Wedge(ウェッジ) 定期購読・最新号・バックナンバー

Wedge(ウェッジ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Wedge(ウェッジ)雑誌の詳細です。


Wedge(ウェッジ)の公式サイトへ
本・雑誌 Wedge(ウェッジ)
本・雑誌内容 「新聞」や「週刊誌」で“今”の動きを知り、「WEDGE」で“その先”を読む──。1989年の創刊以来、幅広い業界を取りあげた鋭い先見性を放つ記事が評価され、“中長期的ビジョン”を必要とする経営者の間で、絶大な信頼を獲得。近年、次代を担うミドル・マネジメントクラスから、志の高い若手の間にも愛読者が急増。月に一度、体系的に整理された情報を得ることで、日々の情報に対する感度も飛躍的に磨かれます。
本・雑誌内容詳細 WEDGE_SPECIAL_REPORT

崖っぷちのホワイトカラー
個の魅力で勝負する
鶴 光太郎、太田 肇、Wedge編集部

Part 1 ホワイトカラーの仕事を代替するクラウドサービスの脅威

INTERVIEW 1.9万人の削減は〝最低水準〟 IT化で「金利依存」からの脱却を急ぐ
佐藤康博(みずほフィナンシャルグループ社長)

Part 2 士業たちが迫られる〝転換〟 AI時代の生き残り策

Part 3 ホワイトカラーに求められる変革 創造性を高める評価制度を

COLUMN 管理職の役割は「内」から「外」へ 追い込むことが変革の第一歩

=============================================
崖っぷちのホワイトカラー

個の魅力で勝負する

生産性向上、働き方改革、人手不足の解消、セキュリティ強化・・・・・・。
企業は経営課題の解決に向け、クラウドやIoTの導入を本格化し、AI(人工知能)やロボットの実用化も視野に入ってきた。
しかし、企業の将来を左右するのはITではなく、仕事を奪われたホワイトカラーが変革できるかどうかである。
=============================================

■WEDGE_OPINION.1
北朝鮮有事に備えた国際連携体制の構築を
小谷哲男(日本国際問題研究所主任研究員)

■WEDGE_OPINION.2
経営難の私大に「名誉ある撤退」を促せ
田中敬文(東京学芸大学教育学部准教授)

■WEDGE_REPORT.1
見直し迫られる「仮想通貨法」 喫緊の課題は消費者保護
廉 了(三菱UFJリサーチ&コンサルティング主席研究員)

■WEDGE_REPORT.2
巨大インフラ開通に民主派リーダー排除 ハード・ソフト両面で進む香港の中国化
武田信晃(ジャーナリスト)

■WEDGE_REPORT.3
急増する大企業のベンチャー投資 経営者が突きつけられる課題とは
桂木麻也(投資銀行アドバイザー)

POINT_OF_VIEW
反政府デモにトランプの圧力 内憂外患のイランを待ち受ける隘路
坂梨 祥(日本エネルギー経済研究所中東研究センター長代行)

戦国武将のマネー術 by 橋場日月
堤防作りがお得意の三成による「天下統一」

Global Economy by 倉都康行
カギ握る米国利上げ動向 世界経済〝逆回転リスク〟の行方

漂流ものづくり大国の治し方 by 坂本幸雄
組織は頭から腐っていく 部長級以上に襟を正させる監査を

米国で挑む闘魂経営 by 藤田浩之
勝利体験の共有こそが企業を成長させる

国防の盲点 by 勝股秀通
いつまで自衛隊を「裸の王様」にするのか

中国梦のゆくえ by 富坂 聰
中国潜水艦の狙いは尖閣にあらず 領土保全のカギ握る「争わない」外交力

地域再生のキーワード by 磯山友幸
北と南で廃校を活用 福岡「めんべい」の展開力

各駅短歌 by 穂村 弘


さらばリーマン by 溝口 敦
日本に根を下ろしたスロベニア人シェフ 京都で振る舞う母国の素朴な味
イゴール・ライラさん(ピカポロンツァ オーナー・シェフ)

●拝啓オヤジ 相米周二
●世界の記述
●CINEMA REVIEW 瀬戸川宗太
●新刊クリップ 足立倫行
●読者から/ウェッジから

プロダクトNo 1281679592
出版社 ウェッジ
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。