月刊CAP 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊CAPの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊CAP雑誌の詳細です。


月刊CAPの公式サイトへ
本・雑誌 月刊CAP
本・雑誌内容 最新の技術・情報はもちろん、各種検査やさまざまな臨床技術の見直しなど、日々の診療に活かせる情報を幅広く紹介した獣医臨床総合誌です。注目の獣医学トピックスを取り上げ、最新のエビデンスを交えて基本から最先端の話題まで多様な切り口で紹介する特集記事と、さまざまな分野の技術・情報をバランスよく掲載した連載記事を中心に、現代の小動物獣医師に必要な情報を提供します。
本・雑誌内容詳細 Feature Article!
治療の前に! 腫瘍随伴症候群を知る

腫瘍を診断・治療するにあたり、腫瘍随伴症候群は忘れてはならない存在です。腫瘍随伴症候群と背景に存在する腫瘍の関連性を理解することで、腫瘍の早期診断や再発・病態進行のモニタリングに役立つ場合があります。さらには、予後判断にも重要であるため、飼い主へのインフォームド・コンセントに欠かせない病態といえます。今回の特集では、腫瘍随伴症候群を学ぶ入門編として、おさえておくべき基礎知識を整理し、DIC、高カルシウム血症、皮膚の変化についてご解説いただきました。


▽おさえておくべき基礎知識
高橋 雅

▽DIC
瀬川和仁

▽高カルシウム血症
伊藤哲郎

▽皮膚の変化
永田雅彦


■どうみる? どう治療する? 皮膚科診療
最終回 「猫特有の皮膚疾患」
神田聡子

■JBVP Lecture Series 臨床病理学
第51回 「臨床免疫学① 後編」
石田卓夫

■犬と猫の腎臓病 正しい知識と治療法
第6回 「水・電解質異常③ ~カルシウム・リンの異常~」
原田佳代子、監修:上地正実

■実践! 疾患別に学ぶ麻酔・疼痛管理テクニック
第13回 「呼吸器疾患 後編」
三宅ゆかり

■耳学問で終わらせない! 実践 耳科入門
第12回 「犬と猫の聴覚障害① 内耳の構造と生理・聴覚のメカニズム」
田中樹竹

■こんな症例に出会ったら? とある診察室を覗いて学ぶアプローチ法
第8回 「IMHAと診断した犬の貧血が止まりません!」
湯木正史、内藤瑛治

■エモデプシド/トルトラズリル配合懸濁液剤の海外文献紹介
第1回 「Isospora canisおよびIsospora ohioensis-complexのプレパテント
あるいはパテント感染犬に対するエモデプシド/トルトラズリル配合懸濁液剤
(犬用プロコックスR経口懸濁液剤)の有効性」
翻訳:佐伯英治

■Seminar Report
「変形性関節症の治療戦略」
枝村一弥
プロダクトNo 1281679719
出版社 緑書房
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。