販売革新 定期購読・最新号・バックナンバー

販売革新の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

販売革新雑誌の詳細です。


販売革新の公式サイトへ
本・雑誌 販売革新
本・雑誌内容 ■チェーンストアの日々の業務改善、改革に役立つ店舗運営とマネジメントの専門誌。先進流通企業の最新店舗、革新的取り組み、米国をはじめとする海外の最新流通事情など最前線の情報をいち早く、正確に提供します。■1963年創刊以来、チェーンストアの“成功と成長”のバイブルとして、生活者志向の商業の確立を一貫して提起し、店舗の大型化、チェーン化のための経営戦略と技術情報を発信しています。チェーンストアと革新的流通企業のビジネストレンドを経営専門誌の視点で多角的かつ論理的に紹介します。■総合スーパー、スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストア、ディスカウントストアなどチェーンストア企業、そしてその取引先であるメーカー、ベンダー従事者から圧倒的なご支持をいただいております。
本・雑誌内容詳細 ★★           ★★

■新流通知識
・領域の拡大 境界の消失

【第1部 業態別トレンド】
 
 ・SM・GMS食品部門の新需要開拓
 消費環境激変の中、両輪強化の必然
 ●イオンスタイル新浦安MONA
 <イオンのデリカ強化>
 ECとの差別化や荒利改善、新たな成長軌道に向けた武器
 ●ヤオコー流山おおたかの森店
 ●ダイエー瀬田店
 <トップインタビュー>
 ●オリジン東秀 前原正憲社長
 -ライフスタイルのシーンに合わせて食と時間の消費を提案できる店に-
 
 ・ドラッグストアの業態進化
  健康インフラ業態化し踊り場から脱却
 ●CoCoRo Plus MOMOテラス店
 ●アインズ&トルペ 小田急百貨店町田店
 ●マツモトキヨシの新業態 
 「美」に特化したBeautyU
 
 ・HC・住関連分野の市場創造
 ●カジタク 澁谷祐一社長
 -衣食と同様に住においても外部化の選択肢を提供
 より充実した生活ができる一助となりたい-

 ・家電量販店の生き残り戦略

 ■注目企業に聞く 専門店進化の指針
  <トップインタビュー>
 ●ロフト 安藤公基社長
 -大型店の復権をテーマに新しい価値創造への挑戦-
  <トップインタビュー>
 ●マシュHD 近藤広幸社長
 -顧客支店でヒット業態を開発
  事業領域の拡大と海外で成長-

 ・衣料専門店の領域拡大
 
 ・商業施設の集客新条件

 ・ ECの市場規模急伸

【第2部 業界全体を見る 最新動向を知る】
 ・上半期の注目ニュース10

 <リーディングカンパニーの戦略解析>
 イオン/セブン&アイ・HD
 ライフコーポレーション/バローHD
 DCMHD/コメリ/カインズ
 ウエルシアHD/ツルハHD/マツモトキヨシHD
 ニトリHD/良品計画/ドンキホーテHD/西友
 ファーストリテイリング/しまむら/アダストリア
 ヤマダ電機/エディオン/ノジマ
 三越伊勢丹HD/J.フロント リテイリング/髙島屋

【第3部 商品知識最新用語】
  <衣料品トレンド編>
  ・アウター部門
  ・トップス部門
  ・ボトムス部門
  ・服飾雑貨部門
  ・ディティール
  <食品トレンド編>
  ・農産部門
  ・畜産部門 
  ・水産部門
  ・グロサリー部門
  ・日配部門
  ・惣菜部門
★★                    ★★
 ■U.S.M.H(ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス)
 “ 融合”への成長戦略
 
 <トップインタビュー>
 藤田 元宏社長
 -「融和」から「融合」のフェーズへ移行
  シナジーを最大化させ、改革スピードも緩めない-

  ●マルエツ 旗艦店の競争力
    マルエツ国領店
  ●カスミ 新店の提案力
   フードスクエアカスミ稲毛海岸店
  ●マックスバリュ関東 既存店の成長力
   マックスバリュ辰巳台店
★★                    ★★
 ■【NEW STORE&RENEWAL STORE REPORT】
  ●無印良品 有楽町
  ●センター北駅前東急ストア
  ・健康、共生、快適性“家族化”が進むペット関連市場
 
 ■【連載】
  ・田尻一の直言!<第9回>
   モノ余り時代の「バイヤー論」
  ・新しいチェーンストア理論 その再考と展開23
  ・注目の店舗で解説した「良い売場、悪い売場」
★★                    ★★
   
 
 
プロダクトNo 1281679630
出版社 商業界
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。