実験医学 定期購読・最新号・バックナンバー

実験医学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

実験医学雑誌の詳細です。


実験医学の公式サイトへ
本・雑誌 実験医学
本・雑誌内容 分子生物学と医学を結ぶパイオニア的雑誌として、多くの方にご愛読いただいています。最もHOTな研究分野を独自にリサーチし、第一線で活躍する研究者への依頼原稿によって最先端の研究動向を紹介することで、常に読者のニーズに応える編集内容を心掛けております。
本・雑誌内容詳細 特集
次世代抗体医薬の衝撃
新たな標的・新たな機序によりいま再び盛り上がる抗体創薬
企画/津本浩平

概論―現代の創薬における抗体医薬の位置づけ【津本浩平】
バイスペシフィック抗体の技術開発と医薬品の創製ー特に血友病に対する次世代抗体医薬について【井川智之】
ここまできた次世代抗体薬物複合体(ADC)の創製と開発【中田 隆,阿部有生,我妻利紀】
免疫寛容を標的とした抗体医薬によるがん免疫療法【岡崎 拓,岡崎一美】
糖タンパク質を標的とした革新的がん特異的抗体の開発【加藤幸成,金子美華】
小型抗体の作製技術【有森貴夫,高木淳一】
親和性ペプチドを用いた部位特異的修飾法による抗体の高機能化技術【伊東祐二,金山洋介,林 良雄】
コンピュータ技術による抗体分子設計【黒田大祐,津本浩平】
標的に抗体が結合できる部位はいくつあるか?ー効率よく新しい機能抗体を探索するためのエピトープ均質化抗体パネル【永田諭志,伊勢知子,鎌田春彦】

連載
News & Hot Paper Digest
イタコン酸によるマクロファージ免疫代謝制御系の解明【神﨑 展】
非構造生物学の時代ー天然変性状態のままで高親和性複合体を形成【田口英樹】
細菌から発見されたセルロースの新規な修飾【杉本真也】
科学の発展には何が必要か?ー科学の科学的分析に基づく提言【佐々木 努】
国際ヒトゲノム会議が13年ぶり日本開催ー高まるデータシェアリングの重要性【実験医学編集部】
カレントトピックス
コンピューターシミュレーションによる幹細胞状態遷移の予測【谷内江綾子】
細胞極性,Patronin,微小管ネットワークによる上皮折りたたみ形成機構【武田美智子,Mustafa M. Sami,Yu-Chiun Wang】
活性化CD8+T細胞から放出されるエクソソームはがん間質の間葉系細胞に働きかけ,がんの進行を抑制する【瀬尾尚宏,珠玖 洋】
2018年 Japan Prize 記念インタビュー
T細胞・B細胞の発見秘話ー2人の研究者の信念は長い歳月を経て患者のもとに【Jacques Miller,Max D. Cooper】
Trend Review
名古屋議定書?それは研究者にも何か関係がありますか?【鹿児島 浩】
クローズアップ実験法
細胞周期の可視化と自動追尾【阪上-沢野朝子,小松直貴,宮脇敦史】
Update Review
神経回路形成因子LOTUS の挑戦ー神経発生機能と神経再生治療への展開【竹居光太郎】
創薬に懸ける~日本発シーズ、咲くや?咲かざるや?
難治性そう痒症治療薬ナルフラフィンの創薬物語ー「痒み×オピオイド」の発見が生んだ新薬【内海 潤】
私の実験動物、やっぱり個性派です!
Yをもたない不思議な哺乳類―トゲネズミ【黒岩麻里】
見せる、魅せる!研究3DCGアニメーション入門
GPCRシグナル,アニメ化の巻―前編【太田 将】
Opinion
がんゲノム医療の臨床現場と基礎の現場に身を置いて【柳田絵美衣】
バイオでパズる!
バラバラ漢字【山田力志】

関連情報
INFORMATION 人材/大学院生/セミナーなどの情報
プロダクトNo 1281679805
出版社 羊土社
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。