旬刊 経理情報 定期購読・最新号・バックナンバー

旬刊 経理情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

旬刊 経理情報雑誌の詳細です。


旬刊 経理情報の公式サイトへ
本・雑誌 旬刊 経理情報
本・雑誌内容 新制度・実務問題を・タイムリーに・わかりやすく・繰り返し何度も解説します! 「旬刊・経理情報」とは1973年の創刊以来、一貫して経理・税務・金融・証券・法務などの企業の実務担当者に必要な新制度・実務問題を、タイムリーに、わかりやすく取り上げてきた専門実務誌です。 一般的な多くのビジネス情報誌とは、専門性、記事の掘り下げ方、また信頼性を保証すべく厳選して配した執筆陣において格段の違いをもった専門情報誌です。 <特徴> ・旬の実務問題をタイムリーにかつ大胆に特集! ・制度改正をいち早く、わかりやすく解説! ・重要法令・会計基準等は試案の段階から動向をチェック! ・決算実務、株主総会実務も徹底対応! ・会計基準の新設・改正、重要法規等を見やすい別冊付録でお届け!
本・雑誌内容詳細 2018年5月1日特大号(通巻No.1511)

◆特集
各種公表物で実務をチェック
仮想通貨の会計・監査・税務

実務対応報告38号から読み解く
仮想通貨をめぐる会計処理のポイント
……鈴木 智佳子(PwCあらた有限責任監査法人 公認会計士)

分別管理監査指針と財務諸表監査指針案
仮想通貨をめぐる監査実務のポイント
……檜垣 寛(PwCあらた有限責任監査法人 公認会計士)

国税庁FAQ等を参考に
仮想通貨をめぐる所得税・法人税のポイント
……中村 賢次(PwC税理士法人 税理士)

◆特別企画
近時の傾向を織り込んだ
株主総会直前チェックリスト
……樋口 達(成和明哲法律事務所 弁護士・公認会計士)
……山内 宏光(成和明哲法律事務所 弁護士)

制度変更から不祥事対応まで
平成30年6月株主総会の留意事項

招集手続から総会後の事務まで
定時株主総会直前チェックリスト

◆ASBJ解説
実務対応報告37号
「実務対応報告第34号の適用時期に関する当面の取扱い」の解説
……村瀨 進吾(企業会計基準委員会 専門研究員)
……蔦永 竜一(企業会計基準委員会 専門研究員)

◆実務解説
事務運営指針改正と裁判例等からみる
移転価格税制のグループ内役務提供のポイント
……藤枝 純(長島・大野・常松法律事務所 弁護士)
……遠藤 努(長島・大野・常松法律事務所 弁護士)

◆Viewpoint
実務対応報告36号を踏まえて考える
有償ストック・オプションの法務・税務への影響
……大石 篤史(森・濱田松本法律事務所 弁護士・税理士)
……村上 博隆(森・濱田松本法律事務所 公認会計士・税理士)
……飯島 隆博(森・濱田松本法律事務所 弁護士)

◆ポイント解説
テクノロジーを活用した生産性向上も視野に
経理業務シェアード化の進め方・見直し方
……舟山 真登(グローウィン・パートナーズ㈱ 公認会計士)

◆新規事業開発と
経理・財務の役割
【第1回】新連載 新規事業の必要性と成功への道筋
……須貝 裕保(みらいコンサルティング㈱)

◆連結決算レベルアップ講座
【第7回】 資本連結から生じる一時差異の税効果
……髙部 博明(新日本有限責任監査法人 公認会計士)

◆業界別 統合報告の作成・活用ポイント
【第10回・完】 業界別統合報告の作成・活用ポイント
……久禮 由敬(PwCあらた有限責任監査法人)
……植田 隆彦(PwCあらた有限責任監査法人)
……中村 良佑(PwCあらた有限責任監査法人)


◆スポットライト
税務ガバナンスに取り組む企業の証明へ
グローバルタックスポリシーの事例分析と今後の動向
……井藤 正俊(信成国際税理士法人 税理士)

◆談・論
持続可能なサプライチェーンを考える
……中野 冠(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)

◆アナリストの眼
アナリストの眼の書き方(下)

◆女性リーダーからあなたへ
〈第14回〉 強い思いを強く伝え、実践すること

◆イチオシ★仕事が輝く文房具
〈第57回〉「さっと使える」工夫が光るオフィス用品

◆ビジネス実務相談室
経理 外貨建債券等の外貨による固定資産への再投資
法務 商事留置権と不動産

◆Inほんmation
『ストック・オプションの会計・税務入門』

◆雑誌論文等の電子的利用についてのお願い

◆本誌の複写利用について

◆ランキング
週間ビジネス書ベストセラー
プロダクトNo 1281680056
出版社 中央経済社
発売日 毎月1,10,20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。