Mac Fan(マックファン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Mac Fan(マックファン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Mac Fan(マックファン)雑誌の詳細です。


Mac Fan(マックファン)の公式サイトへ
本・雑誌 Mac Fan(マックファン)
本・雑誌内容 「Mac Fan」ではわかりやすい内容・わかりやすい記事にこだわって、Macに限らずアップル製品全般の豊富な情報をお届けします。「Macに変えたいけど決めてがない!」「新しいOSの使い方がいまいちわからん!」など、Apple初心者からコアなユーザーまで幅広い悩みや疑問を解決してくれます。Apple製品の使用レポートが豊富で読者目線に立っているところも人気の理由です。初心者をはじめ、MacユーザーとMacの魅力あふれる世界との橋渡し役「Mac Fan」があなたのあなたのMacintoshの世界を最大限に広げてゆきます。
本・雑誌内容詳細 全112ページの「Macで困ったときに開く本」付録!
●付録冊子
Macを買ったら知っておくべき、お悩み&トラブル対処のキホン
【Macで困ったときに開く本】

Macを使っていると、突然「困る事」が出てきますよね。そんなときでも、この1冊があれば安心。本書は、イマドキのMacのお悩み&トラブルを網羅した、保存版の解決バイブルです。全112ページ、これでしたいことがすぐできます!


●巻頭特集
iPhoneと組み合わせて、さぁ空撮にチャレンジ!
【Appleユーザのための「ドローンの教科書」】

ドローンを飛ばして空撮に挑戦したいけど、規制も多いし、機体も高価でハードルが高い...。もちろん守らなければならないルールはありますが、実は今では1万円前後で買えるモデルがあったり、簡単に操作できたりと、初心者でも扱いやすくなっています。本特集では、趣味でドローン空撮を始めたい人に、飛行のルールやおすすめのモデル、操作方法など、ドローン生活における最初の一歩を解説します。

●第1特集
ノート型Macを100%使いこなすテク、教えます!
【即効!MacBookモバイル活用術】

MacBookやMacBook Pro、そしてMacBook Air。今では街中で見かけない日はないほど皆さんが愛用しています。そんな人気のMacBookシリーズをモバイルでもっと活用したい!という人のために、MacBookの実践的な活用ノウハウを、本誌好評連載「MacBook裏メニュー」の“裏ジーニアス”ことマスターとアシスタントのユミコさん、さらに新キャラクターのアルバイト店員・エビちゃんがお伝えします。


●第2特集
スゴ技からセコイ技まで驚きの知っ得テクがいっぱい!
【iPhoneドケチHackー目指せ! 月1万円節約】

毎月の生活費を節約したいと思っても、それを続けるのはなかなか難しいもの。でも、iPhoneを活用するだけで節約ができると聞くとどうですか。チャレンジしてみる気が湧いてきませんか? iPhoneならば「お金の管理」を簡単に行えるし、「Apple Pay」や「ポイント」の活用もできるし、節約に効くアプリだってたくさんあります。これから出てくる「6つのメソッド」をすべて実践すれば、月1万円は節約できるかも!? この特集を読んで、たくさんの“お得”をGETしましょう!


●Mac Fan BASIC
【iPhone写真の管理・編集・共有】の基本・応用・実践

●Topics
【Appleのクリエイティブな地球の守り方】
【意外や意外!Amazon EchoはAppleデバイスと相性よし】
【高いクリエイティブ要求に応えるMacのためのPixelmator Pro】
【高校生が地元の大人と創り上げたお城×プロジェクションマッピング】
【「GymKit」対応マシンが日本上陸! Apple Watchの進化は止まらない】
【Apple Parkもう1つの見所は自然な「アクセシビリティ」の存在】
【Safariがついに「PWA」をサポート、WEBアプリ時代到来か!?】
【iPhoneの面倒な作業は「Workflow」でカンタン自動化】
【カメラ展示会をも変えるiPhoneの影響力】
プロダクトNo 1281679672
出版社 マイナビ出版
発売日 毎月29日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。