ご近所の悪いうわさ 定期購読・最新号・バックナンバー

ご近所の悪いうわさの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ご近所の悪いうわさ雑誌の詳細です。


ご近所の悪いうわさの公式サイトへ
本・雑誌 ご近所の悪いうわさ
本・雑誌内容 週刊誌系レディースコミックの決定版!!ご近所問題、いじめ、女の格差、介護、病気…現代の主婦に降りかかる身近な問題をテーマに「こんな人生じゃなくてよかった」と思えるストーリー展開で、スカッとストレス解消につながる一冊。毎号、世間をにぎわす旬のネタが満載です。
本・雑誌内容詳細 『ボーダーライン』(水城瞳)
がんばっても、がんばっても、褒めてくれる人なんていない…
わが子がADHD(多動性障がい)かもしれない…一人ぼっちの苦悩のなかでシンママが出した結論とは――!? 心に灯がともる母と子の優しい愛の物語 46P
離婚してから、二人の姉妹を女手ひとつで育てている私。妹に比べると姉は落ち着きがなくて、イライラして怒鳴ってしまうこともあるけれど…

『盗む女』(永矢洋子)
【特集1】読者投稿 ガメる女
二世帯建てたが最後!! 夕飯・日用品・嫁のモノまで勝手にパクるドケチ姑に嫁の怒りがMAD MAX!
二世帯同居をしている私は、姑の行動に頭を悩ませる日々。ウチのモノを何でも持っていくため、家計はいつもカツカツ。最近では夕飯さえも奪われて…

『つまみ食いの代償』(桐野さおり)
【特集1】読者投稿 ガメる女
あなたの周りにも他人のものを欲しがる女いませんか? すぐそこにある「おやつ型不倫」の脅威――
念願の戸建を建て順風満帆の夫婦生活を送っていた私。ところが夫が突然、海外赴任を命ぜられて…!?

『仮面の笑顔』(青菜ぱせり)
【特集1】読者投稿 ガメる女
友達ヅラで悪意を垂れ流すフレネミー女の恐怖!!
同じ部署に配属されたことから仲良くなった同僚の麻耶。ニコニコして人当たりの良い彼女に憧れていたけど…

『ゴミ箱』(和田海里)
【特集2】ゴミと生き、ゴミと死ぬ!! 片づけられない女
存在そのものが「ゴミ」な史上最悪の片づけられない女、ここに参上!
ダラ主婦の佳代子は家事は一切せず、いつも家はゴミだらけ。ある日、家がゴミ屋敷のせいで娘がいじめられていると知り、片づけを決意するが…

『親切の裏側』(伊東倫智)
【特集2】ゴミと生き、ゴミと死ぬ!! 片づけられない女
いい人ヅラした社宅ボスの、化けの皮はがしてやる…!!
引っ越してきたばかりの社宅で、強引に断捨離を勧めてきたボス主婦。言われるがままに家の物を処分したけれど、彼女には裏のカオがあって…!?

『夫婦であること』(桜庭あさみ)
【特集2】ゴミと生き、ゴミと死ぬ!! 片づけられない女
仕事しない、家事しない、育児しない。3ない夫は人間のクズ!! 娘の父親として立ち直ってもらう為に、もはや離婚するしかないの?
「小説家になる」と言って突然、仕事を辞めてきた夫。幼い娘もいるのに、いったいどうすればいいの…

『親なるもの 断崖 第1部第3話』(曽根富美子)
【特集3】月刊化5周年特別企画!! 女であること
生と死が隣り合わせの生き地獄で、少女たちは大人になる…
昭和5年、室蘭の幕西遊郭。お梅は月のものが始まり、下働きの道子は女郎になることを切望していた…


そのほか豪華執筆陣

『女帝の教室』(宮崎明子)
恐怖で生徒を支配し、巧みにいじめを扇動する教師という独裁者。親に、子どもたちに闘う術はあるのか――

『囚われた未来』(川崎三枝子)
夫が失業したのがきっかけで、占いに依存した姑に「すべてお前のせいだ!」と真冬に冷水を浴びせられ…。

『ここにいるよ』(庭りか)
自分の子供のつもりで育ててきた夫の連れ子の娘が結婚することに。喜びもつかの間、 実母を母親として列席させるという話が持ち上がり…


ショート
『おぐら家のイイもの食べ隊取り寄せ隊!!』(おぐらなおみ)
『全国嫁の道』(浄土ヶ浜さおり)
プロダクトNo 1281680017
出版社 宙出版
発売日 毎月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。