日経コンピュータ 定期購読・最新号・バックナンバー

日経コンピュータの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経コンピュータ雑誌の詳細です。


日経コンピュータの公式サイトへ
本・雑誌 日経コンピュータ
本・雑誌内容 企業改革を支える優れた情報システムの構築には、導入企業と、メーカーやシステム・インテグレータの協力が不可欠です。「日経コンピュータ」は、この両者にとって、真に有益な情報をタイムリーに提供する総合誌です。誌面コンセプトは「わかりやすさ」と「豊富な事例」。導入企業にとってはライバル企業が取り組む情報化の実態、メーカーやシステム・インテグレータにとっては顧客企業のニーズを知る上で、これ以上の情報源はありません。その誌面は、業務でコンピュータやネットワークを活用する6万人のITキーパーソンから高いご支持をいただいております。
本・雑誌内容詳細 ▲2017年9月14日号 no.947 9月14日発行


■特集1 顧客満足度調査2017ー2018

●顧客満足度調査2017-2018 急募! デジタル時代の 「伴走者」 (024p)
●過半の14部門で首位交代(026p)
●全26部門ランキング(030p)
●発想の転換に動く 大手4社(042p)


■特集2 爆速5G 5つの疑問

●爆速5G 5つの疑問(046p)
●Q どれだけ速い? (048p)
●Q いつ始まる? (049p)
●Q 経済効果は? (050p)
●Q 世の中どう変わる? (051p)
●Q 課題は? (054p)


■緊急特集 日本の通信網が麻痺 グーグルが引き金に

●日本の通信網が麻痺 グーグルが引き金に(016p)


■ニュース&リポート

● 「デジタル国家」 目指し国が本腰 18年度概算要求、AIや5Gに重点(006p)
●日本生命がRPA導入拡大 仕事を5倍速く、15%少なく(008p)
●IoTで 「健康経営」 支援 企業向け新サービスが続々(010p)
●IT人材の給与は年功重視? 個人と企業の認識にギャップ(012p)


■2weeks from ITpro 8月22日(火)~9月4日(月)

●富士通、携帯電話事業 売却を検討か(013p)


■乱反射

●二枚看板がマイナス成長 苦しむ米IBM(014p)


■データは語る

●デジタル化を担うIT会社は1割 量と質ともにデジタル人材が不足(020p)


■挑戦者

●森川 亮 氏 C Channel 社長スマホ動画で世界を狙う 揺れる女心、つかめるか(022p)


■インタビュー

●東日本旅客鉄道(JR東日本) 社長 冨田 哲郎 氏新幹線もチケットレス IoTで重労働を未来指向に改革(058p)


■フォーカス

●なぜなぜ分析で うっかりミス撲滅(062p)


■ケーススタディ

●大和ハウス工業 RPA導入で生産性2倍に 会社の成長、縁の下で支える(068p)


■極言正論

●トヨタの 「露骨」 な求人に見る変化 IT人材の流動化が日本を救う(072p)


■キーワード

●WaaS(Windows as a Service) (073p)


■なぜなぜ分析でヒューマンエラー撲滅

●なぜなぜ分析はミスの表現力が命 頭に 「絵」 が浮かぶ文を書こう(074p)


■現場を元気にするDevOps 2.0

●大量生産時代の常識に決別 トヨタ由来の方法論で元気に(078p)


■ 「四角」 と 「線」 でSE人生が変わる!

●発想力がないSEを救う モデルベース思考の実力(084p)


■現地投資家が生報告シリコンバレーVR通信

●知られざる実力者、米バルブ MSのお株を奪う戦略で覇権競う(088p)


■上司の壁はこう越える 「脱 ・ ザンネン社員」 の仕事術

● 「顧客視点が弱い」 とこぼす部長 カスタマージャーニーの発想を(092p)


■社長の疑問に答えるIT専門家の対話術

●経営陣と話が通じない理由 具体的な説明では分からない(096p)


■読者の声

●動かないコンピュータ(112p)


■編集後記

●(114p)
プロダクトNo 1281679714
出版社 日経BP社
発売日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。