日経デザイン 定期購読・最新号・バックナンバー

日経デザインの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経デザイン雑誌の詳細です。


日経デザインの公式サイトへ
本・雑誌 日経デザイン
本・雑誌内容 「日経デザイン」は、デザインをビジネスの視点で捉えたデザイン戦略誌です。今後のデザインビジネスを大きく左右するITに注目し“ITをデザインプロセスで生かすための技術情報”と“ITを利用してデザインのビジネスフィールドを広げるためのマーケティング情報”を編集の柱に、ビジネスの現場で役立つ実践情報をお届けいたします。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年4月号 no.370 3月24日発行


■特集 デザイン経営、成功と失敗の分岐点

●デザイン経営、成功と失敗の分岐点 元気な中小企業に学ぶ(020p)
●経営者は 「デザイン参謀」 としての役割に期待(022p)
●デザイン×テクノロジーの経営刷新で年商4倍にゑびや/伊勢ゑびや大食堂、ゑびや商店(024p)
●理想のタオルをファンと育てるIKEUCHI ORGANIC/オーガニック120など(027p)
●ウェブや工場を刷新し、海外受注が増加 ミズキ/ウェブやロゴ、工場の見直し(030p)
●絵本のようなパッケージで安売りからの脱却目指すにしき食品/レトルトカレーなどオリジナル商品の開発(033p)
●佐々木康裕 (ささき ・ やすひろ) Takram ディレクター ・ ビジネスデザイナーこれからの時代のビジネスを支えるデザイナーになるには(036p)
●社外との協業で結果を出す独自の 「プレイデザインラボ」 ジャクエツ/子供用遊具の開発 ・ 製造(038p)
●元半導体工場が手掛けるワイン事業 塩山製作所/MGVsワイナリー(041p)
●コンセプト実現に徹する独自の組織体制森田アルミ工業/エンジニアスキルを持たせたデザイナーの育成(044p)
●船造りの精神を、真ちゅう製品のデザインにゴーリキアイランド/真ちゅうの照明器具、インテリア製品(047p)
●古い街並みを、価値を生む存在に変える庵町家ステイ/ 「京町家」 に泊まる旅を提供、SEKAI HOTEL/民泊施設 「SEKAI HOTEL」 (050p)


■ND’s Letter

●デザイン経営の成否を分けるもの(003p)


■No Design,No Business.-経営者に聞く

●IKEUCHI ORGANIC 代表取締役 池内計司ロングライフ商品をつくるのがこんなに難しいとは思わなかった(006p)


■注目クリエーターの仕事術

●小林 新也 合同会社シーラカンス食堂、MUJUN 代表 ・ デザイナー後継者問題の解決や海外販路の開拓もビジネスモデルまで見直し、伝統産業を支える(008p)


■ニュース&トレンド

●プラスの 「エアかる」 、6mmと7mmの工夫で開く力を最大50%軽減(010p)
●TSUTAYAが“猫雑貨”で新ブランド展開(011p)
●アパレル企業が住空間事業へ相次ぎ参入(012p)
●まねできないデザインが求められる 「アンビエンテ」 (014p)
●米Airbnbがサービス重視の新基準設定(018p)


■つづくをつくる

●森永製菓 「チョコボール」 (056p)


■経営者のためのデザイン思考

●ケーススタディ5:NTT先端技術総合研究所 その1(060p)


■アーキテクチュアル ・ シンキング

●リビングワールド代表 ・ 西村佳哲氏(後編) 「何を」 するかより、 「誰と」 「どこで」 が重要に(064p)


■デザインの小骨話

●2つの顔を持つ機械(068p)


■マーケティング分析

●Brand Mapで見る! 《30~34歳 × 旅行パック ・ ツアー》(070p)


■ブランド ・ パッケージ比較

●マスクのパッケージ比較 グレーのマスクには多くの人が抵抗感(072p)


■注目デザインイベント

●[第20回亀倉雄策賞/JAGDA新人賞2018] 日本のグラフィックデザインを牽引(074p)


■FORUM

●読者の声/編集スタッフから(077p)


■デザインとはずがたり

●最先端とクラシックが共存する自転車(082p)
プロダクトNo 1281679712
出版社 日経BP社
発売日 毎月24日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。