日経エコロジー 定期購読・最新号・バックナンバー

日経エコロジーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経エコロジー雑誌の詳細です。


日経エコロジーの公式サイトへ
本・雑誌 日経エコロジー
本・雑誌内容 「日経エコロジー」は、企業経営の基本となった「環境」に関するあらゆる情報を伝える専門情報誌です。社会全体が循環型を志向するなかで、企業や技術の動向、法制度、海外情報などを独自取材と強力なネットワークで集め、経営者・マネジャー、環境関連技術者・実務者に向けて事例を中心にわかりやすく提供します。
本・雑誌内容詳細 ▲2017年10月号 no.220 9月8日発行


■特集 投資家に理解させる 「ESG情報開示」 のツボ

●投資家に理解させる 「ESG情報開示」 のツボ(020p)
●開示の仕方で評価は変わる(022p)
●成長戦略を打ち出す(024p)
● 「三位一体」 で評価を勝ち取る(028p)
● 「良い会社」 示すだけでは不十分(032p)
●財務と非財務の統合を 経営改革の好機に(036p)


■提言

●石川 雅紀 神戸大学大学院 経済研究科 教授日本のリサイクルは 本当に合理的なのか(005p)


■トレンド&ニュース

●エネルギー 「脱電力」 進める東電 個人向けESCO事業も(012p)
●温暖化対策 「SBT企業」 業種に広がり 低炭素電源の需要高まる(014p)
●環境ビジネス 食品ロス削減を事業化 気象予測で 「廃棄ほぼゼロ」 (016p)
●CSV キヤノンS&Sが働き方改革 IoT活用し5000万円削減(017p)
●廃棄物処理 岐阜で産廃による土砂崩れ 「不適正保管」 で廃掃法違反(018p)


■リポート

●コーポレートガバナンス 企業を強くする変革を 「日本型経営」 の課題(038p)


■論点争点 SBTの意義

●予測の不確実さ見極め長期の排出ゼロへ転換を国立環境研究所 地球環境研究センター 気候変動リスク評価研究室 室長 江守 正多氏 ×地球産業環境技術研究機構システム研究グループ グループリーダー・主席研究員 秋元 圭吾氏(042p)


■技術フロンティア

●ゴミ処理の効率化 センサーやAIを駆使 作業員を重労働から解放(046p)


■編集長インタビュー

●新井 和宏氏 鎌倉投信取締役 ・ 資産運用部長 社会から求められる 「いい会社」 に投資(050p)


■ケーススタディ環境経営

●住友化学 「SDGs経営」 で先駆ける(054p)


■はい、こちら 「環境/CSR」 です

●キリン執行役員CSV戦略部長 林田 昌也氏マーケティング出身 企業人格向上に注力(057p)


■気になる環境データ

●【国内の環境産業の市場規模】 2000年比で1.8倍 全産業に占める割合も拡大(058p)


■フォーラムから

●エコニュース(062p)


■改訂ISO14001に取り組む

●運用計画 取り組み計画との違いは? (076p)


■ヨーロッパ環境最前線

●ドイツが抱える“南北問題” 再エネ大国のアキレス腱 電力アウトバーン建設に遅れ(078p)


■中小企業のための環境マネジメント入門

●SDGsへの貢献 17の目標に当てはめる(080p)


■物流危機に克つ! 「TOTO流」 改革

●輸送体制の改革 輸送ルートを“一本化”(082p)


■改正廃棄物処理法<短期速習>

●親子会社の産廃処理 自ら処理の範囲拡大 親子で一括委託も可能に(084p)


■よくわかる環境法

●有人国境離島地域法 離島の社会課題を解決し領海保全へ、企業にも商機(086p)


■今月の環境法

●他の社会課題を同時解決 SDGsの考え方を活用(088p)


■キーワード

●科学的特性マップ(090p)


■イベントカレンダー

●自立循環型住宅設計講習会 温暖地版(092p)


■読者から

● 「ネガワット取引」 (094p)


■編集部から

●(096p)


■ブックス

●現代の消費者主権(098p)
プロダクトNo 1281679720
出版社 日経BP社
発売日 毎月8日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。