レジデントノート 定期購読・最新号・バックナンバー

レジデントノートの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

レジデントノート雑誌の詳細です。


レジデントノートの公式サイトへ
本・雑誌 レジデントノート
本・雑誌内容 研修医の方を主な読者対象とした、実用的で実践に即役に立つ雑誌です。臨床研修で最初に必要となる事柄、研修中に身に付けておくべき事柄について、第一線で活躍の臨床医がわかりやすく執筆。特にプライマリケア、救急疾患への対応を中心に取り上げます。研修医に必要な事柄はそのまますべての医師に必要となりますので、若手医師を中心に向上を目指すすべての医師に愛読していただける雑誌を目指しております。もちろん、学生の方の臨床実習にも役立ちます。
本・雑誌内容詳細 目次
第1章 総論:電解質異常の緊急性
1.電解質異常の緊急性の有無【今井直彦】
第2章 総論:電解質異常でみられる症状と心電図異常
1.電解質異常でみられる症状と電解質異常を疑うポイント【大迫希代美】
2.電解質異常でみられる心電図異常【孫 楽,水野 篤】
第3章 総論:薬剤,高齢者,担癌患者と電解質異常
1.電解質異常に注意すべき薬剤【龍華章裕】
2.高齢者と電解質異常【小板橋賢一郎】
3.担癌患者と電解質異常【宮内隆政】
第4章 各論:電解質異常の症状,原因,診断,治療
1.高ナトリウム血症【佐々木 彰】
2.低ナトリウム血症【座間味 亮】
3.高カリウム血症【今井直彦】
4.低カリウム血症【加藤規利】
5.高カルシウム血症【駒場大峰】
6.低カルシウム血症【河原崎宏雄】
7.高リン血症【谷澤雅彦】
8.低リン血症【塚原知樹】
9.高マグネシウム血症【上原温子】
10.低マグネシウム血症【志水英明】
第5章 症例から学ぶ電解質異常の診かた・考え方・動き方
1.緊急性がある症例にどう対処する?
①症候性の高ナトリウム血症と細胞外液量低下の症例【米谷拓朗,佐々木 彰】
②重症症候性の低ナトリウム血症の症例と過剰補正された症例【座間味 亮】
③透析患者の高カリウム血症の症例【今井直彦】
④高齢者と高血圧患者の低カリウム血症の症例【加藤規利】
⑤悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症の症例【駒場大峰】
⑥甲状腺摘出後の低カルシウム血症の症例【河原崎宏雄】
⑦造血器腫瘍治療中に発生した高リン血症の症例【谷澤雅彦】
⑧筋力低下を伴った低リン血症の症例【塚原知樹】
⑨致死的な症状を伴った高マグネシウム血症の症例【上原温子】
⑩アルコール依存の病歴のある低マグネシウム血症の症例【志水英明】
2.緊急性がない症例にどう対処する?
①中枢神経症状に乏しい高ナトリウム血症と細胞外液量増加の症例【米谷拓朗,佐々木 彰】
②脱水に伴う低ナトリウム血症の症例【座間味 亮】
③腎臓病患者の高カリウム血症の症例【今井直彦】
④合併症を伴った低カリウム血症の症例【加藤規利】
⑤外来患者の高カルシウム血症の症例【駒場大峰】
⑥慢性腎臓病とビタミンD欠乏症の低カルシウム血症の症例【河原崎宏雄】
⑦血液透析導入時に発症した高リン血症の症例【谷澤雅彦】
⑧DKAを伴った低リン血症の症例【塚原知樹】
⑨CKD患者に生じた高マグネシウム血症の症例【上原温子】
⑩コントロール不良の糖尿病を伴った低マグネシウム血症の症例【志水英明】
プロダクトNo 1281679806
出版社 羊土社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。