月刊マテリアルフロー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊マテリアルフローの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊マテリアルフロー雑誌の詳細です。


月刊マテリアルフローの公式サイトへ
本・雑誌 月刊マテリアルフロー
本・雑誌内容 月刊マテリアルフローは、仮想空間上の情報の流れの結論である、リアルののフェーズからロジスティクス技術[LT]を具体化し、サプライチェーンの全体をトータルにフォロー。現場・人間という足場の上で、情報技術[IT]を使いこなし、時間の価値を追求して改善・改革を推進するためのヒントを、毎号送り続けています。2006年4月号より全面リニューアル!!
本・雑誌内容詳細 特集//物流・流通IoT+ICT
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
[キーマン直撃/経済産業省]
「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」実行へ,何が今必要なのか
●課題を乗り越えサプライチェーン変革にチャレンジ
/消費・流通政策課長 林 揚哲氏

[NEC]
IoT/AIを物流・ロジスティクス革新に具体化,
ARの実用提案も
●ここまで来たデジタル・トランスフォーメーション

[山九]
進化論を工学的に応用したGA法で
最適拠点立地を導くNODSの全貌
●ロジスティクス・ソリューション事業本部 針谷啓佑氏

…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

[旬のマテリアルフロー156 ]
数km四方の資材置き場を
RFID&ドローンで自動管理の巨大計画
●千代田化工建設

---------------------------------------------------

[新春トップインタビュー(続)/日本産業車両協会]
世界トップの我が国産業車両業界,
先端技術連携で新たな未来を拓く
●協会創立70周年を期しさらなる発展へ/大西 朗 会長

[物流ビッグ対談]
構造的変化に対応し,
あらゆる物流ニーズに応える「強い物流」へ
新・総合物流施策大綱の核心を深掘りする
●国土交通省 重田雅史物流審議官 ×
日本マテリアルフロー研究センター(JMFI) 大庭靖雄会長

---------------------------------------------------

 <FOCUS>オートストアで物流革命

---------------------------------------------------
[現地トップインタビュー]
革新・発展続けるオートストア,
ロボットピック含めさらに前へ
●Karl Johan Lier, CEO & President, AutoStore AS

[現場事例 1] グローリー・埼玉工場
進化する工場で部品保管スペース半減,
動線短縮で作業生産性30%向上

[現場事例 2] ムービング・三郷Web通販総合物流センター
丸井グループのオムニチャネルを支える
通販物流現場作業を抜本改革

[現場事例 3] 三井不動産
物流ICT機器ショールームに実機導入
入出庫効率,動作スピードを実体験

[現場事例 4] ニュース編/良品計画
鳩山センターにオートストア新導入,
入出庫作業を大きく軽減し時間短縮

--------------------------------------------------

[シリーズ座談会企画/アパレル物流の未来を探る3]
「アパレル企業特有の共同配送」へ,
店舗納品物流共同化に挑む
●TSI・プロダクション・ネットワーク 吉永 圭課長/バロックジャパンリミテッ
ド 徳野拓史部長/アクロストランスポート 水野浩己部長/日本アパレル・
ファッション産業協会 森野保則 物流小委員会委員長,遠藤孝顕事務局長/
日本マテリアルフロー研究センター(JMFI)川野信夫氏

[注目情報]
欧州先端物流システム視察団2018のご案内
4月開催へ参加者募集を開始

---------------------------------------------------

[5分で読める教養講座 41<おススメ書籍>ひとくちガイド]
出世と肩書~社会人のための肩書入門/
世界の軍事情勢と日本の危機~脅威を直視せよ
●小泉事務所 代表/小泉 豊

[システムの眼Ⅱ]19
システムの内容設計の一助としてシナリオを書いてみる
●早稲田大学 名誉教授/高橋輝男

*「今だから語れる浅草演芸史」はお休みします
プロダクトNo 1281679808
出版社 流通研究社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。