日経アーキテクチュア 定期購読・最新号・バックナンバー

日経アーキテクチュアの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経アーキテクチュア雑誌の詳細です。


日経アーキテクチュアの公式サイトへ
本・雑誌 日経アーキテクチュア
本・雑誌内容 「日経アーキテクチュア」は、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけではなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報を、写真や図表を豊富に使い、隔週刊でお届けする建築の総合情報誌です。
本・雑誌内容詳細 ▲2017年11月9日号 no.1107 11月9日発行


■特集 有名環境建築その後

●有名環境建築その後 「賞」 総なめの注目プロジェクトを追跡(024p)
●三分一博志氏 三分一博志建築設計事務所代表×濱中満氏 直島町町長気流をつくらず冷気取り込む 綿密な調査に欠かせなかった町の理解(026p)
●自然の力と最新設備使い分け(030p)
●温度ムラ許容し省エネ実現 人の 「感覚」 を綿密に分析(036p)
●自然の知見を盛り込み 「運営力」 でさらなる効果(042p)
●敷地環境や内装も重視(046p)
● 「テナント」 ながら照明減らし5年で電気代半減を達成(051p)
●発注者との二人三脚が決め手(053p)


■News クローズアップ

●外観の 「著作者」 は誰か 知財高裁で監修者敗訴ファサード意匠の提案に著作物性認めず(007p)
●東大の地下図書館を土木技術使って構築 地上で躯体つくり地下に沈める(011p)


■News 時事

● 「新国立」 の実物大モックアップを公開 大庇 ・ 軒庇や観客席、見栄えや使い勝手を検証(014p)
●京都スタジアム建設めぐり住民らが提訴 「費用対効果の検証が不十分」 と支出差し止め求める(016p)


■News 技術

● 「うるささ」 「静けさ」 を3Dモデルで把握竹中工務店がBIMデータを遮音設計に活用(017p)


■News プロジェクト

●池袋駅西口の再生に向け円形劇場 東京都豊島区が2020年までに4公園を整備(018p)


■フォーカス[住宅]

●ニワマドの家(相模原市) 大小不連続の開口が開放感に濃淡をつける(054p)


■特別リポート アジアに学ぶ大胆リノベ成功術

●アジアに学ぶ大胆リノベ成功術 常識外のアイデアを緻密な検討で実現(058p)
●ナショナルギャラリー(シンガポール) 改修設計:スタジオ ・ ミロー(フランス)2つの国家遺産を一体化(059p)
●サイアムディスカバリー(タイ) 改修設計:nendo(日本)フロアまたぐ吹き抜けで集客増(066p)


■私の駆け出し時代

●川口衞氏 川口衞構造設計事務所代表、法政大学名誉教授 「駆け出しなし」 で代々木に抜てき(070p)


■法令改正の勘所をつかめ

●スプリンクラー設置などでグループホーム転用容易に(074p)


■新製品

●手すり ハンマード ・ デザイン(086p)


■建築日和

●ガラス建築のブレークスルー(088p)


■読者から/編集部から

●復興の歩みを阻む職人不足(089p)
プロダクトNo 1281679713
出版社 日経BP社
発売日 第2,4木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。