日経エレクトロニクス 定期購読・最新号・バックナンバー

日経エレクトロニクスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経エレクトロニクス雑誌の詳細です。


日経エレクトロニクスの公式サイトへ
本・雑誌 日経エレクトロニクス
本・雑誌内容 「日経エレクトロニクス」はコンピュータ、通信、放送、家電、半導体などエレクトロニクスのすべての分野で最先端の技術情報をお届けする、開発・設計者向けの情報誌です。エレクトロニクス分野の情報を、最新ニュースから、業界、技術の動きを洞察する特集まで立体的にお伝えしています。ディジタル家電時代を先取りした、家庭の情報化に関する記事、各種規格の標準化に関する事に読者から高い評価をいただいています。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年5月号 no.1191 4月20日発行


■Teardown

●電気自動車リーフの後方側面見張りレーダー センチ波の通信ICはSiGe半導体を使用


■Front-end

● 「フル」 へのこだわり


■Hot News

●新型不揮発性メモリー技術 「電子の相転移」 を活用ARMが混載用不揮発性メモリー候補として開発へ
●Uberの自動運転車で死亡事故 技術レベルが劣っていた可能性もトヨタ、NVIDIAが実証実験を中断へ
●日産リーフに車載Ethernet 周辺監視用カメラのECUに新たな潮流が日本車にも
●選択と集中に踏み切るInfineon SiCでEVや太陽光発電を攻めるRFパワー事業はCreeに売却


■Breakthrough 電動化で始まる空の革命

●電動化で始まる空の革命
●空のuberが2020年に実用 旅客機はハイブリッドへ
●欧米中の新興企業が火花 Airbusは全方位開発
● 「クルマの5倍」 を目指せ パワー密度が指標に
●中国で特許が大量出願 トヨタも 「空飛ぶクルマ」


■Emerging Tech

●スマホやIoT向けAIチップ続々 ARM、MediaTekなども参戦家電やセンサーなど身近な端末が 「知的な目や耳」 に
●電池の容量3倍アップへ 正極やSi負極の新材料開発 「国際二次電池展」 に見る現実路線
●深層学習をもっと手軽に 先駆けの画像検査ソフト相次ぐAI人材やデータが潤沢でなくても大丈夫
●アナログ回路も劇的に微細化 A-D変換器からT-D変換器へ“時間軸”でデータを運ぶ


■Emerging Biz

●新産業 鴻海系が高成長を開始 工業電脳に合従連衡の渦


■Innovator

●IEEE Computer Society President 2018 早稲田大学 情報理工学科 教授 笠原博徳氏/米インテル フェロー 米イリノイ大学アーバナ ・ シャンペーン校 名誉教授 David Kuck氏“協調設計“にとらわれず、ユーザー最適の製品を作る


■Emerging Tech

●おにぎりの製造に協働ロボduAro導入 双腕で番重に詰める作業を自動化NIKKEI Roboticsから今月の1本


■Emerging Biz

●テクノ大喜利 機器の魅力を高める独自開発チップ 半導体メーカーとの協業が必須【テクノ大喜利まとめ】独自チップ至上時代が到来、うちはどうする?


■Challenger

●空飛ぶクルマはみんなの翼 SF映画の3D交通を現実にCARTIVATOR代表 中村 翼氏


■Fundamentals 進化する自動運転と車載センサー

●自動運転に必要な5つの技術と、車載センサーの特徴を理解する


■New Products Digest

●“自動運転車の事故記録用に最適” Cypressが不揮発性メモリーの新製品を発表


■E検定準備講座

●並列抵抗回路の抵抗の消費電力が最大となる条件を知る


■News Ranking Mar.2018

●電子機器/デバイス
●クルマ/エネルギー/新産業


■Readers’ Voice

●自動運転向けセンサー情報に期待


■Editors’ Voice/Next Issue

●あとは乗るだけ
プロダクトNo 1281679740
出版社 日経BP社
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。