日経NETWORK(日経ネットワーク) 定期購読・最新号・バックナンバー

日経NETWORK(日経ネットワーク)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経NETWORK(日経ネットワーク)雑誌の詳細です。


日経NETWORK(日経ネットワーク)の公式サイトへ
本・雑誌 日経NETWORK(日経ネットワーク)
本・雑誌内容 「日経NET|WORK」は、ネットワーク技術を基礎から学ぶ人の情報ニーズに正面からこたえ、日本のネットワーク技術の向上を支援する情報誌です。システムの設計・構築から運用・保守までネットワーク関連全分野にわたる技術情報をカバーすると同時に、ネットワークのプロを目指そうとする人のスキルアップ、キャリアアップに役立つセミナー型記事も提供します。◆一部デジタル版のお取扱いがございます。【No.124(2010年07月28日発売)~No.144(2012年03月28日発売)はデジタル版での販売がございます。】
本・雑誌内容詳細 ▲2018年6月号 no.218 5月28日発行


■特集1 暗号のはなし

●暗号のはなし 用語と仕組みを徹底解説(022p)
●方式は2種類 鍵の数で決まる(026p)
●証明書を使って認証と鍵交換(030p)
●4回のやり取りで二つの鍵を共有(034p)


■特集2 トラブル事例から学ぶ Office 365 ネット構築のコツ

●トラブル事例から学ぶ Office 365 ネット構築のコツ(040p)


■ビギナーズクエスチョン

●仮想通貨って一体何? (006p)


■いまさら聞けない 定番技術

●ブロックチェーン ネットワークで 「信頼性」 を生み出す仕組み(008p)


■イラストで学ぶ無線LANのき ・ ほ ・ ん

●IEEE 802.1X認証を使いこなす(010p)


■piyokangoの月刊セキュリティ

●セキュリティ監査が2年間実施されず 前橋市の不正アクセス調査で判明(012p)


■NEWS close-up

●携帯大手3社がSMSの後継サービスを開始LINE対抗の 「+メッセージ」 電話番号で相手を指定、基盤はRCS(014p)
●プレミアム ・ アウトレットの会員情報が漏洩パスワード24万件がネットで公開 登録情報以外が漏洩した可能性も(015p)
●海賊版サイトのアクセス遮断を政府容認 「緊急避難」 の要件を満たすと判断 ISPの業界団体は強く反発(016p)
●携帯電話大手が2017年度の接続料を公表パケット接続料は1割以上の値下げ トータルではMVNOに手痛い結果(017p)
●7カ国約1000人のセキュリティ担当者を対象に調査セキュリティ人材にはゲーマーが向いている 回答者の7割以上が 「経験なくても雇いたい」 (018p)


■NEWS pickup&digest

●ドコモの2018年3月期決算は増収増益 今期は成長投資に注力(020p)
●4/17-5/112019年から新 「ITパスポート試験」 AI、IoT、ビッグデータに対応(021p)


■特別レポート

●サイバー攻撃から社会インフラを守れ 企業や業界を越えた 「情報共有」 が切り札(052p)


■インター博士とネット君のスッキリわかる! ネットワーク技術解説

●冗長化について考えよう(056p)


■当事者が語る! トラブルからの脱出

●[今回の犯人] パーティション会議室で無線LANにつながらない パーティションが電波を遮る(066p)


■LANからクラウドまで ネットワークなんでも実験室

●AIスピーカーで重要な会話が外部に漏れないか調査せよ! (072p)


■ネットワーク構築のツボ

●ルーター 機器とトラフィックを可視化する(078p)


■それってどういう意味? ネコでもわかるセキュリティ用語

●なりすましでだまされるとは? (082p)


■MVNOの舞台裏

● 「フルMVNO」 の正体 独自のSIMカードやローミングを提供(086p)


■今号の確認テスト

●(091p)


■スクエア

●読者のひろば(092p)


■辻伸弘の 裏読みセキュリティ事件簿

●パスワードの定期変更は 「不要」 か NISTのセキュリティ文書を徹底分析(094p)
プロダクトNo 1281679738
出版社 日経BP社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。