旬刊 経理情報 定期購読・最新号・バックナンバー

旬刊 経理情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

旬刊 経理情報雑誌の詳細です。


旬刊 経理情報の公式サイトへ
本・雑誌 旬刊 経理情報
本・雑誌内容 新制度・実務問題を・タイムリーに・わかりやすく・繰り返し何度も解説します! 「旬刊・経理情報」とは1973年の創刊以来、一貫して経理・税務・金融・証券・法務などの企業の実務担当者に必要な新制度・実務問題を、タイムリーに、わかりやすく取り上げてきた専門実務誌です。 一般的な多くのビジネス情報誌とは、専門性、記事の掘り下げ方、また信頼性を保証すべく厳選して配した執筆陣において格段の違いをもった専門情報誌です。 <特徴> ・旬の実務問題をタイムリーにかつ大胆に特集! ・制度改正をいち早く、わかりやすく解説! ・重要法令・会計基準等は試案の段階から動向をチェック! ・決算実務、株主総会実務も徹底対応! ・会計基準の新設・改正、重要法規等を見やすい別冊付録でお届け!
本・雑誌内容詳細 2017年9月10日特大号(通巻No.1489)
◆特集
全120社の対応を調査
IFRS任意適用企業の開示分析
…矢内 隆一(有限責任監査法人トーマツ) 
…佐藤 優 (有限責任監査法人トーマツ) 
…赤羽 応介(有限責任監査法人トーマツ) 

この1年で37社が適用
新規任意適用企業の一覧と初度適用時の開示パターン

PLは費用機能法で営業損益表示が9割以上
表示方法の選択状況

収益認識、金融商品、公正価値など
注記情報の開示状況

過去に認識した金融商品の指定が増加
初度適用時の免除規定の選択状況

収益、当期利益等の増加・減少要因は?
調整表に関する開示状況

◆新法令解説
株式報酬等の柔軟な活用を可能とするための開示府令等の改正について
…大谷 潤 (金融庁総務企画局企業開示課 開示企画調整官)
…渡部 孝彦(金融庁総務企画局企業開示課 課長補佐)
…岡村 健史(金融庁総務企画局企業開示課 係長)

◆Economic Insight
消費者法をめぐる最近の動向と経団連の取組み
…村井 俊介(一般社団法人日本経済団体連合会 経済基盤本部)

◆ASBJ解説
企業会計基準公開草案61号
「収益認識に関する会計基準(案)」等の解説
島田 謡子(企業会計基準委員会専門研究員)
三輪 英文(企業会計基準委員会専門研究員)

◆IASB会議 現地レポート
2017年7月の審議状況
―金融商品(負の補償を伴う期限前償還要素)、企業結合(のれんと減損)
…野口 由美子(㈱イージフ)

◆「改正民法」ポイントレクチャー
【第3回】定型約款
…大矢 一郎(長島・大野・常松法律事務所 弁護士)
…松尾 博憲(長島・大野・常松法律事務所 弁護士)
…秋山 恵里(長島・大野・常松法律事務所 弁護士)

◆実務解説
ASBJ適用後レビュー計画へのコメントにみる
「連結・企業結合」に係る論点・問題点
…福山 憲児(ジャパン・ビジネス・アシュアランス㈱ 公認会計士・税理士)

◆スポットライト
日本企業同士でも要注意
M&Aにおける米国F―4登録をめぐる対応ポイント
石田 雅彦(ディーエルエイ・パイパー東京パートナーシップ外国法共同事業法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士)
丸山 翔太郎(ディーエルエイ・パイパー東京パートナーシップ外国法共同事業法律事務所 弁護士)

◆基本をマスター「デリバティブの経理」
【第6回・完】デリバティブ取引の税務上の留意点
…仙石 実(南青山税理士法人 公認会計士・税理士)
…古高 崇幸(南青山税理士法人 税理士)

◆談・論
わが国の会計リテラシーの向上に向けて
…新井 武広(一般財団法人会計教育研修機構 理事・事務局長)

◆アナリストの眼
政府の役割と国債

◆ビジネス実務相談室
経理 期末日をまたぐ有価証券の売買と受渡しの会計処理
法務 売買目的物の実質的価値の錯誤・共通錯誤

◆Inほんmation『新しい株式報酬制度の設計と活用』

◆雑誌論文等の電子的利用についてのお願い

◆本誌の複写利用について

◆ランキング
週間ビジネス書ベストセラー
プロダクトNo 1281680056
出版社 中央経済社
発売日 毎月1,10,20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。