日経アーキテクチュア 定期購読・最新号・バックナンバー

日経アーキテクチュアの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経アーキテクチュア雑誌の詳細です。


日経アーキテクチュアの公式サイトへ
本・雑誌 日経アーキテクチュア
本・雑誌内容 「日経アーキテクチュア」は、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけではなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報を、写真や図表を豊富に使い、隔週刊でお届けする建築の総合情報誌です。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年4月26日号 no.1118 4月26日発行


■特集 現場ロボット図鑑

●現場ロボット図鑑 真の生産性革命へ! (034p)
●協調性と汎用性でリベンジ(036p)
●自分の目で判断する“多能工”(038p)
●どんな向きの溶接にも対応(042p)
●搭乗している感覚で重機を操縦(044p)
●工場やメンテで 「人にできない」 任務(046p)
● 「3台連携」 で人の動きを代替(048p)
●夜の現場を無人で清掃(052p)


■News クローズアップ

● 「かぼちゃの馬車」 運営会社破綻 シェアハウス投資巡りトラブル、訴訟に発展(006p)


■News 時事

●都内251棟が震度6強で 「倒壊の危険性」 都が旧耐震建築物847棟の耐震診断結果を公表(009p)
●前橋市有の温浴施設で4mの金物が落下 ステンレス製ビスが高温多湿で腐食(011p)


■News プロジェクト

● 「天神ビッグバン」 の西端に高級ホテル旧大名小跡地再開発の優先交渉権者に積水ハウス連合(012p)
●交流促す新型学生寮を事業化 UDSが学生のリアルな声を共用部に反映(014p)


■News 技術

●AIなら15分、建築計画を自動作成 スターツ総合研究所がビッグデータ活用して構築(015p)


■News 講座

●九段会館の天井崩落、なぜ裏返しに? (016p)


■フォーカス[建築]

●長崎県庁舎(長崎市) 港を望む丘のような庁舎 4棟結ぶテラスに市民が集う(024p)


■フォーカス[住宅]

●日本基礎技術日吉寮(横浜市) 分棟形式が生んだ“つかず離れず”の空間(056p)


■トピックス

● 「デジタル×建築」 新次元 テクノロジーアートの担い手と劇的融合(060p)
●大賞は 「サイレントドロップ」 建材設備大賞2018、防音対策を下階側から施せる点が高評価(066p)


■建築巡礼

●原邦造邸(現 ・ 原美術館) (1938年) 思想を超えるスタイル(070p)


■私の駆け出し時代

●小栗新氏 アラップ 日本における代表者 2度の渡英で 「国境の越え方」 学ぶ(074p)


■どんとこい! 省エネ建築

●ZEH実例で読み解く 一次エネルギー消費量(078p)


■新製品

●外装材 レジェール(092p)


■建築日和

●長崎県庁舎の“消える軸線”(095p)


■読者から/編集部から

●講義の参考資料として重宝(096p)
プロダクトNo 1281679713
出版社 日経BP社
発売日 第2,4木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。