投資経済 定期購読・最新号・バックナンバー

投資経済の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

投資経済雑誌の詳細です。


投資経済の公式サイトへ
本・雑誌 投資経済
本・雑誌内容 投資情報とともに、産業・企業の分析記事に定評があり、読者は投資家・企業経営者・アナリストなどが中心です。
本・雑誌内容詳細 【トップレポート】
~喫緊の課題は需要刺激策と労働市場改革~
まだ需要不足の日本経済
――第一生命経済研究所経済調査部首席エコノミスト 永濱 利廣

【視点】 
金利を抑える地政学リスクと政治リスク  
――香月 康伸

【自動車特集】 
新技術投資 円高 政治不安…… 困難を乗り越えて成長を獲る自動車企業
日産自動車/いすゞ自動車/トヨタ自動車/日野自動車/三菱自動車/マツダ/ホンダ/スズキ/SUBARU

【業界レポート】 
「次世代がん診断法」 ~血液1滴・尿1滴でがんを早期発見~

【海運特集】 
「ONE」の始動で新たな成長戦略に知恵を絞る外航海運界

【株式特集】
●特選株
SUMCO/昭和電工/花王/サイバーエージェント/リクルートホールディングス/村田製作所/ヤマハ発動機/アズワン

●新年度も増収増益が期待できる企業
ヤクルト本社/ロート製薬/小林製薬/日本カーボン/共英製鋼/THK/安川電機/オムロン/ローム/ダイトロン/伊藤忠商事/東京エレクトロン

●話題のRPA関連銘柄
パソナグループ/SHIFT/豆蔵ホールディングス/コムチュア/アイティフォー/電通国際情報サービス/RPAホールディングス/NTTデータ

●評価不足銘柄を仕込む
五洋建設/プレサンスコーポレーション/電通/マンダム/東海カーボン/住友電気工業/ナブテスコ/TOWA/太陽誘電/タカラスタンダード/松井証券/サンフロンティア不動産

●悪材料出尽くしの見直し期待株
ミクシィ/パーソルホールディングス/ぐるなび/東レ/住友化学/三井金属/アルプス電気/ニコン

●記者が発掘した“お宝”株
ディー・エヌ・エー/キッコーマン/大正製薬ホールディングス/イー・ガーディアン/ソラスト/富士電機/ダブル・スコープ/堀場製作所

●投信会社社長が教える企業選びの極意④ 
コモンズ30ファンドにおける銘柄選択

【企業は変わる3年後、 5年後の姿】
高価格帯ブランドに注力し、 年率8%成長を達成する
――資生堂
成長分野をターゲットにグローバル化とカスタム対応力を強化
――エスペック

― 次の一手、 注目の事業/技術・商品 ― 
企業価値5000億円めざし米国に新会社設立
――NEC

【TOPICS】 
5年ぶりのフルモデルチェンジ主力バスルーム 「SYNLA (シンラ)」
――TOTO

●VISION 
新中計の柱に 「働き方改革」 ~利益は全項目で最高を更新~
――トナミホールディングス

●会社ニュース 高知県が推進する 「協働の森づくり事業」 を継続実施
――オンワードホールディングス

【深読み収益構造】
自動化によるコスト低減で競争力を強化
――やまみ

【TOPICS】 
ハム・ソーセージギフトがプレミアムギフト賞を2年連続受賞
――日本ハム

●VISION 
電子カルテを第3の柱に ~臨床検査事業で15%成長を目指す~
――ファルコホールディングス

●会社ニュース 
成長持続へ物流力も強化 ~今期も営業利益は最高更新
――メディパルホールディングス

【中小型成長銘柄リサーチ】
2020年代に進展する情報・コンテンツのパーソナル化に注目
オプトホールディング/じげん/キャリアインデックス/ソウルドアウト

【ビットコイン狂奏曲④】 
安心して投資できる仮想通貨の選び方

【「兜町ウォッチャー」 が明かす 誰も知らない銘柄情報 座談会】
波乱含みの相場展開で注目すべきテーマとイベント

【リバウンド銘柄の株価診断】 
割安感漂うPER17.6倍の裏側
――日立建機

●会社情報 住友ゴム工業/NTTドコモ
●話題の製品 キッコーマン
●考動する広報マンたち サッポロホールディングス 〔梅里 俊彦氏〕
●潮流 政治の混乱再び 投資の危機か、 好機か?
巻頭●アサヒビール 
プロダクトNo 1281679610
出版社 投資経済社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。