日経エレクトロニクス 定期購読・最新号・バックナンバー

日経エレクトロニクスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経エレクトロニクス雑誌の詳細です。


日経エレクトロニクスの公式サイトへ
本・雑誌 日経エレクトロニクス
本・雑誌内容 「日経エレクトロニクス」はコンピュータ、通信、放送、家電、半導体などエレクトロニクスのすべての分野で最先端の技術情報をお届けする、開発・設計者向けの情報誌です。エレクトロニクス分野の情報を、最新ニュースから、業界、技術の動きを洞察する特集まで立体的にお伝えしています。ディジタル家電時代を先取りした、家庭の情報化に関する記事、各種規格の標準化に関する事に読者から高い評価をいただいています。
本・雑誌内容詳細 ▲2017年10月号 no.1184 9月20日発行


■Front-end

●先端技術とは何か


■Teardown

●無段階ダイヤルで直観的操作 新感覚入力デバイスは超シンプル


■Hot News

●レンズレスで超高解像度 センサーアレーも不要に位相情報も使う撮像革命でカメラが一変
●10μsで応答可能な組み込みDB 「自動運転品質」 で活用広げる日立オートモティブの自動運転向け開発基盤に採用
●狙いは 「リアルタイムAI」 推論用AIチップの提案続出データフロー型やFPGA、DRPに期待
●“改造細菌”で人工光合成 酢酸を高効率に生産C-C結合のある有機材料で植物超えに道


■Breakthrough 欲しい材料は 「波」 で作る

●欲しい材料は 「波」 で作る
●太陽光とマイクロ波で量産 常識を覆す材料製造が続々
●大規模プラントから住宅まで 2030年前後の稼働を目指す
● 「現代の錬金術」 が現実に ナノ材料や新合金を製造
● 「霧」 を使い非真空でパワーデバイスや金属薄膜を実現


■Emerging Tech

●デバイス 深紫外でLED大競争再び、技術にブレークスルー続々


■Emerging Biz

●スキルアップ 求人活況の裏で変わる技術者 人材会社が促す“脱 ・ 社員”
●新産業 サイクルシェア、急激普及のわけ 通信はGSMからNB-IoTへ


■Innovator

●パナソニック 代表取締役 専務執行役員 兼 コネクティッドソリューションズ社 社長 樋口 泰行氏ハード“単品”売りから脱却 現場お役立ちの事業を作る


■Emerging Tech

●日経Robotics農業ドローンや雑草除去ロボットなど 米国で次々生まれる農業ロボベンチャーNIKKEI Roboticsから今月の1本


■Emerging Biz

●テクノ大喜利 5Gビジネスの成否は、立ち上げ期の投資回収シナリオ次第【テクノ大喜利まとめ】商用化迫る5G、何に使うの?


■Challenger

●取り乱せばVRは売れる スポーツやレジャーを代替バンダイナムコエンターテインメント AM事業部 エグゼクティブプロデューサー 小山 順一朗氏


■Perspective

●GTOからIGBT、そしてSiCへ パワーデバイスが新幹線を進化させるSiC採用の次世代新幹線 「N700S」 が誕生(後編)


■Fundamentals

●ディープラーニング活用術 畳み込み/再帰型ネットワークと長 ・ 短期記憶の特徴
●技術者が押えておくべき勘所 激変する環境の中で自らの価値をいかにして高めるか


■New Products Digest

●NEC、GPU搭載サーバーで機械学習を高速化 Xeonスケーラブル ・ プロセッサーを採用


■E検定準備講座

●帯電している2つの点電荷から、クーロンの法則を理解する


■News Ranking Aug.2017

●電子機器/デバイス
●クルマ/エネルギー/新産業


■Readers’ Voice

●ブロックチェーンの広がりを予感


■Editors’ Voice/Next Issue

●マイクロ波技術、いざ宇宙へ
プロダクトNo 1281679740
出版社 日経BP社
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。