日経エコロジー 定期購読・最新号・バックナンバー

日経エコロジーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経エコロジー雑誌の詳細です。


日経エコロジーの公式サイトへ
本・雑誌 日経エコロジー
本・雑誌内容 「日経エコロジー」は、企業経営の基本となった「環境」に関するあらゆる情報を伝える専門情報誌です。社会全体が循環型を志向するなかで、企業や技術の動向、法制度、海外情報などを独自取材と強力なネットワークで集め、経営者・マネジャー、環境関連技術者・実務者に向けて事例を中心にわかりやすく提供します。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年3月号 no.225 2月8日発行


■特集 「化学物質規制」 の大波に備えよ

● 「化学物質規制」 の大波に備えよ RoHS対策とケムシェルパ活用が鍵(026p)
●世界で強まる化学物質規制 新RoHS対策、今年が山場(027p)
●フタル酸エステル対策 代替を急ぎ、ウソを見抜く(028p)
●ケムシェルパ本格始動 新たな 「武器」 の課題(032p)
●JAMP(アーティクルマネジメント推進協議会)に聞く選択と集中で効率運用を目指す(035p)
●世界の規制動向を知る 中 ・ 米 ・ 韓でリスク増大(036p)
●サプライチェーン再点検 ケムシェルパ使い、鍛えよ(040p)


■提言

●池田 信太郎 北京、ロンドン五輪 バドミントン日本代表社会課題の解決にアスリートも貢献を(005p)


■トレンド&ニュース

●物流危機 アサヒ、アスクルが大型施設 コスト削減、収益拡大狙う(012p)
●温暖化対策 中国全土で排出量取引を導入へ 企業の自家発電も対象に(014p)
●植物工場 野菜高騰で植物工場に脚光 三菱ガス化学など事業参入(017p)
●サステナブル経営 SDGsが地方にじわり浸透 中小企業に新たな商機(019p)
●ESG情報開示 CDPが回答費用を徴収 欧米韓で先行、日本でも(021p)
●地方創生 炭鉱跡で地方創生へ 持続可能な町のシンボルに(023p)


■リポート

●グリーンファイナンス ISOが国際規格作り グリーンボンド標準化も(044p)
●持続可能な調達(前編) 社外の問題で済まされない 東京五輪で浮かぶ人権リスク(050p)


■論点争点 低炭素社会の構築

●SDGsとの両立どう目指す 行動を促すビジョンを示せ世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン) 自然保護室 室次長 昭和女子大学 グローバルビジネス学部 特命教授 小西 雅子氏 × 東京大学 公共政策大学院 客員教授 本部 和彦氏(058p)


■技術フロンティア

●水産業のIoT 勘の世界をデータ化 漁業をサステナブルに(064p)


■編集長インタビュー

●小沼 大地氏 クロスフィールズ共同創業者 ・ 代表理事社会課題の先にイノベーションの種がある(068p)


■ケーススタディ環境経営

●トヨタ自動車 電動化の先駆者が意地(072p)


■はい、こちら 「環境/CSR」 です

●サッポロホールディングス コーポレートコミュニケーション部長 梅里 俊彦氏生粋の営業マン 北海道でCSR開眼(077p)


■フォーラムから

●エコニュース(080p)


■気になる環境データ

●【女性登用の実態】 女性管理職は平均6.9% 4社に1社が増加見込む(082p)


■改訂ISO14001に取り組む

●マネジメントレビュー 経営層の心ある無茶ぶりで活性化(084p)


■ヨーロッパ環境最前線

●ドイツが削減目標を撤回 石炭の利用を当面継続 背景に政権の連立交渉(086p)


■中小企業のための環境マネジメント入門

●代表者の関与 経営目線でPDCAを回す(088p)


■物流危機に克つ! 「TOTO流」 改革

●調達物流(1) 貸切便でミルクラン集荷(090p)


■学び直し講座 「廃棄物処理法」

●定義(2)有害性 有価で売れても規制対象になる場合も(092p)


■よくわかる環境法

●森林環境税 国民に一律課税へ 森林管理の拡大に充当(094p)


■今月の環境法

●2030年に水素発電 水素価格を5分の1に(096p)


■キーワード

●EV100、EP100(098p)


■イベントカレンダー

●InterAqua 2018 第9回国際水ソリューション総合展(100p)


■読者から

● 「SDGs」 (102p)


■編集部から

●(104p)


■ブックス

●えっ! そうなの ?! 私たちを包み込む化学物質(106p)
プロダクトNo 1281679720
出版社 日経BP社
発売日 毎月8日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。