新文化 定期購読・最新号・バックナンバー

新文化の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

新文化雑誌の詳細です。


新文化の公式サイトへ
本・雑誌 新文化
本・雑誌内容 「新文化」は1950年12月創刊。2015年には65周年を迎える出版業界唯一の専門紙です。 新刊情報から流通問題まで、出版業界に関する様々な出来事の最新情報をお届けします。 ◆紙面構成◆1面は、出版業界の旬な話題・テーマを取り上げる特集記事。2・3面は出版 業界の最新ニュースをより詳細に。最終面は、書籍・雑誌の編集現場や書店紹介する特集 記事。そのほか、週間ベストセラー、月間ベストマガジン、月間コミックベスト、新規出 店情報などのデータ記事や、海外の出版業界事情を紹介する「海外レーダー」、業界人に よる「風信」「本を手渡す人」などの連載コラムを掲載。毎週木曜発行。
本・雑誌内容詳細 【記事見出し一覧】

読者優位のコンテンツ作り/米出版社の成功事例:デジタルタグボート社長・辻本英二氏(1面)
連載【この人・この仕事】玄光社・取締役統括編集長/川本康氏(1面)

第19回図書館総合展に3万人余/27出版社・団体が出展(2面)
本の学校シンポ分科会/「もっと売るための書誌情報とは?」(2面)
東北日販会/「ICタグ導入推進を」(2面)
東京トーハン会/プレミアムセール13位(2面)
連載【風信】リアルである意味/八重洲ブックセンター代表取締役・山﨑厚男(2面)

日販/新増売施策「M and」を展開(3面)
KADOKAWA/森村誠一氏に特別賞・「角川源義誕生100年」記念で(3面)
CPU/コンピュータ書棚分類コード改訂説明会・大分類に3項目追加(3面)
三洋堂HD/販管費削減で増益(3面)
ブックオフ第2四半期連結決算/最終損益で赤字に(3面)
宝島社/「FASHION BOX」開設・雑誌付録動画サイト(3面)
岩波書店/広辞苑大学」を開講(3面)
東京組合、加盟書店で販売/読者謝恩図書カード・1万7000枚作成(3面)
週刊住宅新聞社/破産手続き開始(3面)
【人事】柴田書店/教育出版/東洋経済新報社/厚生労働統計協会(3面)
【移転】アチーブメント出版/万田商事/日本経済評論社/西村書店(3面)

神宮館/ハーバリウム人気高まる(4面)
小学館/児童出版文化賞・授賞者2人祝う(4面)
出版野球会/ビブリオバトル優勝・「幸運な男 伊藤智仁~」に(4面)
河出書房新社/『僕ロボ』11万部に(4面)
野間文化財団/「野間文芸3賞」決まる・文芸賞は髙村薫氏(4面)
毎日新聞社/第71回毎日文化賞・5部門決まる(4面)
アムタス/電子コミック制作・アミューズメント総合学院と共同で(4面)
連載【中央書店コミコミスタジオ BLランキング】10月期(4面)

出版販売会社職制一覧2017冬(5面〜12面)

彩図社/「売春島」2カ月で1万5000部(13面)
ビジネス書販売決起集会/ビブリオB優勝は『なぜ与太郎は~』(13面)
ワニブックス/「つくわけ」レシピ本刊行(13面)
ヨーロッパ文芸フェス/日本初、都内4会場で(13面)
書協/IPAニューデリー世界大会・視察参加者を募集(13面)
三洋堂書店/フィットネス1号店(13面)
出版梓会/第33回「梓出版文化賞」決まる(13面)
連載【地方・小通信】(13面)

連載【週間ジャンル別ベストセラー】(14面)

出版協/出版社の〝次の一手〟考える(15面)
日本出版学会/2017年度秋期・研究発表会を開催(15面)
【会と催し】印刷博物館/世界のブックデザイン展(15面)
【会と催し】出版Bスクール/セミナー「出版の未来を考える」(15面)
連載【月間ジャンル別ベストマガジン】10月調査・下(15面)

「フランクフルトBF」を訪ねて/寄稿:タトル・モリエージェンシー・ゼネラルマネージャー・玉置真波(16面)
連載【本を手渡す人】ブックイベント/東京・H.A.Bookstore店主・松井佑輔(16面)
連載【こじらせ系独身女子の新井ですが】本と揚げ物/三省堂書店・新井見枝香(16面)
連載【海外レーダー】北欧やイタリアのミステリー/活発な海外版権の売買(16面)

プロダクトNo 1281679601
出版社 新文化通信社
発売日 毎週木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。