新文化 定期購読・最新号・バックナンバー

新文化の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

新文化雑誌の詳細です。


新文化の公式サイトへ
本・雑誌 新文化
本・雑誌内容 「新文化」は1950年12月創刊。2015年には65周年を迎える出版業界唯一の専門紙です。 新刊情報から流通問題まで、出版業界に関する様々な出来事の最新情報をお届けします。 ◆紙面構成◆1面は、出版業界の旬な話題・テーマを取り上げる特集記事。2・3面は出版 業界の最新ニュースをより詳細に。最終面は、書籍・雑誌の編集現場や書店紹介する特集 記事。そのほか、週間ベストセラー、月間ベストマガジン、月間コミックベスト、新規出 店情報などのデータ記事や、海外の出版業界事情を紹介する「海外レーダー」、業界人に よる「風信」「本を手渡す人」などの連載コラムを掲載。毎週木曜発行。
本・雑誌内容詳細 【記事見出し一覧】

大阪屋栗田「楽天ポイント」書店で奏効/大阪屋栗田副社長・服部達也氏に現状と展望を聞く(1面)

新聞の「出版情報・広告」活用を/新聞3社が冊子制作(2面)
JPO/「ISBN発行システム」来春リニューアル・即日発行へ(2面)
NET21/「年末年始児童書受注会」開催(2面)
白泉社・鳥嶋社長が講演/「漫画家の発見育成」テーマに(2面)
連載【風信】本を売る仕事に就く/丸善丸の内本店店長・壹岐直也(2面)
連載【社長室】便利な社会で筋力低下/年配者ほど重い本を!?(2面)

大阪屋栗田/ARで「コミック試し読み」・講談社の6タイトル・8点対象に(3面)
講談社3賞贈賞式/「ノンフィクション賞」2作(3面)
幻冬舎「月2万円のふたりごはん」/小室さん購入で完売続出(3面)
版元ドットコム/31社が取次倉庫に利用(3面)
光文社/「VERY]異業種コラボ(3面)
講談社・楽天/スマホ向けファッション誌「BEViVi」創刊(3面)
日販/「夢眠書店開店日記」イベント開催(3面)
「ちばてつや×みなもと太郎」トークイベント/岩崎書店「マンガの歴史」刊行で(3面)

料理レシピ本大賞 in Japan/大賞2点など全13点が受賞・光文社が2年連続大賞(4面・5面)

連載【週間ジャンル別ベストセラー】(6面)

ブラティスラヴァ世界絵本原画展/荒井真紀、ミロコマチコ氏が受賞(7面)
前橋市ほか/萩原朔太郎賞に岡本啓氏(7面)
小学館/第66回児童出版文化賞決まる(7面)
連載【月間ジャンル別ベストマガジン】8月調査・下(7面)
連載【地方・小通信】(7面)

〝時代の空気読む感性〟磨き続ける/編集者の仕事:講談社・間渕隆氏(8面)
連載【本を手渡す人】本を作っています/東京・H.A.Bookstore店主・松井佑輔(8面)
連載【こじらせ系独身女子の新井ですが】カツオのたたき/三省堂書店・新井見枝香(8面)
連載【海外レーダー】健康本に新たな流行の兆し/「セルフ・ケア」で話題作(アメリカ)(8面)
プロダクトNo 1281679601
出版社 新文化通信社
発売日 毎週木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。