販売革新 定期購読・最新号・バックナンバー

販売革新の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

販売革新雑誌の詳細です。


販売革新の公式サイトへ
本・雑誌 販売革新
本・雑誌内容 ■チェーンストアの日々の業務改善、改革に役立つ店舗運営とマネジメントの専門誌。先進流通企業の最新店舗、革新的取り組み、米国をはじめとする海外の最新流通事情など最前線の情報をいち早く、正確に提供します。■1963年創刊以来、チェーンストアの“成功と成長”のバイブルとして、生活者志向の商業の確立を一貫して提起し、店舗の大型化、チェーン化のための経営戦略と技術情報を発信しています。チェーンストアと革新的流通企業のビジネストレンドを経営専門誌の視点で多角的かつ論理的に紹介します。■総合スーパー、スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストア、ディスカウントストアなどチェーンストア企業、そしてその取引先であるメーカー、ベンダー従事者から圧倒的なご支持をいただいております。
本・雑誌内容詳細 【新第三極と二大流通 次の一手】

■ユニー・ファミマ×ドン・キホーテ
 -流通記事を塗り替える-

<ユニー×ドンキの化学反応 1,2号店徹底解剖>
●MEGAドン・キホーテUNY大口店
●MEGAドン・キホーテUNY東海通店

<イオン>
・進む「グループ変革」2020年に向けた改革
<ローソン>
・ローソンフレッシュピックから読み解く
 ネットスーパーの課題

<キーマンに聞く>
・梅本 稔
 UDリテール<代表取締役社長>
 -ユニーの守りのMDとドン・キホーテの攻めのMDの
  融合で勝てる業態に再生-

・関口 憲司
 長崎屋 <代表取締役社長>
 -ユニーの狭商圏のノウハウを“MEGA”に加え
  マーケット制覇型の業態、出店を追求する

・流通第三極の新勢力が仕掛ける有店舗革命

<セブン-イレブン>
・国内2万店舗を突破した
 セブン-イレブン変革のその先
 【TOPIC1】セブンカフェ 現状維持を否定する推進力
 【TOPIC2】魚惣菜 伸長カテゴリーの深堀り

★★                ★★

 ■注目SM企業の新店
 ●ヤオコー東松山新宿町店
 ●フードマーケットカスミ富士見ヶ丘店
 ●サミット江原町店
 

★★                ★★
 -労働力不足時代の-
 ■人材活躍推進
  ●ライフコーポレーション 
  ESの向上
  ●カインズ 
  新業態を創る人材活用
  ●光洋
  コミュニティ社員活躍推進
  ●日本マクドナルド
  クルー採用強化
  ●スギ薬局
  シルバーアソシエイツ制度
 
 ■変わる駅ナカ
  ●グランエミオ所沢
  ●アトレ川崎
  ●シャポー船橋
 
★★                ★★
 ■生産性向上革命

 【総論】
  <提言>チェーンストアの生産性向上策
  <分析>なぜ、あの会社は労働生産性が低いのか

 【各論】
  <物流革命編>物流管理機能の掌握と平準化の追及
  <LSP編> 効率的な作業方法を構築
  <作業改善編>問題を考え生産性をカイゼン
  <業務改革編>最強のイノベーション手法「戦略人時」
  <企業分析編>しまむら
         ベルク
         コスモス薬品
 【提言】
  ・イノベーションと生産性革命の本質
 
★★              ★★
 ・百貨店需要に応えるEC「STRIPE DEPARTMENT」
 ・「Re-Styleパートナー企業」発足!新たな官民パートナーシップの形

 【NEW STORE REPORT】
●カインズABOLOうるま店
 ●タウンプラザかねひでABOLOうるま市場

 【連載】
  ・ドラッグストア販売データから読み解く
  「主要カテゴリーの商品トレンド最前線」
  <第4回>「バス用洗剤・カビ取り剤」&「トイレ洗剤」

  ・新しいチェーンストア理論その理論と再考
  ・注目の新店で解説する「良い売場、悪い売場」
★★               ★★ 
  
プロダクトNo 1281679630
出版社 商業界
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。