cafe-sweets(カフェスイーツ) 定期購読・最新号・バックナンバー

cafe-sweets(カフェスイーツ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

cafe-sweets(カフェスイーツ)雑誌の詳細です。


cafe-sweets(カフェスイーツ)の公式サイトへ
本・雑誌 cafe-sweets(カフェスイーツ)
本・雑誌内容 いま人気の職業は、カフェ・オーナー、パティシエ(ケーキ職人)、ブーランジェ (パン職人)。取材対象は、その仕事で成功している人、また単におしゃれなだけ でなく、本当にお客様に支持されている実力店を取り上げます。誌面のほとんど が美しいカラーページで、作り方の詳細なプロセスも惜しみなく披露いただいて おります。日本国内のみならず海外現地取材も行ない、最新のトレンドを紹介。 毎号の強力特集の他、人気カフェのオーナーや本場フランスのパティシエによる 連載もあり、業界の方はもちろん、一般の方にまで男女を問わず広くご好評いた だいている雑誌です。
本・雑誌内容詳細 《特集》カフェの経営、教えます
 新店が次々にオープンする一方で、わずか数年の営業で閉店する店も少なくないカフェ&喫茶店。飲食業のなかでは、比較的容易に開業でき、「雰囲気商売」と思われがちな喫茶業態ですが、店を長く続けるためには、考え抜かれたコンセプトと高い商品力、そしてお客のニーズをキャッチする経営センスが必要です。本特集では、人気カフェのオーナーに、店を長く続けるための秘訣をインタビュー。「経営が軌道にのった分岐点は?」「オープン時からメニュー、営業スタイルはどう変わった?」「店を続けていくために必要なことは?」「2号店の出店計画は?」等々、カフェ経営のポイントを伺います。
 また、サードウェーブの影響もあり、近年はコーヒー主力のカフェが続々と誕生。ただ、さまざまな産地のスペシャルティコーヒーや抽出法など選択肢が増えるにしたがい、お客にとっては情報過多の印象も。じつのところ、「おいしいコーヒー」とはどんなコーヒーなのでしょうか? コーヒー業界のカリスマに聞きました。

《OPEN 10〜20年》 カフェを続けるうえで大切なことは?
カフェ 太陽ノ塔
ゾゾイ
香港甜品店 甜蜜蜜
よつばカフェ
プシプシーナ珈琲
出張お茶サービス社

震災・原発事故をのり越え25年
「椏久里珈琲」が福島で実践する「よいコーヒーとよい空間づくり」

《OPEN 5〜10年》 さらなる成長に向けて取り組んでいることは?
ブルームス
チチカフェ
カフェ ヴェーク

《OPEN 1〜3年》 カフェを開業するまで、開業後の課題
おやつのこぼく
pukutto食堂
椎名町カフェ

関西初の、カフェ開業のための専門スクール 「カフェズライフ」の授業に潜入!

簡易宿泊施設の魅力的なコミュニケーション空間 ホステル系カフェに注目!
ヌイ ホステル アンド バー ラウンジ/カイス/シーナと一平

人気老舗パン店「ペリカン」がカフェを開きました
ペリカンカフェ

《対談》 カフェとは何か? カフェブームとは何だったのか?
「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」オーナー 堀内隆志さん
「東京カフェマニア」主宰・ライター・エッセイスト 川口葉子さん

“おいしいコーヒー”とは何か?
猿田彦珈琲 調布焙煎ホール
丸山珈琲 表参道シングルオリジンストア
サザコーヒー エキュート品川店
ヴォアラコーヒー 霧島国分本店
ラダーコーヒー シャポー船橋店/フィロコフィア Roastery&Laboratory

JBC 2014/2015チャンピオン岩瀬由和さんがナインティプラスジャパンを始動!


第2特集 デザートの美学

パリのラグジュアリーホテルが魅せる!
華麗なるアシェット・デセールの世界
リッツ・パリ
フォーシーズンズホテル・ジョルジュ・サンク・パリ
プランス・ド・ガール

デザート専門店&レストランのアートなデザート12品
エスキス サンク
ジャニス・ウォン
シンシア
アシェット デセール 未完

「ヒガシヤギンザ」の和のアフタヌーンティーに注目!

ほか
プロダクトNo 1281679945
出版社 柴田書店
発売日 毎偶月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。