TIME(タイム) 定期購読・最新号・バックナンバー

TIME(タイム)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

TIME(タイム)雑誌の詳細です。


TIME(タイム)の公式サイトへ
本・雑誌 TIME(タイム)
本・雑誌内容 1923年創刊、発行部数400万部。世界200カ国、2200万人が読む世界最大の英文週刊ニュース誌「TIME(タイム)」。政治、経済、環境、文化、エンターテイメント、最新医療事情等、様々な分野をグローバルな観点から鋭く切り込む世界のオピニオンリーダー。日本では入手しにくいニュースを、TIME独自の見解・視点で伝えます。また、アジア版では日本の読者向けに、よりなじみの深いニュースを編集しておりますので、日本人にも身近な話題を外側から知る事が出来ます。そしてビジネスやインターネットなど、さまざまなシーンで英語力が重要視される時代。現代英語のお手本とされ、洗練された英語表現を駆使したタイムなら、世界の情報を通して生きた英語表現が身につきます。
本・雑誌内容詳細 Nov 27, 2017 Vol 190 No 22 & 23

The 25 Best Inventions of 2017

What Makes a Genius? The World’s Greatest Minds Have One Thing in Common
Franklin, Einstein, Jobs, da Vinci. How history’s greatest thinkers broke with tradition and solved problems nobody else could see.

The Saudi Crown Prince’s Plot to Reshape the Middle East Backfires

It’s the Beginning of the End for Zimbabwe’s Dictator Robert Mugabe

Theresa May’s Britain Is Headed for a Brexit Train Wreck

At the NRA’s TV Network, Guns Are a Weapon in the Culture Wars

Why Self-Driving Cars Might Not Lead to a Huge Drop In Fuel Consumption

Aly Raisman Opens Up About Sexual Abuse by USA Gymnastics Doctor Larry Nassar

Dale Earnhardt Jr. Is Going Out on His Own Terms

Dignity, Death and America’s Crisis In Elder Care

An 87-Year-Old Nun Said She Was Raped in Her Nursing Home. Here’s Why She Couldn’t Sue

The Cruel Math of Finding a Nursing Home for My Dad

My Uncle’s Alzheimer’s Battle Inspired Me to Disrupt Healthcare

Phantom Thread Is Shrouded in Mystery as Daniel Day-Lewis’ Final Act

Allison Janney’s New Favorite Co-Star is a Bird

Why James and Dave Franco Waited Their Whole Lives To Make a Movie Together

Downsizing’s Hong Chau Gets Her Big Break in Miniature

Two New Last Jedi Characters Help the Star Wars Galaxy Look More Like Our Own

How Wonder Takes on Being Different in an Indifferent World

Hello, I Must Be Going

Gary Oldman on Winston Churchill, Populism and Harvey Weinstein Allegations
プロダクトNo 1281679826
出版社 タイム・インク
発売日 毎週火曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。