日経エレクトロニクス 定期購読・最新号・バックナンバー

日経エレクトロニクスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経エレクトロニクス雑誌の詳細です。


日経エレクトロニクスの公式サイトへ
本・雑誌 日経エレクトロニクス
本・雑誌内容 「日経エレクトロニクス」はコンピュータ、通信、放送、家電、半導体などエレクトロニクスのすべての分野で最先端の技術情報をお届けする、開発・設計者向けの情報誌です。エレクトロニクス分野の情報を、最新ニュースから、業界、技術の動きを洞察する特集まで立体的にお伝えしています。ディジタル家電時代を先取りした、家庭の情報化に関する記事、各種規格の標準化に関する事に読者から高い評価をいただいています。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年2月号 no.1188 1月20日発行


■Teardown

●印象に残ったiPhone Xの電源周り 無線充電の機能強化に期待


■Front-end

●EVを超える 「フル電動化」


■Hot News

●止まらないSamsungの半導体 Intel抜きさらに巨額投資もたつく東芝連合などの引き離しが狙いか
●コンタクトレンズをIoT端末に ARやオートフォーカスが実現へ部品内蔵基板技術で 「目」 に装着可能に
●IBMが光回路を使うAIチップ 超高速で超省電力に 認識率にはやや課題も
●CESの主役が交代 AIスピーカー、移動型ロボットへトヨタ、ソニー、Intelがプレスカンファレンス開催


■Breakthrough

●人工知能 「超人」 へ
●(深層学習で)超人ロボット
●行動制御もニューラルネット 日本は実用化、研究は欧米
●人を見習って、人を超える 事業化で先陣争う日本企業
●究極のゴールは汎用知性 脳の模倣やメタ学習に期待
●“量子コンピューター”続々 役に立つのはどれか
●真贋論争にメリットなし 当面は類似品同士の競争に
●商用化始まる“アナログ量子” 材料探索や最適化で威力
●量子版ムーアの法則登場 完成は早くて20年後か


■Emerging Tech

●電池開発はクルマがけん引 トヨタがフル電動化に本腰
●車載Ethernetが再加速 制御にセンサー、バックボーンへ


■Innovator

●ギリア 代表取締役社長 清水 亮氏/ギリア 取締役会長 北野 宏明氏ハードを一緒に考えないとAIの行く先は分からない


■Emerging Tech

● 「Yelp」 が採用するオフィス警備ロボのCobalt 人との協業に相応しいデザインを模索NIKKEI Roboticsから今月の1本


■Emerging Biz テクノ大喜利

●暗黙の高品質を見える化して高付加価値ビジネスへと昇華


■Challenger

●クルマとITが混ざって新しい産業が生まれるWhite Motion 最高経営責任者(CEO) 蔵本 雄一氏


■Fundamentals

●触覚技術を製品開発に活用する 触覚生成に重要な知覚特性と錯触
●技術者が押えておくべき勘所 人を動かすには何が重要か 社内外 ・ 顧客 ・ 競合に人脈を


■New Products Digest

●Maxim、非接触心拍センサーなどに向けたAFE 健康 ・ 医療用ウエアラブル機器に必要な機能を集積


■E検定準備講座

●コンデンサの等価回路が持つ容量、抵抗、インダクタンスを理解


■News Ranking Dec.2017

●電子機器/デバイス
●クルマ/エネルギー/新産業


■Readers’ Voice

●クルマの電動化に関心


■Editors’ Voice/Next Issue

●私的AI成長史
プロダクトNo 1281679740
出版社 日経BP社
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。