画像ラボ 定期購読・最新号・バックナンバー

画像ラボの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

画像ラボ雑誌の詳細です。


画像ラボの公式サイトへ
本・雑誌 画像ラボ
本・雑誌内容 本誌画像ラボはFA、OA、HA分野を3本柱として構成し、トピックス記事、連載記事等をとりあげ、わかりやすい文章で、これからこの分野を手がける人達を含めた若手技術者、中堅技術者向けの画像処理技術の専門雑誌です。 今後の画像処理技術の普及、向上のための啓蒙誌として現場技術者にお役に立てる技術雑誌を基本に編集しております。
本・雑誌内容詳細 ■解説
〔ロボットビジョン〕
○ステレオカメラによる物体検出と仮想チルトステレオ㈱ZMP/渡邉 龍人
当社のステレオカメラRoboVision2の概要を説明し、このカメラを使った物体検出パッケージと、前方路面の高精度な検出を可能にする新しいステレオ処理の手法であるVTS(Virtual Tilt Stereo)の概念とその効果を解説し、それを応用した新しい機能であるCarTrack(前走車追跡)パッケージについて紹介する。

〔セキュリティ〕
○微振動からの状態判定による不審者事前検知ELSYS JAPAN㈱/野中 琴葉
世界各国でテロの脅威が高まる中、防犯カメラに映る不特定多数の中から不審者を検知するシステム「DEFENDER-X」が登場した。本稿では、システムに採用されている、カメラ画像より抽出される動体の微振動を基に対象者の感情状態を分析する技術と、DEFENDER-Xの特色について紹介する。

〔認識・検出〕
○電子ホログラフィにおける再生像の画質評価/諏訪東京理科大学/山口 一弘/北海道大学/坂本 雄児
本稿では、電子ホログラフィを用いた立体像表示システムにおいて、ホログラムデータの伝送時に生じる伝送エラーと、その伝送エラーによって引き起こされる立体像の画質劣化について解説する。

〔画像処理〕
○全天球画像生成における色味補正アルゴリズムの開発/㈱リコー/吉川 博美
新たな撮影スタイルの提案として、我々は全天球画像を撮影できる、全天球カメラを開発した。全天球画像は、複数の画像をカメラ内で合成し、生成されている。本稿では、全天球画像の生成時に発生する「繋ぎ目」を目立たなくさせるための補正方法について紹介する。

〔記録・再生〕
○進化する8K撮影・記録技術/NHK放送技術研究所/梶山 岳士・船津 良平
多彩な8K番組制作の実現に向けて8K撮影・記録技術の研究を進めている。本稿では、240fpsで撮影・記録して60fpsで再生する 8K・4倍速スローモーションシステムと、8K・60fpsの映像を4枚のSDカードに100分以上記録できる8Kカムコーダの機能検証用プロトタイプについて紹介する。

■特集:製造と物流におけるロボットビジョンの進化を追う
○実利用を目指したセンシング技術のロボットへの搭載事例/中部大学/服部 公央亮/名古屋工業大学/田口 亮・西郷 知泰・梅崎太造/㈱マクシスエンジニアリング/林 真司
これまで、我々は画像センシング技術の実利用を目指した研究開発に取り組んできた。本稿では、その中でもロボットへの搭載事例を中心に紹介する。さらに、今後の展望に関する私見を述べる。

○ビジョンをより簡単に、現場で使えるようにする/川崎重工業㈱/大野 誠太
当社ではロボットビジョンを生産現場へ簡単に導入するために、ビジョンの簡易化を行い、初めてビジョンを触る作業者にも簡単に取り扱えるようにすることを目指している。本稿では、duAroをターゲットとしたロボットビジョン簡易化について述べる。

○高速、複数品種対応 ばら積みピッキングシステム東芝機械㈱/矢部 幸次
ネット注文スタイルの売買が増えた事で、小売業者が行っていた販売単位の選別が、今や物流業者の仕分け作業であり、その多くは自動化に課題を抱えている。当社は3D-Visionシステムで、仕分けの自動化を容易にするパッケージソフトを開発したので紹介する。

○製造物流現場へのロボット技術の導入と取り組み 三菱電機㈱/熊谷 好高・原口 林太郎・櫻本 泰憲
生産性と経営のさらなる効率化を可能にする「FA-IT統合ソリューション:e-F@ctory」と、それを支える「ビジョンセンサとロボット」の製造物流現場への導入と取り組み、展望について紹介する。

○高速ピッキングロボットとビジョン・ピッキングアプリケーション/㈱安川電機/坂田 冴・河野 大
当社では、自律化の向上に寄与できる視覚機能の開発を進め、様々な分野のビジョンセンサを市場投入してきた。本稿では、高速ピッキングロボットと、ビジョン機器や各種センサ、コンベヤ、そしてロボットを組み合わせた高速ピッキングを容易に実現したソフトウェア「MotoPick」について紹介する。

○搬送と加工工程の統合による生産性の向上/ヤマハ発動機㈱/高木 克幸
製品組立工程における工程間搬送にて、従来のベルトコンベア等による搬送に替わる新たな搬送方式を紹介する。リニアモータを利用した、高速・高精度・高剛性なダイレクト搬送を加工工程と統合することにより、生産性向上を実現する。

○検出、グリップ、取り出し~ボックス内で迅速に把持/SICK AG/レネ・プファラー
ゲオルグ・フィッシャー社では、当社のPLBロボットガイダンスシステムが肉体的負荷の大きい作業を肩代わりし、作業を高速で処理することにより、極めて高い効率性を実現している。本稿では、その事例を紹介する。

○モーションキャプチャを用いたリアルタイム制御と応用例/㈱ナックイメージテクノロジー/木暮 賢人
リアルタイム光学式モーションキャプチャシステム「MAC3DSystem」を用いたリアルタイム制御と応用例について紹介する。

○三次元画像認識技術の応用例とロボットビジョン/㈱マイクロ・テクニカ/原田 恭嗣
近年、三次元認識技術によるロボットビジョンが注目されている。三次元カメラとその認識技術の発達により、これまでロボット導入の難しかった分野での自動化が可能になってきた。また、コンピュータの高性能・低価格化も相俟って、高速で精度の高い認識が可能となってきた。当社では、これまで独自のハードウエアとソフトウエアでの三次元画像認識技術の開発を行ってきた。本稿では、その技術と応用例を中心に三次元画像処理技術を使ったロボットビジョンを紹介する。

○高機能コンポーネントを活用したロボットビジョン/㈱リンクス/橘高 翼
適用分野が広がるにつれてロボットビジョンに対する機能やコストに対しての要求も増すばかりである。画像処理ライブラリHALCONは高度な画像処理機能を、扱いやすい形で提供する画像処理ライブラリである。本稿では、HALCONの豊富な三次元機能をはじめとして、最適なコストで高度なロボットビジョンを構築するのに必要不可欠なコンポーネントを紹介する。

■話題の製品と技術
○360°VRを活用したビジュアライズツールによる顧客の不安解消と業務工数削減/㈱イオグランツ
本稿では、住宅・建築業界における顧客の不安解消と工数削減の両立を実現する、360°ビジュアライズツール「EOPAN(イオパン)」と、それに付随する一連のソリューションツールの具体的な活用方法、及びそのメリットについて紹介する。

■コラム:マルコーニの彼方へ205
○人生とはゲームである/ヤマネコ

プロダクトNo 1281679689
出版社 日本工業出版
発売日 毎月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。