販売革新 定期購読・最新号・バックナンバー

販売革新の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

販売革新雑誌の詳細です。


販売革新の公式サイトへ
本・雑誌 販売革新
本・雑誌内容 流通人なら知っておくべき最新の話題や、トップ企業の動向を深く読み解きます!実務知識の特集号もあり、人財育成のテキストとしても好評です!
本・雑誌内容詳細 ★★            ★★
■イオン需要開拓

【イオンモール 新フェーズ】
 ●THE OUTLETS HIROSHIMA

 ・3コンセプトからなる地域創生型
  商業施設の衝撃
 
 ・「エンターテインメント」
  「地域との出会い」の具現化
 
 ・より広域に買物体験を。
  本格アウトレットの完成度

 ・イオンスタイル西風新都&
  飲食・食物販ゾーンの位置づけ
 
 ≪キーマンインタビュー≫
 岩本 馨 
 イオンモール<専務取締役 開発本部長>
 -THE OUTLETSでモール開発も可能性は拡大
 地域創生ではイオンしかできない取り組み-

 【価値創出の新店】
 ●イオンスタイル甲子園
 -球場観戦需要対策 超地域密着型店舗-

 ●イオンフードスタイル東向日店
 -黒字化の鍵握るダイエー今期1号店-

 ●ビオセボン中目黒店
 -オーガニックSM2号店では商品開発も進化-

 ●SELF+SERVICE上里店
 エシカル追求するレディスブランド旗艦店
 
【商品開発最前線】
 ≪トップインタビュー≫
 柴田 英二 
 イオン<執行役 商品担当兼>
 イオンリテール<代表取締役執行役員副社長 商品担当兼>
 イオントップバリュ<代表取締役社長>
 -イオンだからこそできる商品開発がある
 価格とともに新しい価値を追求していく-

★★             ★★

 【シリーズ 新社長に聞く】
 ●しまむら 
  北島 常好社長
 -「今後10年以内に国内ソフトグッズ市場10%のシェアを取る」-

★★             ★★

 ■変わる米国流通
 【Section1】アマゾンに対応する米国チェーンストアの“今”
 
 【Section2】米国チェーンドラッグストアの変革

 【Extra Edition】欧米&アジアの食品小売業の進化

★★             ★★

 -最新決済から読み取る- 
 ■小売業の課題
 
 【俯瞰的にみる】
 ・変化と時代への対応力の有無が「明暗」の
  分かれ目になる!
 【業界の動きをみる】
 ・業績格差は内部に原因変化対応力と
  商品力が不可欠に
 【アナリストの視点で見る】
 ・成長への脱皮ができるか問われる
  経営陣の「本気度」
 【企業評価の視点から見る】
 ・決算書に表れていない変化の
  意味を考えてみよう
★★             ★★
  
 ■ECの現在地
 【総論】
  リテールイノベーションに取り組む準備はできているか
 【生鮮】
  各人の生活様式に適合したECへ
 【家電】
  戦略の鍵は実店舗か
 【ファッション】
  情報発信力とコンテンツ力が鍵
 
 <特別インタビュー>
  ●ストライプインターナショナル
  石川 康晴社長  
  -ターゲットが明確なECとリアル店舗
  集える場をつくり、ビジネスチャンスを広げる-

★★            ★★

 【NEW COMMERCIAL FACILITY REPORT】
 ●コロワ甲子園
 ●テラスモール湘南
 ●ジョイナステラス二俣川
 
 【NEW STORE REPORT】
 ●マルエツ流山おおたかの森
 ●カインズマート大津テラス店
 ●カンズ東大阪店
 
 【NEW TOPICS】
 行政と新施設
 「里のMUJI みんなみの里」

★★            ★★
 【連載】
 ・ドラッグストアの販売データから読み解く
 「主要カテゴリーの商品トレンド最前線」
  第6回「大人用 おむつ」

 ・新しいチェーンストア理論その再考と展開
 ・注目の店舗で解説する「良い売場、悪い売場」 
★★            ★★ 
 


 
プロダクトNo 1281679630
出版社 商業界
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。