Vinotheque(ヴィノテーク) 定期購読・最新号・バックナンバー

Vinotheque(ヴィノテーク)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Vinotheque(ヴィノテーク)雑誌の詳細です。


Vinotheque(ヴィノテーク)の公式サイトへ
本・雑誌 Vinotheque(ヴィノテーク)
本・雑誌内容 月刊『ヴィノテーク』は、1980年4月号を創刊に生まれた、おもにワインを専門とする情報誌です。世界のワイン産地からの現地取材レポートを中心に、毎月最新のワイン情報を掲載、ワイン産地で、今、何が起きているか『ヴィノテーク』を読めばわかります。『ヴィノテーク』とは、“ワインとワインのぎっしり詰まった箱” (Vino:葡萄酒+theque:箱・戸棚)を意味します。ワインの情報をぎっしり詰め込んで、毎月あなたのお手元にお届けいたします。世界のワイン産地を取材した迫力の最新レポートで構成する特集記事を中心に、『ヴィノテーク』発行人のソムリエ田崎真也が世界のワインをブラインドで試飲し、高得点ワインを試飲コメントとともに紹介する「ワイン・バイイング・ガイド田崎真也セレクション」、ワインを愛しよく飲む、まさに愛好家によるエッセー、ワインやSakeが飲みたくなる本の紹介、来日するワイン関係者へのインタヴューによる栽培から醸造、マーケットにいたるまでの最新ニュース、トピックスなどを満載しています。月刊『ヴィノテーク』は、ワインと愛好家からその道のプロフェッショナルまで、ワイン販売の現場で役に立つ情報誌です。
本・雑誌内容詳細 2018.1 458
6-48 特集・2018年注目の産地とワイン
6-9 このワイン・産地に注目!!
12 2018年浮上するワイン産地を追う
13-19 ギリシア北部とクレタ島を「歩いた、見た、聞いた、唎いた」●浮田泰幸/寺下光彦
20-23 トレンドを予感させるカナダワイン●高橋佳子
24-28 フランス東部の未知なる産地「サヴォワ&ジュラ」●安田まり
32-34 ますます熱いジョージア●稲垣敬子
35-37 オーストラリアワインはどこへ向かうか●高橋佳子/編集部
38 ルーマニアワイン、浮上するか●坂本雄一
29-31 プロフェッショナルに聞く2018年のワインの動向
39-43 ヴィノテーク執筆陣が占う2018年ワインの行方●坂本雄一/小玉節郎/堀 晶代/葉山考太郎/秋津壽翁/寺下光彦/北嶋 裕/伴 良美/高橋佳子/内藤和雄(順不動)
44 ワインを詠む〈118〉「2018年に期待するもの、それは固有品種と冷涼な産地」●山本昭彦
45-48 田崎真也が唎く2018年注目のワイン38種
10・11 アルゼンチン注目の産地北西部サルタ州カルチャキ・ヴァレーのボデガ・エル・エステコ
50-53 ProWein2017から見るProWein2018への期待●吉田節子
54・55 カリフォルニア・シャルドネの王道を行くケンダル・ジャクソン
56・57 チリのエミリアーナのシングル・ヴィンヤードワイン「シグノス・デ・オリヘン」
49 古酒礼賛+巡礼〈93〉熟成寿司と古酒 ●秋津壽翁
62 葉山考太郎のワイン漫筆〈188〉「ヴェリテとカーディナル=職業『美女』のカルトワイン
58-61 クローズアップワインNOW!!――シェーファー/内藤和雄が見たJETCUP2017/マルス穂坂ワイナリーがオープン/ピーター・ツーストラップの熟成古酒の楽しみ方/南アフリカのカペンシス/ボジョレの帝王ジョルジュ・デュブッフ来日
63 編集後記「ワインと食とSakeのある風景」
64 ワイン会カレンダー
1-4 ワイン・バイイング・ガイド「田崎真也セレクション」〈150〉
――光る日本のワイン
プロダクトNo 1281679847
出版社 ヴィノテーク
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。