選択 定期購読・最新号・バックナンバー

選択の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

選択雑誌の詳細です。


選択の公式サイトへ
本・雑誌 選択
本・雑誌内容 卓越した分析・解析を施し、単なる評論には終わらない先見性をもった内容で、読者のニーズに応える、三万人のための情報誌。 「国際情勢、国内政治、経済、社会・文化」の各ジャンルで、斯界屈指のジャーナリストらが執筆する記事は、「他誌では読めぬ質の高さ」とご評価いただいております。政財官界の中枢を担う指導層よりご愛読いただいております『選択』を、是非この機会にご購読いただければ幸いです。
本・雑誌内容詳細 選択
□2016/11/1発売号(現在発売中の号)

●連載〈巻頭インタビュー〉金井利之 ― 地方創生は「弱い者いじめ」だ

【WORLD】
●〈特別リポート〉北方領土「二島返還」の罠 ― 激変する「日米中ロ」の安全保障
●米社会を揺るがす「怒れる若者」 ― 大政党を嫌悪する「格差・貧困世代」
●英国で始まる「金融ビッグバン」第二弾 ― フィンテックとAIに国運賭ける
●癒着する独スパイ機関と「ネオナチ」 ― 「移民・少女連続殺人」の醜悪な真相
●WORLD 情報カプセル 23本
●ロシアで「KGB」復活の動き ― 「経済苦境」プーチンの焦りが背景に
●サウジ原油が抱える「二重リスク」 ― 日量一千万バレル「供給途絶」の現実味
●タイ内政は血みどろの抗争へ ― 外資企業「脱出」が本格化
●香港「一国二制度」は崩壊の瀬戸際 ― 独立派弾圧で「中国軍」が投入される日
●汚染で死にゆく「ガンジス川」 ― 地球環境にとっての大きな脅威に
●中国「日本人スパイ容疑者」の命運 ― 不当拘束五人「見殺し」の安倍政権
●米中がもし戦争をしたら ― 米研究所「詳細予測」の衝撃的内容

【政治】
●連載〈土着権力の研究〉高知県 四国銀行 ― 「地域断トツ」金融機関に迫る落日
●政治 情報カプセル 6本
●「輸入米」売買の深い闇 ― TPPで拡大する「国家貿易」の裏切り
●「小池劇場」を潰すのは誰々か ― 守旧派勢力が老獪な「包囲網」構築
●連載〈政界スキャン〉安倍=今井「経産政権」の構造的欠陥
●密議で決まった自民「総裁任期延長」 ― 世論を無視する一強与党の「驕慢」
●「憲法審査会」は只今サボタージュ中 ― 安倍政権に問われる改憲「本気度」
●連載〈罪深きはこの官僚〉塩見清仁 (東京都オリンピック・パラリンピック準備局長) ― 「ドンの走狗」豊洲問題のA級戦犯

【経済】
●「新潟ショック」が促す電力業界再編 ― 東電vs関電「原発連合」の陣取り合戦
●電通「異常事態」の真因 ― 不祥事続発「王者」が抱える病魔
●連載〈クローズ・アップ〉益子 修(三菱自動車工業会長兼社長) ― ユーザー愚弄する「社長居座り」
●連載〈企業研究〉小野薬品工業 ― 新薬バブル「暗転」で社業傾く三重苦
●日生の「三井生命買収」で悪事発覚 ― 禁じ手「株主差別」で儲けた面々
●経済 情報カプセル 12本
●連載〈経営者東京裁判〉井阪隆一(セブン&アイHD 社長) ― コンビニ覇者を凋落させる男
●日本で「独り勝ち」アマゾンに異変 ― 相次ぐ幹部離職と「独禁法」問題
●スズキはなぜトヨタの軍門に下ったか ― 八十六歳「修会長」の惨めな晩節
●【短期連載】豊田家の研究 章一郎と章男の「保有資産」 ― 「錬金術装置」が生む巨万の富

【社会・文化】
●社会・文化 情報カプセル 6本
●本当の「名医」の探し方 ― 「がん・心臓・脳」で現役医師が頼る三十人
●囲碁界ホープ「一力遼」の未来 ― 新聞社「跡取り」が目指す棋士の頂点
●何を今さら「ボブ・ディラン」 ― 「大衆迎合」ノーベル文学賞の滑稽
●日本版GPS「準天頂衛星」に黄信号 ― NEC「大失態」で三千億円の無駄遣い
●日本のサンクチュアリ シリーズ506 戦没者「遺骨収集」事業 ― 目に余る厚労省の「手抜きとデタラメ」

【連載】
世界のキーパーソン
国内人事情報
Book Reviewing Globe
追想 バテレンの世紀 ― 渡辺京二
西風
交差点 ― 読者の声・編集者の声
皇室の風 ― 岩井克己
日本の科学アラカルト
美の艶話 ― 齊藤貴子
本に遇う ― 河谷史夫
誤審のスポーツ史 ― 中村計
マスコミ業界ばなし
プロダクトNo 1281679590
出版社 選択
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。