Mac Fan(マックファン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Mac Fan(マックファン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Mac Fan(マックファン)雑誌の詳細です。


Mac Fan(マックファン)の公式サイトへ
本・雑誌 Mac Fan(マックファン)
本・雑誌内容 「Mac Fan」ではわかりやすい内容・わかりやすい記事にこだわって、Macに限らずアップル製品全般の豊富な情報をお届けします。「Macに変えたいけど決めてがない!」「新しいOSの使い方がいまいちわからん!」など、Apple初心者からコアなユーザーまで幅広い悩みや疑問を解決してくれます。Apple製品の使用レポートが豊富で読者目線に立っているところも人気の理由です。初心者をはじめ、MacユーザーとMacの魅力あふれる世界との橋渡し役「Mac Fan」があなたのあなたのMacintoshの世界を最大限に広げてゆきます。
本・雑誌内容詳細 iPhoneで、Macで、写真をスーパー補正! 新連載も多数スタート
●本誌限定
【大人気のAnker製品が最大23%OFF!】

●強力新連載
【吉田朱里(NMB48)の「Digital Make Up!」】
ほか連載6本スタート!


●第1特集
勝負は”撮ったあと”。iPhoneだけで写真はここまで見違える
【iPhone写真 魔法のレタッチ】

ーCONTENTSー
・写真補正・加工の基本原則
・上級者が実践するマル秘加工テク
・プロが教える「本気の加工術」
・今日から使える美写真メソッド
・iPad Proで本格レタッチに挑戦
・お役立ち写真アプリ...etc.

写真はiPhoneで撮って、iPhoneで見て、iPhoneでシェアする時代。きれいに撮影できた写真もあれば、普通の写真、失敗写真もあるはず。撮影後、誰かに見せるのならば、できれば“魅せる”写真に変えたい。iPhoneさえあれば、そんな編集・修正・加工が簡単にできてしまう。レタッチの楽しさやテクニック、コツを知って、みんながあっと驚く、ステキな写真を作りませんか。

●付録冊子
写真補正・加工の教科書
「Macで極めるフォトレタッチ」

iPhoneでレタッチした写真をもっと良くしたい! そんなあなたにおすすめのがこの特別付録。Macへの写真の取り込み方法から、Photoshopをはじめとする画像編集ソフトを使ったレタッチテクニックをあますところなくお伝えします。これを読めば、プライベートでもビジネスでも、簡単に写真を見違えるほどよくできます。


●第2特集
AirMac販売終了…! これからはメッシュWi-Fiの時代だ!
【最新ワイヤレス「メッシュWi-Fi」のススメ】

Appleから突然アナウンスされた純正Wi-Fiルータ「AirMac」シリーズの製造終了。えっ、これからどうすれば?と不安に感じた人もいることでしょう。直近では「メッシュWi-Fi」こと、メッシュネットワークを構築し、“つながりやすさ”を重視した最新のWi-Fiルータが登場してきています。そう、AirMacがなくなっても大丈夫。しっかりと最新ワイヤレスのトレンドを理解して、MacやiPhoneの無線環境をよりよいものにしていきましょう。


●Mac Fan BASIC
【電源&バッテリ】の基本・応用・実践

いうまでもなく、MacやiOSデバイスといったApple製品はすべて電気で動きます。バッテリ充電や電源について正しく理解していますか。使い方のテクニックを含めて、しっかりとマスターしておきましょう。


●MF Focus
【ROBOT】再利用可能を自動選別! iPhoneリサイクルロボット「Daisy」
【APP】改めて再注目されるApple Watchで睡眠分析「AutoSleep Watch」
【HOTEL】iPod touchで操作可能な未来型カプセルホテル「The Millennials Shibuya」


(1)進化したARKit 1.5、対応アプリがストアに続々登場
(2) WWDC 2018開催は間もなく!今年のAppleが取り組むべき課題
(3)住信SBIネット銀行社長が語る「未来の銀行=インフラ」のビジョン
(4)Amazon Echoでスマートホーム化! 試してわかった2つの問題点
(5)大満足!MacBook Pro用のド派手ケースを作ってみた
(6)Apple TVがライバル製品を圧倒、「アプリで楽しむテレビ」が現実に
(7)意欲的なプロダクトが結集したJapan IT Week 春 2018
プロダクトNo 1281679672
出版社 マイナビ出版
発売日 毎月29日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。