月刊CAP 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊CAPの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊CAP雑誌の詳細です。


月刊CAPの公式サイトへ
本・雑誌 月刊CAP
本・雑誌内容 最新の技術・情報はもちろん、各種検査やさまざまな臨床技術の見直しなど、日々の診療に活かせる情報を幅広く紹介した獣医臨床総合誌です。注目の獣医学トピックスを取り上げ、最新のエビデンスを交えて基本から最先端の話題まで多様な切り口で紹介する特集記事と、さまざまな分野の技術・情報をバランスよく掲載した連載記事を中心に、現代の小動物獣医師に必要な情報を提供します。
本・雑誌内容詳細 Feature Article!
臨床現場での制吐剤・催吐剤の使い方

臨床現場において、嘔吐を主訴に来院した症例に対し制吐剤を用いた治療を実施することは、日常的に行われています。また、遭遇機会が多い異物誤飲の症例に対しては、まずは催吐剤を投与して催吐処置を行うケースがほとんどです。そこで本特集では、制吐剤・催吐剤の各薬剤の特徴や副作用などについて、臨床家が知っておくべき内容を中心にご解説いただきました。


▽嘔吐のメカニズムと基本的な対応
塚本篤士

▽嘔吐の治療に用いる消化器薬
塚本篤士

▽嘔吐に関するケーススタディ
塚本篤士

▽誤飲・誤食に対する催吐剤の使い方
小吹貴之



■犬と猫の腎臓病 正しい知識と治療法
第8回 「急性腎障害 ~原因と分類~」
原田佳代子、監修:上地正実

■実践! 疾患別に学ぶ麻酔・疼痛管理テクニック
第17回 「腫瘍性疾患」
井芹俊恵

■Close Up! ペディオコッカスプロバイオティクスのリンパ腫化学療法実施症例における使用
「ペディオコッカスプロバイオティクスの化学療法実施症例における使用の可能性」
J.J.Lin、石田卓夫

「犬のB細胞性高グレード多中心型リンパ腫に対する化学療法時におけるペディオコッカスの使用」
伊藤裕行

「猫の化学療法症例におけるペディオコッカスプロバイオティクス使用例」
野内正太

■ホームドクターが知っておくべき 放射線治療のつかいどころ
第4回 「Case4&5:犬の頭頚部 扁平上皮癌(扁桃以外、扁桃)」
後藤 匠、監修:森 崇

■こんな症例に出会ったら? とある診察室を覗いて学ぶアプローチ法
第12回 「消化器症状と貧血が悪化してきました」
古家 優

■ロジックで学ぶ犬と猫の臨床テクニック
第3回 「骨髄検査の方法と評価」
大参亜紀

■Close Up!
「繁殖施設における未投薬新生犬の消化管内寄生虫保有状況調査」
佐伯英治

■Close Up!
「犬のイソスポラ症に対する治療の新たな選択肢」
佐伯英治

■ピモベンダン投与による心機能指標の改善を心エコー図検査で捉えることができた慢性僧帽弁疾患の犬の1例
中村健介

■Seminar Report
「急速に支持を集める“統合獣医療”とは」
Marty Goldstein、嶋田照雅
プロダクトNo 1281679719
出版社 緑書房
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。