 特集
小さな家

「小屋暮らし」「ミニマリスト」「断捨離」、これらの言葉をよく聞くようになった。持ち家や住宅ローンに縛られず、密度の濃い人間関係を避け、消費社会で身の回りにあふれかえった「モノ」を必要最低限にすることで、人生の自由度や可能性を広げる。そんな考え方が通底しているようだ。人の生き方が変わるとき、建築もまた変わる。10年後20年後の家づくりのヒントを探る。

■生き方を見つめ直す「タイニーハウスムーブメント」|相馬由季 5
■僕が小さな家に住む理由 小屋から社会へつながる実践|鈴木菜央 8
■生きるための家|高村友也 12
■「ゆとり」と「強調」のミニマリズム|澁谷直人 15
■10年後20年後の家づくりは…|安田 滋 18

【連載】
きになるばしょ むかしのじかん[2]ホコリの輝き|坂口恭平 2
兼松紘一郎が巡る建築家模様[62]この地を巡りて 好川忠延|兼松紘一郎 21
五十嵐太郎の先読み編集局[109]7つのベクトル展|五十嵐太郎 23
小さな町 川尻の震災報告 古川保の伝統構法万歳【震災編】[17]|古川保 24
日本の挑空間─原点と現代をつなぐもの[2]旧陸軍歩兵21連隊雨覆練兵場
(現:浜田市立中学校第一体育館/島根県立浜田高等学校第一体育館)「無名の美学」|冨永祥子 26
空調新思想大系[8]私は好奇心の強いゲーハー|野部達夫 28
居住の夢・戦後住宅クロニクル[2]1948 高輪アパート 戦後初のRC団地に住んだ駒田栄という人|中島明子 30
業界を読む[44]「ホテル」のトピック6
世界の人を親身にもてなす 鎌田智子|上田 隆 34
進撃の建築家 開拓者たち[18]403architecture [dajiba]
開拓者18 彌田 徹 開拓者19 辻 琢磨 開拓者20 橋本健史 「マテリアルバンク」|布野修司 44
仕事場[38]自然の摂理に適った家づくり エテルノ建築設計事務所/橘 雅彦 48
まちの胃袋[74]黒白淡奶の香港式ミルクティ 香港・湾仔地区||山崎 亮 50

<情報ポスト>
【東京・千川】モンパルナスプロジェクト[岡 由雨子|岡由雨子建築ディザイン] 37
【東京】文京区街路樹伐採問題3[愛 みち子|千代田の街路樹を守る会] 38
【高知・中土佐町矢井賀】「集落」という実験場、やいか[若林拓哉|ウミネコアーキ] 39
【福岡・北九州】連鎖するまちづくり[小山洋明|ワカマツグラシパートナーズ理事] 40
【名古屋】村野藤吾設計の「丸栄百貨店」取り壊しへ[山崎太資|編集部] 42


【作品】   ※以下は、それぞれ地域版ごとの掲載になります


東日本版
<建築集>
アリエ建築設計舎/柴崎 健一(埼玉県上里町)
髙橋英二建築設計事務所(東京都豊島区)


中部版
<新春特別企画>
2016-2017年の代表作特集 中部篇
JA三島函館南新谷支店・ローンセンター/針谷建築事務所
知多信用金庫 本店営業部・ほしざきホール/日建・伊藤 設計監理JV
高橋邸/伊藤建築設計事務所


西日本版
<新春特別企画>
2016-2017 年の代表作特集 西日本篇
地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所/内藤建築事務所
吹田市営新佐竹台住宅/市浦ハウジング&プランニング・長谷工コーポレーションJV
神戸市立いぶき明生支援学校/神戸市住宅都市局建築技術部、山田綜合設計・山本設計JV
有田市民会館(紀文ホール・有田市図書館)/(仮称)有田市地域交流センター設計 徳岡設計・アール企画・Spazio JV


九州版
<新春特別企画>
2016-2017 年の代表作特集 九州篇
福岡県神社庁 庁舎/志賀設計
SADOWARA Residence/小林建築設計事務所
プロダクトNo 1281680203
出版社 建築ジャーナル
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。