検査技術 定期購読・最新号・バックナンバー

検査技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

検査技術雑誌の詳細です。


検査技術の公式サイトへ
本・雑誌 検査技術
本・雑誌内容 我が国では特定の検査分野において専門的に情報を提供するシステムは存在するものの、破壊検査と非破壊検査を包含する検査の全分野にわたって情報を提供するシステムはなく、とくに検査の第一線で活躍する技術者は、検査の実務で利用できる情報を渇望しているのが現状です。 本誌「検査技術」は、装置、設備、構造物を中心とした第一線で活躍する検査技術者に実務に役立つ情報提供をめざし、検査から試験、評価、寿命予測までを扱い、その基礎知識、ハイテク技術、現場での技術課題、各種先端機器や関連規格の紹介等、幅広い内容を編集し、これからの検査技術の普及と発展をめざす技術誌です。
本・雑誌内容詳細 ■解説
○鉄道構造物のメンテナンスに役立っている技術/ジェイアール総研エンジニアリング/獅子目修一・舟川 勲・鳥取誠一
鉄道構造物のメンテナンスに役立っている技術として、衝撃振動試験やUドップラーを活用した非破壊検査技術、塩害やアルカリシリカ反応を生じたコンクリート構造物の分析技術を紹介する。

○一様渦電流マルチプローブによる自然き裂および湾曲形状部位の探傷とき裂形状の推定/滋賀県立大学/福岡克弘
自然き裂の複雑な分布形状を把握するのに有利な一様渦電流プローブに着目し、き裂に対して2方向に一様な渦電流を流した探傷結果から、複雑に分布したSCC形状の推定を試みた。さらに、一様渦電流プローブをマルチ化し、湾曲形状部における探傷に関して検討した結果を紹介する。

■技術トピックス:ロボット
○橋梁の自動点検を可能にする自走式ロボットカメラの開発/三井住友建設/藤原保久・梅津健司・玉置一清
自動首振りしながら連続撮影し、かつ高欄上を自動移動し、橋梁上部構造の側面・下面全域を隈なく撮影する点検ロボットカメラを開発した。本稿では、その機器の概要、特長を述べ、実橋にて実施した実証試験結果について紹介する。

○ロボット技術を活用した目視検査技術の紹介/ウィズソル/永田博幸
屋外貯蔵タンクの側板に発生する外面腐食を、自動走行可能なロボットで点検し、高所作業におけるリスクの低減と検査の効率化を図る。本稿では、ロボット技術の概要とフィールド適用事例を紹介する。 

■シリーズ
○検査に貢献するロボット技術
コロージョンマッピングと溶接検査/GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ/松井 暁
人間がアクセスしにくい場所を自走して検査し、広範囲のデータを採取、複数のセンサの搭載が可能で、効率的な配管内の腐食マッピングや自動溶接部検査が可能な、当社が誇る最新鋭の超音波探傷ロボットを紹介する。

■連載
○音波のよもやま話24
接触媒質について/アイ・エス・エル/宇田川義夫/電子科学研究所/小堀 修身/東北大学/三原 毅
非破壊検査に使う接触媒質の種類用法と、その膜厚さと感度変化を紹介する。

■検査機器
○高速回転試験装置/丸和電機/柴﨑康司
ターボ機械や電気自動車に代表する高速で回転する部品の高速化が進んできている中で、その構造強度や材料の開発・改善に伴う各種遠心強度にかかわる信頼性や性能を評価できる試験装置について紹介する。

■特集:残留応力の計測による評価と検査
○圧力設備における溶接残留応力と対策/日揮/佐藤拓哉
圧力設備の破壊の多くは溶接部で発生しており、溶接部は溶接構造物のアキレス腱とも言える。溶接部は、部分的な材料特性の変化、いろいろなタイプの不連続部、溶接残留応力などの問題を抱えている。本稿では、溶接残留応力の発生メカニズム及びその対策としての溶接後熱処理(PWHT)について紹介する。また、溶接部の問題と検査との関連を考察する。

○X線・放射光・中性子による鉄道レールの残留応力測定/金沢大学/佐々木敏彦
鉄道レールの残留応力状態をX線、中性子、放射光で測定する技術について最近の動向を紹介する。また、二次元検出器を用いて高速、高精度、かつ、実路線でも使用可能な新X線技術についても簡単に触れる。

○X線応力測定における応力定数の測定/新潟県工業技術総合研究所/斎藤雄治
ステンレス鋼や耐熱合金等のX線応力測定に用いる応力定数について、実験的に求めた事例を紹介する。

○シミュレーションによる溶接部残留応力の制御/日本イーエスアイ/伊藤彰宏
溶接部残留応力の予測方法として有限要素法によるシミュレーション活用について、基礎的モデルによる検証結果と実製品適用事例を通してその有用性および事前予測からその制御に活かす方法について紹介する。

○ポータブル検査機による残留応力計測/エフティーエス
Metal Magnetic Memory Method(金属磁気記憶法。以下、MMM法)は、従来の非破壊検査方法では検出が難しいとされていた残留応力(応力集中部)をポータブル検査機で簡単に検出することが可能な手法である。本稿では、原理、特長、用途などについて紹介する。

■製品ガイド
○厚さ計・膜厚計
プロダクトNo 1281679697
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。