Vinotheque(ヴィノテーク) 定期購読・最新号・バックナンバー

Vinotheque(ヴィノテーク)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Vinotheque(ヴィノテーク)雑誌の詳細です。


Vinotheque(ヴィノテーク)の公式サイトへ
本・雑誌 Vinotheque(ヴィノテーク)
本・雑誌内容 月刊『ヴィノテーク』は、1980年4月号を創刊に生まれた、おもにワインを専門とする情報誌です。世界のワイン産地からの現地取材レポートを中心に、毎月最新のワイン情報を掲載、ワイン産地で、今、何が起きているか『ヴィノテーク』を読めばわかります。『ヴィノテーク』とは、“ワインとワインのぎっしり詰まった箱” (Vino:葡萄酒+theque:箱・戸棚)を意味します。ワインの情報をぎっしり詰め込んで、毎月あなたのお手元にお届けいたします。世界のワイン産地を取材した迫力の最新レポートで構成する特集記事を中心に、『ヴィノテーク』発行人のソムリエ田崎真也が世界のワインをブラインドで試飲し、高得点ワインを試飲コメントとともに紹介する「ワイン・バイイング・ガイド田崎真也セレクション」、ワインを愛しよく飲む、まさに愛好家によるエッセー、ワインやSakeが飲みたくなる本の紹介、来日するワイン関係者へのインタヴューによる栽培から醸造、マーケットにいたるまでの最新ニュース、トピックスなどを満載しています。月刊『ヴィノテーク』は、ワインと愛好家からその道のプロフェッショナルまで、ワイン販売の現場で役に立つ情報誌です。
本・雑誌内容詳細 2017.11 456
12-43 イタリアワイン特集
15 シチリア&ピエモンテ2017 ●寺下光彦
16-22 エレガント・シチリアンの両輪 フラッパート & ネレッロ・マスカレーゼのさらなる活況と魅力の深淵
6-9 ――テッレ・ディ・ジュルフォ/ヴァッレ・デッラカーテ/プラネタ/ドンナフガータ/
ピエトラドルチェ/ニコシア
23-31 華麗なる変身組を追う バローロ & バルバレスコのダイナミズム
――オッデーロ/ボルゴーニョ/マルケージ・ディ・グレジー/フォンタナフレッダ/
ブルーノ・ロッカ/パオロ・スカヴィーノ/ペリッセロ
32・33 革新派のバローロの雄 コンテルノ・ファンティーノ
34・35 葡萄樹に立ち戻るフェウディ・ディ・サン・グレゴリオ
36-40 イタリアワインあ・ら・か・る・と
――ホフスタッター/パスクア/マルケージ・ディ・グレジー/バローネ・ピッツィーニ/
フナロ/レ・ヴィーニェ・ディ・エリ/ラ・ヴァレンティーナ/イタリアワイン三千年…etc.
12-14 晩秋に楽しむイタリアワイン
42・43 田崎真也が唎くイタリアワイン21種
41 ヴィノテーク・イタリアワインバックナンバー
44-54 オーストリア――ドナウラントとシュタイヤーマルクを歩く
44-49 辺境の楽園 シュタイヤーマルク●北嶋裕
50-54 ドナウラントの畑格付け制度~エアステ・ラーゲ~●高橋佳子
2-5 レ・サンクに見るボルドーのトップ・シャトーのオーナーの素顔
6-8 ドウロ最東端で生まれる新ポルトガルワイン カルム●蛯沢登茂子
59 ワインを詠む〈116〉「気候変動の脅威 トリッキーな2017年の収穫」●山本昭彦
60 葉山考太郎のワイン漫筆〈186〉「どこへ出しても恥ずかしい変態ワイン愛好家」
61 古酒礼賛+巡礼〈91〉「一級のエシェゾー」 ●秋津壽翁
55-57 クローズアップワインNOW!!
――サロモン・ウントホーフ/オーストリアワイン試飲会/シャトー・ラトゥール・マルティヤック/
ユニオン・デ・グラン・クリュ・ド・ボルドー ヴィンテージ2014 ワイン愛好家のための試飲会参加者募集!
58 ワインの芽■ワインの坩堝  
62 Sakeヴィノテーク 日本名門酒会全国大会より●庄野純子
63 編集後記「ワインと食とSakeのある風景」
64 ワイン会カレンダー
プロダクトNo 1281679847
出版社 ヴィノテーク
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。