Food Biz(フードビズ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Food Biz(フードビズ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Food Biz(フードビズ)雑誌の詳細です。


Food Biz(フードビズ)の公式サイトへ
本・雑誌 Food Biz(フードビズ)
本・雑誌内容 本誌は外食ビジネスの今とこれからを的確に判断するための羅針盤として、外食企業トップ、ならびに現場の第一線の皆さまから高い評価をいただいています。最大の特徴は、単なる新しい情報の羅列ではなく、いま外食ビジネスになにが求められているのか、外食ビジネス成功のポイントは何なのかを常に具体的に提示し続けていることです。たとえば、外食ビジネスの王道を行くトップ企業の戦略への論評や洪水のように登場してくる新業態の中から次代を担う注目すべき題材に的確にスポットを当て分析し論評を加えるなど、主張のある“外食オピニオン誌”を目指しています。
本・雑誌内容詳細 <巻頭提言>
再投資できなくなった残留組が郊外ロードサイド市場をしぼませている
本誌主幹 神山 泉

=================================================================
<最前線検証>
変貌し増え続ける郊外喫茶店
「喫茶型」と「レストラン型」の違いが鮮明になってきた
本誌主幹 神山 泉

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<インタビュー>
「椿屋」は投資を惜しまないから、追随者がでない
「東京のベスト立地」「女性ターゲット」「ライトフード」これがうちの憲法です
東和フードサービス 岸野 禎則 社長
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<喫茶業界トピックス>
「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」を目指す猿田彦珈琲が60坪の焙煎室を備えた基幹店を開業
[インタビュー] 自分たちが居心地のいい楽しい店を目指したら、こんな店になりました
猿田彦珈琲 大塚 朝之 社長
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
独自性と素材の追求でフォーマットを確立 舞台は世界へ ナナズグリーンティー
[インタビュー] 「誰もやっていないこと」をやりたかった。失敗も大きな糧になりました
七葉 朽網 一人 社長

=================================================================
絶好調のいきなり!ステーキ
ロードサイドも当たった。これで来期で200店出店が見えてきた
ペッパーフードサービス 一瀬 邦夫 社長
戦略詳解 幸楽苑がFCジーとなり福島1号店を出店。ペッパーランチも60ヵ月前年比クリア

=================================================================
<特 集>
いま、輝く中華・ラーメンチェーン
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
餃子の王将 主食材の国産化を達成。調理道場をつくって技術力をさらにアップ
餃子の王将から店舗調理をとったら餃子の王将ではなくなります
王将フードサービス 渡邊 直人 社長

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
山岡家 北海道は54ヵ月連続クリア
QSCの徹底が山岡家の売り上げを5年間伸ばし続けた
丸千代山岡家 山岡 正 社長
[戦略詳解] 今期は過去最高売上高を記録の予想。新業態などを積極的に展開する

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
一蘭 単品だからこそブランドがとんがってくる
台湾、香港、NYへも進出。一蘭の味と仕組みは全世界で通用する
[戦略詳解] 「一蘭の森」は味をつくり守り、世界に一蘭ブランドを広める拠点
一蘭 吉冨 学 社長

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
目指すは“家族の喜ぶ”ラーメンまこと屋 関西からいよいよ首都圏に進出
[インタビュー] 大切なのは店舗での最終加工。店でスープも炊くし、鍋も振る
マコトフードサービス 笠井 政志 社長

中華とラーメンは、外食の独占市場
店舗調理力を高めればスーパーもコンビニも歯が立たない
本誌主幹 神山 泉

=================================================================
[ 連載企画 ]

第60回 中食の中味
季節感も反映し進化するパスタ
フードコーディネーター 池田恵里

第36回 差し迫る食糧クライシス 「どうなる」「どうする」
アベノミクス「攻めの農業」に問題はないか。農業競争力強化プログラムを検証する(その4)
資源・食糧問題研究所 代表 柴田 明夫

第71回 横川 竟のズバリ直言「このままでいいのか」
いい人材、いい食材、いいお店
きわむ元気塾 横川 竟

話題店の肝
<Part1>
すかいらーくがやはり出した「からやま」の模倣店
からよし 小平小川町店
本誌主幹 神山 泉

<Part2>
「働き方改革」に呼応してロイヤルが打ち出したR&D店舗
ギャザリング テーブル パントリー(GATHERING TABLE PANTRY)
フードビジネスライター 結城 隆

<USA発特別版>
スランプを乗り切り成長軌道へ回帰する老舗イタリアンチェーン
オリーブガーデン・イタリアンキッチン(Olive Garden Italian Kitchen)
フードサービスコンサルタント 山本 洋三

第42回 変わるアメリカ・外食最先端
均一価格、具材盛り放題などの新フォーマットで、ファストカジュアル業態の成長株ピザチェーン
フードジャーナリスト ダレン・ダビットソン

NEWS EXPRESS from America
プロダクトNo 1281680196
出版社 エフビー
発売日 毎偶月3日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。