検査技術 定期購読・最新号・バックナンバー

検査技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

検査技術雑誌の詳細です。


検査技術の公式サイトへ
本・雑誌 検査技術
本・雑誌内容 我が国では特定の検査分野において専門的に情報を提供するシステムは存在するものの、破壊検査と非破壊検査を包含する検査の全分野にわたって情報を提供するシステムはなく、とくに検査の第一線で活躍する技術者は、検査の実務で利用できる情報を渇望しているのが現状です。 本誌「検査技術」は、装置、設備、構造物を中心とした第一線で活躍する検査技術者に実務に役立つ情報提供をめざし、検査から試験、評価、寿命予測までを扱い、その基礎知識、ハイテク技術、現場での技術課題、各種先端機器や関連規格の紹介等、幅広い内容を編集し、これからの検査技術の普及と発展をめざす技術誌です。
本・雑誌内容詳細 ■解説
○精神的疲労状態の日常的なモニタリングを可能にする技術の開発/産業技術総合研究所/岩木 直
「ちらつき」知覚閾値の計測に基づく精神的疲労の評価技術(フリッカー検査)を、日常生活中に簡易かつ低コストで実施するための技術の開発について解説し、プロトタイプシステムの作成と運輸業事業所での利用事例を紹介する。

○低周波アレイ探触子を用いたコンクリート深部の埋設物の高速映像化/愛媛大学/中畑 和之・小澤 耀生/ジャパンプローブ/大平 克己/東芝プラントシステム/小川 健三
超音波を用いてコンクリート深部を映像化する手法について解説する。ここでは、低周波域のアレイ探触子を設計・製作し、コンクリート中の埋設配管や鉄筋を映像化した事例を紹介する。

○比熱容量の測定方法/日鉄住金テクノロジー/廣瀬 隆一・平峯 綾・田中 隆
比熱容量の測定方法について、DSC法、断熱法、投下法およびレーザフラッシュ法の4種類の方法について紹介。それぞれ、測定温度範囲、試料の必要量について異なるので、実際の使用条件に合った測定方法を選択する必要がある。

○電磁超音波探触子による配管架台接触部の外面腐食検査技術/住友化学/楠本 達也
電磁超音波探触子は超音波を非接触で励起できるという特性を有するため、検査面のケレンを省くことができ、接触媒質も不要である。これらの利点を有する電磁超音波探触子による配管架台接触部の外面腐食検査技術について紹介する。

○リアルタイム音源可視化装置を用いた検査/イー・アイ・ソル/平澤 啓
昨今叫ばれる「見える化」。その一つとして「音を見える化」する装置を紹介する。他社にはない“リアルタイム”可視化、カスタマイズ可能となり、今までにない検査を迅速かつ的確に、低コストに、実現可能となる。

■技術トピックス
〔プラント〕
○火力発電プラントの非破壊検査技術/三菱重工業/浦田 幹康・青木 清隆/三菱日立パワーシステムズ/浦田 直矢・和田 貴行・松本真太郎
火力発電プラントのボイラ設備は、急速な負荷変化や運転モードに応じて様々な損傷が発生する可能性がある。当社では、これら損傷を的確且つ迅速に検出可能な非破壊検査技術を開発しており、実機ボイラ設備のメンテナンス工事への適用を推進中である。本稿では、開発した検査技術の概要について述べる。

○腐食した配管の余寿命評価規格と供用適性評価事例/セイコーウェーブ/新村 稔
経済産業省委嘱の圧力容器維持規格の調査報告書内容紹介と、そこで取り上げられた溶接協会規格WES2820に基づく供用適性評価を、3次元計測装置を利用して実施した事例を紹介する。

〔検査機器〕
○フランジにおけるボルト締め付け管理-超音波ボルト軸力計/横浜エンジニアリングサービス/角田 英治
プラント配管で使用されるボルト結合フランジに関して、軸力管理を行うための装置としての超音波ボルト軸力計に関して、その概要および装置の精度評価の事例を紹介する。

■特集:活用が進む検査現場のドローン
○無人航空機による下水道管きょの検査技術/NJS/稲垣 裕亮・大西 明和
わが国の下水道事業のうち、管路施設の状況について概説し、管路施設の点検調査方法の新たな手法である無人航空機による検査技術について紹介する。

○ドローンを活用したインフラ点検ロボットの研究開発/新日本非破壊検査/和田 秀樹
橋梁などの人が容易に接近できない箇所へドローンにより接近、ドローンの揚力を利用して点検部位に輪を押し付け、走行状態で近接目視・打音検査を人に代わって代替する飛行型点検ロボットの研究開発。

○太陽光発電ドローン診断システム/新栄電子計測器/光山 亮
活用が進む検査現場のドローン。高精細赤外線サーモカメラを搭載した太陽光発電ドローン診断システム。

■特集:溶接における非破壊検査の製品と技術
○渦流アレイ方式による溶接部検査/オリンパス/山本優一郎
従来より磁性体の溶接部表面検査で使用されているクロスコイルの、フレキシブルアレイ化に関する報告と適用事例を紹介する。

○鉄筋溶接継手の新しい超音波探傷試験方法/ジャスト/池ヶ谷 靖
鉄筋溶接継手の超音波探傷検査が実施されているが、その信頼性と作業性の向上の実験を行い、二面振動子斜角探触子によるK走査法で実現できることが確認された。

○フェーズドアレイ超音波探傷技術を用いたオーステナイト系ステンレス鋼溶接部の高効率な検査/Zetec Inc./松園 真一
オーステナイト系ステンレス鋼溶接部に発生する周・軸方向欠陥の検出を目的とした、ポータブルフェーズドアレイ超音波探傷装置の基本ツールとデュアルマトリクスアレイプローブを用いた適用事例を紹介する。

○3D開口合成技術(FMC/TFM)の溶接検査への応用/東芝電力検査サービス/唐沢 博一
開口合成処理(FMC/TFM)とフェーズドアレイ機能を統合した開口合成法方式フェーズドアレイを適用したMatrixeye LTの適用事例としてスポット溶接検査と斜角探傷検査への適用について紹介する。

■製品ガイド
○渦流・漏洩磁束応用機器
プロダクトNo 1281679697
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。