月刊 地方財務 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊 地方財務の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊 地方財務雑誌の詳細です。


月刊 地方財務の公式サイトへ
本・雑誌 月刊 地方財務
本・雑誌内容 平易な解説記事と豊富な実例紹介記事により問題点を徹底的に究明する。初心者からベテランまで、担当者必携の書。
本・雑誌内容詳細 特別企画:平成30年度仮試算と近年の地方財政の動向
 /関西学院大学・小西 砂千夫

 ・仮試算の位置づけ
 ・「平成30年度の地方財政の課題」のポイント
 ・過去10年間を振り返って
 ・国税の伸長と地方交付税への影響


行財政情報

●平成30年度地方財政の課題
 ―平成30年度地方交付税の概算要求及び地方債計画(案)を中心に
 /総務省自治財政局財政課財政企画官・君塚 明宏
 /総務省自治財政局地方債課企画係長・瀬戸 隆之

●地方公共団体財政健全化法に基づく健全化判断比率等の概要(平成28年度速報値より)
/総務省自治財政局財務調査課財政健全化専門官・桑原 健


今月の視点

●経営基盤の強化と広域連携
 /北九州市水道事業・工業用水道事業・下水道事業管理者、上下水道局長・有田 仁志

●水力発電所の電力を活用した地域活性化への取り組み
 ―全国初 やまなしパワーによる安価な電力供給
 /山梨県企業局電気課長・浅川 晴俊

●自治体の議員・職員のための行政管理会計入門(3)
 ―費用(その1)
 /総務省大臣官房審議官(公営企業担当)・大西 淳也

● 英国に学んできた日本の地方行革の「これまで」と「これから」(2)
 ―英国緊縮政策下の地方政府の説明責任と透明性(Local government accountability and transparency in a period of financial austerity)
 /バーミンガム大学地方自治研究所名誉教授・トニー ボバート(翻訳)兼村 高文


連載

●財政課職員の知恵袋(20)
 ・地方分権ってもう終わったんですよね?
  /関西学院大学・小西 砂千夫

●地方財務実務相談室(80)
 ・監査専門委員制度の創設趣旨とその役割
 ・議会による外部監査契約に基づく監査のチェック

●契約実務 駆け込み相談室(8)
 ・下請負・再委託を認める基準
 ・請負契約とは
  /自治体法務研究所・江原 勲

●イチからわかる 指定管理者制度 実務の秘訣(8)
 ・指定管理者から自治体への利益の配分
  /自治体法務ネットワーク・森 幸二

●地方公営企業の会計なんでも相談室(91) 
 ・ダム施設整備負担金の資産計上方法
 ・一般会計出資金の返還時の経理
 ・破産債権の経理
 ・簡易水道事業の統合による赤字決算額の処理
  /公認会計士・池田昭義
  /浜銀総合研究所・佐藤裕弥

●ここが知りたい! 公営企業の経営実務(8)
 ・公営企業の予算編成
  /公認会計士・渡邉 浩志
  /公認会計士・矢野 基樹

●比較検討シリーズ 事業別自治体財政需要(143)
 ・中国における少子高齢化(4)―中国の社会保障政策の変遷
 /慶應義塾大学教授・小林 良彰
 /慶應義塾大学大学院博士課程・黄 璋

●政策課題への一考察(20)
 ・シティプロモーション動画の評価
  /株式会社富士通総研 行政経営グループ シニアコンサルタント・藤原 律子

●うちのまちのキャラクター(76)
 ・愛媛県鬼北町 きほくん・きじの助
  /フリーライター・杉元 政光


--------------------------------------
【コラム】
●霞が関情報

●書評
 ・大石久和著「『危機感のない日本』の危機」
  /水 昭仁

●財政課長の議会答弁術
 ・質問を予想する方法
  /東 健志

●時評 自論・公論
 ・「衆議院の解散」の意味
  /佐々木信夫

●最新法律ウオッチング
 ・天皇退位特例法

●データリテラシー向上術/廣瀬 毅士
 ・統計調査のバリエーション(下)

●映画の窓から
 ・ガストン・ドゥプラット、マリアノ・コーン「笑う故郷」――作家と作品舞台との屈折した関係
  /村瀬 広
プロダクトNo 1281680105
出版社 ぎょうせい
発売日 毎月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。