日経ものづくり 定期購読・最新号・バックナンバー

日経ものづくりの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経ものづくり雑誌の詳細です。


日経ものづくりの公式サイトへ
本・雑誌 日経ものづくり
本・雑誌内容 「日経ものづくり」は、製造業の第一線のエンジニアや開発プロジェクトのリーダー・マネジャーのための技術専門情報誌です。自動車,家電,精密機器,工作機械,産業機械,部品など多様な業種でものづくりに携わる方々に向けて,開発から製造まで,ものづくり全体のプロセスにおける課題解決と技術革新を進めるための情報を提供します。
本・雑誌内容詳細 ▲2017年9月号 no.756 9月1日発行


■特集1 今こそ本気でマルチマテリアル

●今こそ本気で マルチマテリアル(036p)
●危機とチャンス 欧米に対する後れが深刻も 支える新技術が続々登場(038p)
●神戸製鋼所 Al合金と高張力鋼板を直接接合 スーパーハイテン材に対応可能(044p)
●京浜精密工業 樹脂にAl合金を塑性流動で結合 形状の工夫で2~3割の軽量化効果(046p)
●ダイキョーニシカワタイミングチェーンカバーを樹脂化 180℃に耐えて3割超の質量減狙う(048p)
●三井化学 エンジンの本体部品を3割軽く 240℃の耐熱性を持つPIで挑む(050p)
●帝人 「固定概念を壊す」 フロントウインドー 樹脂化とピラーレスで6.6kg軽量化(052p)
●太陽工業 CFRTPとAl合金を熱で接合 部材の再利用でコスト削減も(054p)
●王子ホールディングス立体成形できるCNF透明シート 低熱膨張性を生かせる用途開拓へ(056p)
●太陽ホールディングスCNF添加で従来手法の限界突破へ 低熱膨張で高強度な電子部品材料(057p)
●微小な単位で材料を変更できる3Dプリンティング(059p)
●9割が 「マルチマテリアル化が重要」 今後発展する関連技術は 「接着剤」 調査テーマ 「マルチマテリアル化の現状と課題」 (061p)


■特集2 VR/MRが生産現場と設計をつなぐ

●VR/MRが生産現場と設計をつなぐ(065p)


■挑戦者

●CARTIVATOR プロジェクトリーダー 中村 翼空飛ぶクルマで 世の中に夢を届ける(004p)


■ものづくりQuiz

●シート材をフルカラーで立体化。盛る? 削る? 膨らませる? (017p)


■ニュースの深層

●3Dプリンターでサービスパーツを供給 リコーがコストと納期の改善を実現(021p)
●トヨタとマツダが資本提携、EV開発も協調 独自路線を貫くホンダは質を追求(024p)
●カシオがタイ工場の生産性を2.6倍に 18工程中7工程に自動化装置を導入(026p)


■レポート

●産業用ロボにもサイバー攻撃のリスク 対策は工場まるごとネットワーク上流で(029p)
●オムロンの製造現場向けIoTサービス基盤 鍵を握るのは 「AI搭載コントローラー」 (030p)
●中小製造業の人手不足にAIで対応 ベテランの知見 ・ ノウハウを埋め込む(032p)
●1000万色以上を表現できる3Dプリンター ミマキエンジが2017年内に製品化(034p)


■3Mで学んだイノベーションの設計図

●いかにしてストレスを味方に付けるか(072p)


■トヨタ流人づくり 実践編 あなたの悩みに答えます

●上司から信頼されるには(078p)


■事故は語る

●トロリー線切断で新幹線63本に遅れ 特異な位置での停車と接触不良で大電流(083p)


■PICK UP

●ノートPCやモバイルバッテリーの事故が5年間で274件(100p)


■インダストリー4.0 現地レポート

●データ共有の仕組み作りで先行するドイツ(110p)


■EDITORS’ ROOM

●読者から/編集部から/次号予告(116p)


■技術者塾INTERVIEW 人気講師に聞く!

●IoT化の 「落とし穴」 とは何か? コンサランス 代表、サートプロ IoT技術講師、中小企業診断士 高安篤史 氏(119p)
プロダクトNo 1281679743
出版社 日経BP社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。