日経アーキテクチュア 定期購読・最新号・バックナンバー

日経アーキテクチュアの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経アーキテクチュア雑誌の詳細です。


日経アーキテクチュアの公式サイトへ
本・雑誌 日経アーキテクチュア
本・雑誌内容 「日経アーキテクチュア」は、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけではなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報を、写真や図表を豊富に使い、隔週刊でお届けする建築の総合情報誌です。
本・雑誌内容詳細 ▲2017年9月14日号 no.1103 9月14日発行


■特集 経営動向調査2017 女性が組織を伸ばす

●経営動向調査2017 女性が組織を伸ばす 柔軟な仕組みで個々の力を最大化(030p)
●伊藤明子氏(国土交通省住宅局長) 女性に 「こうすべき」 は禁句(032p)
●細やかな配慮がチームを一丸に(034p)
●女性の目線で作業環境を改善(037p)
●柔軟な働き方で定着率を向上(040p)
●仕事の中身より 「人」 を重視(046p)
●採用増えるも職場環境に課題(048p)
●全ての経験を仕事に生かす(050p)
●2016年度決算ランキング●過半数がなおも増収 ・ 増益/用途別では 「宿泊施設」 が依然顕著な伸び(052p)
●2016年度決算ランキング●設計事務所2016年度決算ランキング/設計 ・ 監理業務売上高順(056p)
●2016年度決算ランキング●建設会社2016年度決算ランキング/建築売上高順(062p)


■News クローズアップ

●CFRPの耐震補強材で初JIS化 海外市場も見据え炭素繊維強化プラスチックに期待(007p)


■News 時事

●五輪選手村 「安価売却」 で都民が提訴 ノーチェックで開発が進む晴海の都有地(010p)
●築地火災は 「伝導過熱」 が原因か 突然燃えた厨房の壁、コンロの熱で木製下地が炭化(012p)
●豊洲市場96店舗でカビ発生 ほか(013p)


■News 技術

●補修ドローンの実験を公開 建築研究所などが 「点検」 に次ぐ活用法を検証(014p)


■News プロジェクト

●東芝ビル跡地に槇文彦氏設計の超高層高さ235mのツインタワー、芝浦運河に面した広場も(015p)


■フォーカス[建築]

●コロンビア大学マンハッタン村キャンパス第1期(米国ニューヨーク市)米大学初のLEEDプラチナ ガラス介して街とつなげる(020p)


■フォーカス[住宅]

●霧が丘の家(横浜市) 1階をギャラリーとして開放 夫婦が第二の人生を送る家(066p)


■特別対談 建築の挑戦

●安藤忠雄氏(安藤忠雄建築研究所代表)×山梨知彦氏(日建設計常務執行役員設計部門副統括) 「感動」 こそが若手を育む(070p)


■私の駆け出し時代

●坂茂氏坂茂建築設計代表 40歳前後で建築家の人生は決まる(076p)


■新製品

●3Dアーキデザイナー10Professional(082p)


■ホントは安いエコハウス

●パッシブは風よりも太陽を旨とすべし(084p)


■建築日和

●東光園が登録文化財に(088p)


■読者から/編集部から

●名建築を訪ねる楽しみ(089p)
プロダクトNo 1281679713
出版社 日経BP社
発売日 第2,4木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。