食品商業 定期購読・最新号・バックナンバー

食品商業の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

食品商業雑誌の詳細です。


食品商業の公式サイトへ
本・雑誌 食品商業
本・雑誌内容 ■スーパーマーケットはじめ食品小売業者のための“すぐ使える”“その場で使える”「仕事の教科書」です。現場で働く方々に毎月、毎週の売場づくり、売上げ向上に役立つ店舗運営実務を分かりやすく提案します。この一冊があなたのやる気と技術を向上させます。■1972年、「食品小売業者のための専門誌」として創刊。以来、スーパーマーケットをはじめとする食品小売業の応援団として、生活者を支えるインフラに求められる理念、知識、技術を誌面上で提案し続けてきました。■バイヤー、店長、チーフ、売場担当者を対象に、豊富な経営知識と最新情報を提供。流通理論の展開に加えて、実践的な経営実務、多彩な商品知識、精緻な店舗分関記事を掲載しています。『食品商業』は読者の満足と納得を保証します。
本・雑誌内容詳細 ■■メッセージ「多くの動機に、多くの場所で応えるフォーマット」

■■【総力特集】支持されるグローサラントの神髄
異業態続々参入! 2000億円市場を狙え!
◇事例1:無印良品イオンモール堺北花田
 自社最大規模の売場で食の大型専門店 狙いは「食を通じたコミュニケーション」
◇事例2:イオンスタイル座間
 食を拡大したモールの核店舗として出店 食テナント隣接エリアで直営惣菜、海鮮丼など即食提案
◇訪店分析:イオンスタイル座間&ヨークベニマル守谷店
 支持されるグローサラントになるために
◇事例3:ベイシアスーパーセンター勝浦店
 惣菜売場を生鮮と連動、カフェ機能も付加した次世代型スーパセンター
◇事例4:フレスタ瀬戸田店
 店内の食材を使用した尾道ラーメンと惣菜 メニューを絞り込み、磨き上げ、集客につなげる

■■【特集】新商品、新サービス 春夏はこう動く! 進化するコンビニの戦略
・セブン‐イレブン・ジャパン:新規客の獲得と来店頻度を高める新商品と販売策を投入
・ローソン:リアル店舗の特性を最大限に生かした戦略を推進
・ファミリーマート:商品、地区、価格、アイテム数の4つの政策により新たな価値づくりを推進する
・ミニストップ:商品力強化、販売態勢強化を基軸に既存店活性化を推進する
・国分グローサーズチェーン:無人店舗の開発に本格的に着手

■■【特別企画】新フォーマット開発
原信エクスプレスマーケット城岡店
・「簡便」「快適」「高生産性」コンセプトに、ドミナントのすき間を埋めるフォーマット模索

■■【分析特集】続・ライフ、ヤオコー&サミットの競争力
首都圏3チェーン売場分析:ライフ氷川台店、ヤオコー東松山新宿店、サミットストア江原町店
・青果売場分析
・精肉売場分析
・鮮魚売場分析
・惣菜売場分析
・日配売場分析
・酒売場分析

■■【緊急実務企画】義務化直前 丸わかりピカピカ「HACCP」1年生

■■【スーパートピック】
◇セブン&アイと小田急が業務提携
 電鉄・商事と提携し、駅ナカ店のセブンFC化とSMで協業図る
◇シアル・チャイナ2018、開催迫る
 開催日は5月16~18日、オンラインとオフラインの融合が新たな市場を生む
◇協同組合の連携機構がスタート
 農協、漁協とつながる生協、コープ商品に変化も 4月に社団法人化して新たな連携組織を発足

■■【新店注目店】
◇MEGAドン・キホーテUNY東海通店
 ダブルネーム業態転換の東海地区1号店 大型店舗でユニー御膝元の名古屋を深耕
◇FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA
 クイーンズ伊勢丹横浜店を核店舗に、横浜駅直結の即食ゾーンが誕生
◇フードマーケットカスミ富士見ヶ丘店
 人口増エリアにフードマーケットタイプで先行出店
◇ヨークベニマル鹿沼上殿店
 栃木県30店目、ドミナント深耕、入口1カ所で空調コスト削減狙う
◇デリシア松本駅前店
 駅前立地でバスターミナルと隣接、幅広い層の集客を期待できる大型店
◇スーパーバリュー幕張西店
 人口2桁増立地に千葉県内2店舗目を出店 ホームセンター商品も投入し、買上点数増狙う
◇北野エース ココリア多摩センター店
 東京・多摩地区の旧店舗立地に4年ぶり再出店 グロサリーの他、注力する惣菜も扱う

【連 載】
★正しい「ほめ方」のススメ
 [第21回]よく聞く、共感する、ほめる
★チーフに贈る「売上げ、荒利益、客数改善」ケーススタディ
 [第9回]人時売上高の特性や作業割当の実態把握の重要性を理解する
★店長に贈る「地域密着」ローカルマーケティングの手法
 [第9回]近隣とコラボレーションする方法
★今すぐ書き込める! チーフの腕試し 売場の数字力
 [第34回]人件費をマネジメントする
★変わらぬ原則&変化対応 コンビニの強さここにあり!
 [第10回]コンビニの発注 その1
★商売上手を科学する
 [第41回]2025年には15年比で450万人減少する日本の人口 人口が増えていた時代の感覚で商売を続けていないか?
★食品商業「サンド&バーガー」レシピ
 [第3回]いろいろハムのコッペサンド

■■【連 載】テーマ別MDに挑戦! このまま使える6月の販促企画書
◇先端企業の取り組みから学ぶ生活者視点のマーケティング Presented by トクバイ
 [第11回]「そごうマート」
◇2018年6月の「旬商材・旬レシピ」
◇2018年6月の販売計画のポイント
◇家計から見る売れ筋トレンド めりはりのない月だけに「父の日」の盛り上げに努める
「気温と気象」ウエザーMD 梅雨入り⇒涼味、梅雨本番⇒温メニューに切り替え
[野 菜]果実酒に漬物 手作り訴求
[果 物]カットで玉売りで メロン最盛期
[鮮 魚]一夜干し、タコ頭
[精 肉]厚切りカットステーキ、野菜入りキット
[惣 菜]旬のアユとサラダ、揚げ物で梅雨を乗り切る
[日 配]梅雨はぬか漬け、サッカーW杯は簡便夜食
[グロサリー]シーズン到来 涼の麺
[菓 子]ぷるるん 和のスイーツ
[リカー]氷たっぷり グラスに注いで
[雑 貨]徹底カビ取り&梅酒作りで梅雨を前向きに

★編集後記・広告索引
★ホットインフォメーション
★チェーンストア&コンビニ月報
プロダクトNo 1281679631
出版社 商業界
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。