ナショナル ジオグラフィック日本版 定期購読・最新号・バックナンバー

ナショナル ジオグラフィック日本版の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ナショナル ジオグラフィック日本版雑誌の詳細です。


ナショナル ジオグラフィック日本版の公式サイトへ
本・雑誌 ナショナル ジオグラフィック日本版
本・雑誌内容 世界最大規模の会員制・非営利団体ナショナル ジオグラフィック協会は、1888年の創設以来、世界中で約8,000件以上の探検や調査プロジェクトを支援し、古代遺跡の発見や大自然の脅威と神秘、未知の世界に挑んだ冒険や探検など、数々の歴史的なプロジェクトを誌面で紹介してきました。会員誌として1世紀以上、米国の家庭で読み継がれ、地球が丸いことを証明した写真、海中撮影や空中撮影の写真を最初に掲載した雑誌として高く評価され、今では世界180カ国、850万人以上の読者を擁する世界最大級のクオリティマガジンと位置付けられています。「ナショナル ジオグラフィック日本版」は、1995年に世界初の外国語版として創刊しました。地球とそこに生きるすべての生き物の営みを、世界の一流写真家が撮りおろす美しく迫力に富んだオリジナル写真と、正確で臨場感あふれる記事で紹介しています。日本版は英語版の面白さと美しさを正確にわかりやすく日本語化すると同時に、日本の読者向けに独自の解説やコラムを加え、オールカラーで英語版と同月発行でお届けしています。
本・雑誌内容詳細 綴込付録:ビデオDVD
「PHOTO ARK:動物の箱舟(第1話)」
※ナショナル ジオグラフィック日本版では初めてのDVD付録。ナショナル ジオグラフィック(TV)が2017年12月に初回放送した全3話のうちの第1話を丸ごと収録しています。

【特集】
●善と悪の科学:
見ず知らずの人を命懸けで守る人もいれば、残忍な凶悪犯になる人もいる。善悪の概念の違いはどのように形成されるのだろう。脳の働きに、その答えがみつかりつつある。

シリーズ 鳥たちの地球
●鳥の知能:
オウムは器用に道具を作り、カラスは少女に贈り物をする。鳥たちは小さなその頭脳に驚くほど優れた能力を秘めていることが、さまざまな研究でわかってきている。

●中国の胃袋を満たす:
巨大な人口を抱える中国。急速な経済発展に伴い、かつてないほど多くの肉や乳製品、加工食品が食べられるようになった。そうした需要に応えるため、農業は変化を迫られている。

●北極海 最後の氷:
今世紀半ばには、北極海の氷はほぼなくなる可能性がある。最後に残る氷は動物たちの最後のとりでとなるだろう。

●立ち上がる家:
2012年にスーパーストーム「サンディ」が襲った米国ニュージャージー州では、家々が次々とかさ上げされている。

●カブールの中間層:
アフガニスタンの首都近郊にできた新しい団地で、近代的で快適な暮らしを手に入れた人々がいる。


【コラム】
●日本だけの翼:「ルリカケス」
●VISIONS 世界を見る
●撮っておきの瞬間
●写真は語る:「トーキョー・デイズ」(ダニー・ドゥンゴ)
●EXPLORE 探求のトビラ
 「進化した測量技術」
 「崖っぷちの鳥、消えた鳥」
 「世界一寒い都市を撮る」
 「平和を育む農業」
 「おしっこから堆肥」
●生命をつなぐ
●読者の声
●写真賞2017 結果発表
●もっと、ナショジオ
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年 「フィルムに残す新婚時代の思い出」


●今月の表紙:白は純粋や潔白、黒は冷酷や邪悪-この2色には互いに相反するイメージがある。それは、善と悪という、人間の両極端な性質や行為と重なる。危険を顧みず他人を助ける人間がいる一方で、非情にも多くの命を奪う人間がいるのはなぜか?脳科学で善と悪の根源を探る。
写真=ゲッティ イメージズ
プロダクトNo 1281679756
出版社 日経ナショナル ジオグラフィック社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。