演劇界 定期購読・最新号・バックナンバー

演劇界の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

演劇界雑誌の詳細です。


演劇界の公式サイトへ
本・雑誌 演劇界
本・雑誌内容 演劇界は歌舞伎を中心とした唯一の演劇雑誌です。巻頭特集、ロングインタビューをはじめ、毎月華やかな舞台写真や劇評、読者の皆様と一緒に歌舞伎を応援していきます。
本・雑誌内容詳細 『演劇界』2018年3月号
表紙■幸四郎改め二代目松本白鸚
『菅原伝授手習鑑 寺子屋』舎人松王丸
撮影■篠山紀信
題字■伏木壽亭

◎江戸芝居百景――藤澤 茜
團十郎の鬘尽くし

◎巻頭特集
高麗屋三代 襲名披露開幕!
襲名披露狂言撮影=篠山紀信
歌舞伎座 
歌舞伎十八番の内[勧進帳]幸四郎の武蔵坊弁慶、染五郎の源義経、鴈治郎の亀井六郎、芝翫の片岡八郎、愛之助の駿河次郎、歌六の常陸坊海尊
[菅原伝授手習鑑 車引]幸四郎の舎人松王丸
[菅原伝授手習鑑 寺子屋]白鸚の舎人松王丸
歌舞伎十八番の内[勧進帳]幸四郎の武蔵坊弁慶
歌舞伎十八番の内[勧進帳]染五郎の源義経
[七福神]又五郎の恵比寿、扇雀の弁財天、彌十郎の寿老人、門之助の福禄寿、高麗蔵の布袋、芝翫の毘沙門、鴈治郎の大黒天       
[菅原伝授手習鑑 車引]勘九郎の舎人梅王丸
[菅原伝授手習鑑 車引]七之助の舎人桜丸
[菅原伝授手習鑑 寺子屋]梅玉の武部源蔵
[菅原伝授手習鑑 寺子屋]魁春の松王丸女房千代
[菅原伝授手習鑑 寺子屋]左團次の春藤玄蕃
[菅原伝授手習鑑 寺子屋]藤十郎の丞相御台園生の前
[菅原伝授手習鑑 寺子屋]猿之助の涎くり与太郎
[箱根霊験誓仇討]秀太郎の母早蕨
[双蝶々曲輪日記 角力場]芝翫の濡髪長五郎
[双蝶々曲輪日記 角力場]愛之助の放駒長吉
[相生獅子]扇雀の姫
[相生獅子]孝太郎の姫
[三人形]雀右衛門の傾城
[三人形]又五郎の奴
[三人形]鴈治郎の若衆
歌舞伎十八番の内[勧進帳]吉右衛門の富樫左衛門

【襲名への道のり】清水まり 【劇評】水落 潔 【観劇エッセイ】和角 仁 葛西聖司 

◎特集
初芝居――壽戌歳戯場国賑
○国立劇場
通し狂言[世界花小栗判官]彦三郎の細川家家臣桜井新吾、梅枝の横山太郎妻浅香、松緑の横山太郎秀国、時蔵の執権細川政元、菊五郎の盗賊風間八郎実ハ新田源九郎義久、菊之助の小栗判官兼氏、尾上右近の照手姫、萬太郎の奴三千助、亀蔵の細川家家臣七里源内       
通し狂言[世界花小栗判官]菊五郎の風間八郎
通し狂言[世界花小栗判官]時蔵の万屋後家お槙
通し狂言[世界花小栗判官]松緑の漁師浪七実ハ美戸小次郎、梅枝の浪七女房小藤
通し狂言[世界花小栗判官]菊之助の小栗判官

○新橋演舞場
新作歌舞伎 通し狂言[日本むかし話]海老蔵のシロ、右團次の正造爺、笑三郎のセツ婆、堀越麗禾の幼少かぐや姫
[天竺徳兵衛韓噺]獅童の天竺徳兵衛実は木曽官一子大日丸
[天竺徳兵衛韓噺]右團次の吉岡宗観
九世市川團十郎生誕百八十年 新歌舞伎十八番の内[鎌倉八幡宮静の法楽舞]海老蔵の化生

○浅草公会堂
[元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿]松也の徳川綱豊卿
[元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿]錦之助の新井勘解由
[義経千本桜 鳥居前]隼人の佐藤四郎兵衛忠信実は源九郎狐
[義経千本桜 鳥居前]梅丸の静御前
[双蝶々曲輪日記 引窓]歌昇の南方十次兵衛
[双蝶々曲輪日記 引窓]米吉の女房お早
[銘作左小刀 京人形]巳之助の彫物師甚五郎
[銘作左小刀 京人形]新悟の京人形の精
[操り三番叟]種之助の三番叟

○大阪松竹座
[元禄花見踊]玉朗の元禄の女、鶴松の元禄の男、扇乃丞の元禄の女、松十郎の元禄の男玉三郎の元禄の女、壱太郎の元禄の女、千次郎の元禄の男、鴈成の元禄の女、吉太朗の元禄の男、竹之助の元禄の女
[秋の色種]玉三郎の女
[鷺娘]壱太郎の鷺の精

◎ロングインタビュー「一葉の扉 あの日、この舞台」
中村歌六
聞き手=小玉祥子

◎幸四郎の千一夜
文・絵=松本幸四郎

◎十二~一月の舞台
○第二十一回 伝統歌舞伎保存会
○EX シアター六本木
○新国立劇場中劇場
○国立文楽劇場

◎劇評
国立劇場――小玉祥子
新橋演舞場――犬丸 治
浅草公会堂――児玉竜一
大阪松竹座――亀岡典子
国立文楽劇場――宮辻政夫

◎話題の舞台
六代目清元延寿太夫三十三回忌追善
七代目清元延寿太夫襲名三十周年記念
「延寿會」
尾上右近事  七代目清元栄寿太夫
清元昂洋改め 初 代清元斎  寿 襲名披露
兄弟対談
清元昂洋改め初代清元斎寿×尾上右近事七代目清元栄寿太夫
聞き手・文=石山俊彦


◎連載
花歌舞伎徒然草
『楊貴妃』という魔法
文=夢枕 獏
画=萩尾望都

歌舞伎名作案内
桐一葉
解説=寺田詩麻

全国芝居小屋巡り
旧広瀬座[福島県福島市]

プロダクトNo 1281679658
出版社 演劇出版社
発売日 毎月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。